FC2ブログ
さてこれは何でしょう?
ヒント:ふりかけです。
では何のふりかけか?
1ふりかけ

続くヒント:うちの薪ストーブ「ロビタ」の天板で、
こうやって土鍋で丸一日炒って作りました。
何かの葉っぱのようでしょ?
2炒る

正解:うちの大根の葉っぱです。
ようやく大根が収穫できるようにまでなりました。
この大根、小さいのではなく、短くて太いのです。
3でか大根

大根そのものはおでんにして美味しくいただきました。
U太は「とろとろ大根、大好き!」と大喜び!
そして、こんな立派な葉っぱを捨てることはありません。
そこで私の大好きなふりかけを作ることにしたという次第なのです。

作り方は至って簡単。
刻んで、土鍋に入れただけ。それを焦げないうちに取り出しただけ。
本当にそれだけなのです。
油も調味料も一切なし。
もし商品として売るならば、「原材料:大根」だけです。
つまり、大根100%のふりかけが冒頭の画像なのです。

「そんなのが美味しいの?」と思われるかもしれません。
それがですねぇ、何とも言えない甘く焦げた香りが口に残るのです。
今、とってもはまっています。きっと身体にも良いだろうし。
U太も大好きで、ご飯にドバッとかけています。

ところで、製造工程はもう少しひねっております。
まず、あらかた乾いたところで手を突っ込み、
手のひらでバリバリと砕きます。

そして網にかけてふるい、
残った硬い塊も、すり鉢で擦って再びふるいにかけました。
そして残ったのがこれ。
多分、軸の部分だと思います。
4軸

「これも何とか食えないかなぁ?」と思案し、
まずは水を入れてみました。
切干大根みたいに、戻らないかな?という算段です。
でも、それほど見た目は変わりません。
変わったのは水の色。ものすごく茶色に変わった。
5水で戻す

舐めてみると少々苦いです。
私は嫌いな味ではないけれど、かみさん受けはしませんでした。
今回はあえなく処分されましたが、
きっと良い利用法があるはず。

だってこういう「足元にあるもの」を使い切ってこそ、
「足るを知る」暮らしでしょ?
いろいろ試してみます。

ところで、こんな試作やおでんややかんなどを置いていますので、
ロビタの天板はこの様な風情に。
天板の下では竹炭も製作中。
薪で温まった熱を最大限に利用しております。
これこそ「足るを知る」暮らし!
6ロビタ上

↓応援ありがとうございます!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1228-b816a6ca