FC2ブログ
ここ数年、冬になってから仕事が忙しくなる傾向があります。
昨冬なんて大晦日から元旦二日まで、島根に出張してました。
今年の一月二月は週に6~7日働いてました。肺炎になりかけたけど。
この冬も最近になってゾロリと仕事が増えてきて、「カルクヤバイ」状況です。
しかも、家では最低限の暮らしの準備はできたものの、
改めてThings to Doを書き出すと、すぐにすべきものが40項目もあります。
でも最近は日が暮れるのが早く、
悠太の風呂に入れる関係で夕方早く作業を切り上げたりして、
一日を振り返ると大して何もこなせず、実はアセアセの気分でした。
要は11月にして早くも師走モードだったんですね。

今日も午後から仕事に入る関係で、家仕事は午前中しかないから、
朝は5時に起きて、日が昇りかけたころから家の周りの草刈りしたり、
日陰を作って気になっていた樹を切ったりしておりましたら、
お隣のタケオさんが出てきて、「朝早くから何やってんだ?」と怪訝な顔。

どうも「やるべきこと」に追われているなという気がしてきて、
今日の午後、改めてThings to Doを振り返りました。
そしてその中で、「やっぱりどうしても年内にやっておくべきこと」
「年が明けても冬の間にしておけば良いこと」
「春になってからでも遅くはないこと」に振り分けて、
ともかく年内のことを10項目程度に抑えて気持ちを落ち着かせ、
その上で、今後重点的に意識すべきことを二つに絞りました。

それは「年賀状」と「ISO」です。
年賀状については別の機会で書きます。今日のネタはISO。
こいつは仕事で関係する人はよくご存知ですが、知らない人はまるで知らない世界です。
一般に、9000シリーズ(品質マネジメントに関するもの)と、
14000シリーズ(環境マネジメントに関するもの)が有名です。
私は14000シリーズは昨秋、9000シリーズは今秋に審査員補の資格を取りました。
(この資格を取るのは語るも涙、聞くも涙でしたが、今ははしょります。)
企業や行政が経営していく上で、これらISO基準にのっとっていかねばならなくなってます。
その基準に合っているかどうかを審査するのが審査員です。
私はまだ見習いの身分ですが、一応「審査員」の一員ということになってます。

でもね、試験に受かって登録はされたものの、まだ実績はありません。
目標!来春から実質的な活動を開始しようと目論んでおりますが、
資格を取ってからしばらくブランクが空いており、記憶に自信がありません。
こんなこと、審査員たるものが書いてていいのか?って気がしますけど、
やっぱり普段から使い慣れていないとなかなか身につかないものです。

今日、久しぶりに規格書なるものに目を通しました。
(本当はもっと早めに読もうとしていたんだけど、他の本に逃げておりました。)
案の定、言葉が頭に入ってこない。もちろん言葉の意味は分かるんですけどね。
何と言うか、言葉がスッと入ってこないんです。
大体、専門用語って理解し難いですよね。例えばこういうの分かります?
環境側面:
環境と相互に作用する可能性のある、組織の活動又は製品又はサービスの要素

あと、この言葉の違い、分かります?
修正:  検出された不適合を除去するための処置
是正措置:検出された不適合の原因を除去するための処置

こんな言葉をまずは覚えなければなりません。そして使いこなせなければなりません。
そんなことを考え始めると、だんだん焦り始めました。

いやいや、でも待てよ。私の人生の幸せってこんなことに左右されるものなのか?
もちろん資格で食っていくことは大切ですが、
たかがこれくらいのことで気持ちが揺らぐとは何事じゃ!
先日読んだ「東京タワー~」で、家族の愛があれば一番と再認識したのは誰じゃ!
と自分を叱咤激励しながら、何とか気持ちを維持しております。
まだ今年は6週間あります。これからいろいろこなすぞと、
改めて改めて気を引き締める夜であります。



Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/117-b6578998