FC2ブログ
(つづき)

吉村先生の電話の直後、今度はお隣のタケオさんからの電話です。
「今日は家におるんかい?」
「はい、おりますけど?」
「じゃぁ、すぐに山に登ってこないか?」
それを聞いて思わず、「え、シシ(猪)ですか?」と返答してしまいました。
この初秋にも二人でシシを追って山中を歩き回ったことがあったので、
今回も掛かったのか?とつい考えてしまったのです。

「うんにゃ、木だ。薪用の木が出るから、いるなら取りにおいで。」ということ。
少々拍子抜けしながらも、すぐにチェーンソーとナタを持って馳せ参じます。
すると前回並みの傾斜地でタケオさん、樹を切り倒しておりました。
私はてっきり倒れた樹の枝を落としていただくのかと思っていたら、
「その脇の樹も倒せ。」との指示です。

参ったなぁ、つい数日前はチェーンソーの調子は良かったのですが、
不精をしてメンテしていなかったのです。
今週末にやろうとしていたんだけど、
やっぱり道具はその日のうちにメンテするもんですね。
それでも何とか一本目はスムーズに切れ、綺麗に倒れてくれました。
その後もタケオさんから次々に指示が出ます。
直径40~50cmほどのモミの樹を1mごとに丸太切りしたり、
枝を落とした木を崖から道路に投げ込んだりしていると、もう汗だくです。
ようやく作業が終わり、正直言ってヘロヘロでした。今日は肉体作業はもう上がりです。
でもおかげでまた薪材が増え、来年の初夏くらいまではもつかも。

さて家に帰り、一息ついて、ついつぶやいている自分がおりました。
「吉村先生、私もよくわかりません。
今朝一番には切断されたミミズを見て申し訳ないとか憐れだとか言いながら、
その舌の乾かぬうちに『シシが掛かったか!』と気持ちが昂ぶり、
植林だとは言いながらも、樹を切り倒している私です。
結局、私は自然というものを自分にとって都合良く利用しているだけです。
こんなことで、『自然の中で、自然に学び、自然体で生きる』なんて言えるんでしょうか?」
この課題の答えは簡単に出そうにありません。

午後は前からやろうとしていた「柿酢搾り」です。
前回仕込んだ柿酢、随分と良い香りがするようになったので、
もうビンに移そうかということになりました。
確か5~6個の柿だったかと思いますが、そこから250ccの酢ができました。
10/8に仕込んだ時
CIMG0286-2.jpg

今日、搾る前
CIMG0011-2.jpg

しっかり酸っぱくて、全く嫌味が無く、後味が良いです。完璧!
そこで早速第二弾、先日いただいた完熟渋柿を使うことにしました。
今回は大き目の海苔ビンに、約30個分です。
写真の様にヘタを取って切って、ビンに詰めただけ。
そして布をかぶせて虫が入らないようにして冷暗所におきます。
これからは酢づくりも病み付きになりそうです。

早速第二弾の仕込み
CIMG0012-2.jpg

そんなこんなで本当にいろいろあり、考えてしまう日でした。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/122-047d48a4