FC2ブログ
昨日は相当参りました。
やはり濁り酒(どぶろく)をコップ4杯なんて飲むもんじゃありませんでした。
お陰で、本当は昨日中に今年最後のデスクワークを仕上げて、
後はウーファー達と楽しく過ごすつもりだったのに、
結局毎晩少しずつ仕事をすることになりそうです。
これも自業自得ですね。

それと、「調子に乗って深酒するな!」という警告なのかもしれません。
この後、暴飲暴食になりがちな日が続きそうですから。
その「注意日」が実はすぐやってきます。

最初は次のような展開でコトが始まりました。
「今度、外国人のウーファーがやってくるよ。」
私が所属している「グローバルネットワーク加子母」のメンバーに連絡しました。
グローバルネットワーク加子母とは、加子母を舞台にした国際交流の会です。
そのくだりはこちらで紹介しています。

でもこの会、今年はそれほど活動していませんでした。
主催メンバーの一人、アメリカ人のJが忙しかったこともあり、
なかなか集まることもできないでいました。

そこで、今回フランス人のウーファーがやってくることになったので、
皆に会ってもらって、少しでも国際交流的なことができたらなぁと考えたのです。

メールを送って、すぐにJから返事がありました。
「いいね。会おうよ。僕は24~26日の間なら都合がいいよ。」
他のメンバーからも「26日なら行けるよ。」と返事が来ました。
「ならば、その日に何人か呼んでホームパーティーをしようか。」
ということになりました。

私たちは加子母に越してきてから、
年に何回かホームパーティーを開いてきました。
他の家に呼ばれることもありましたが、
私たちが開いてお呼びする方が断然多かったです。

それは、我が家が広いということもあります。
子供連れが多くても、遊ぶスペースがあるので気兼ねがいりません。
大家族の古民家って、その点便利です。

今まではパーティーを開くにしても、
お呼びする方は若干こちらで選ばせていただきました。
同じ世代の子供がいるとか、趣味や雰囲気が似ているとか、
お互いに知った仲だとか。
それはお迎えする側の、一つのマナーだと考えていました。

でも、今回は方針が変わりました。
最初は「外国人ウーファーが安心できるように、会話ができる人がいいなぁ。」
というものでしたが、次第に
「あんまりこちらが配慮しなくても、何とかなるんじゃない?」という風に変わってきたのです。
むしろ、出産後はあまり地元の人とも会ってこなかったので、
かみさんが「お世話になった人達と年内に会えたらいいな。」と乗ってきました。

そこで、「私たちが会いたい人みんなに声を掛けよう!」ということになりました。
そして26日の夜に都合が合えば良し、合わないなら仕方ないということにしたのです。
つまり、「エブリバディ、カモン!」です。
とりあえずみんないらっしゃい!お互いが知り合いかどうかは分からないけれど、
それでどうなるかは、その時に考えましょう!
参加費は、「一人一品、あるいは一芸持ち寄り」です。

という方針に変えてから、私たちはあちらこちらに連絡を入れました。
すると意外なことに、結構高い確率で「いいよ~!」との返事が返ってきました。
「いつ呼ばれるかと待っていたの!」
「エッ、家族で行ってもいいの?」
「私、○○さんと一度ゆっくり話したいと思っていたのだけれど、呼んでくれる?」
「他にも声を掛けたい人がいるんだけれど、連れていってもいいかな?」
予定参加人数がどんどん増えていきます。

「いいよ。いいよ。どんどんお連れして!」と、こちらはおおらかに返答しています。
さすがにかみさんは心配になってきたらしく、
「あまりに増えると大丈夫かしら。お皿も箸もコップも十分じゃないし。」
「大丈夫だよ。間際に連絡して、マイ皿・マイ箸・マイコップをお願いしよう。」

ということで、26日の夜は何だかすごいことになりそうです。
少なくとも20名以上にはなるでしょうね。
ひょっとして30名ほどにも?
子供も10名近くになるかも。ま、いいんじゃない。

「何だか、うちでの忘年会が恒例になるかもね。」とかみさん。
それもいいね。一度に集まって、パーッとやりましょう。
「では、26日の夜に!」
まるで『あらしのよるに』のようですが、
まさにその夜に新たな友情が芽生えることを期待して・・・

↓ブログランキングに応援よろしくお願いします!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1276-b96e1df7