FC2ブログ
2005.12.04 冬本番
CIMG0056-2.jpg

Vestaさんの要望もありましたので、ガラス越しの解体新書、載せときます。

今日は初雪。日中でも氷点下でした。いよいよ冬本番ですね。
私達はこの土地の真冬を知らないので、どんだけ寒くなるか楽しみです。
私は八ヶ岳、カミさんは信州安曇野その他、いろんな寒冷地を体験していますので、
外気が寒いのは平気です。
でも私は家の中は暖かい方がいいので、暖房はしっかりとります。
今日も窓の外にうっすらと積もる雪を見ながら、
家の中でぬくぬくとしていることに喜びを感じました。

今日のメインは年賀状書きです。
まずはリストを作成します。毎年新しい知人や縁が薄くなる人がいますが、
今年は知り合った人の方が多いらしく、全体的に増えて400通を超えそう。
そして印刷です。
先日、カミさんの友人・イッちゃんが年賀状用の写真を撮ってくれましたが、
どれも良い出来栄えで、絞り切ることができません。
そこで、来年のデザインは4種類にしました。
送る人を見て、その場の判断でどれにするか決めます。皆さんお楽しみに。

そして宛名書きとコメント書きを始めました。
以前も書きましたが、宛名とほんの一言のコメントは手書きするようにしています。
その一瞬だけでもその人のことを考えながら、実は割とさっさと書いていきます。
夕方までに50通完成。このあともう少し書けるかな。

午後、イッちゃんから電話がありました。
前回来てくれた時に話題になっていたことなんですが、
ある人が飼っている鶏を手離したいと考えていて、引き取り手を捜しているとか。
「食べていいんだったらもらうよ。」と返答していたら、
先方もOKで、できるだけ早く取りにきて欲しいとのこと。

そう言われても、まだこちらは受け入れ態勢ができていません。
畳2畳ほどの旧犬小屋を改造して鶏小屋にするつもりではいましたが、
その小屋は今、物置になっています。
中身を全部取り出して、網を張ったりすると、丸一日以上かかるだろうな。
とにかく来週中にその作業をすることにして、
再来週にいただくことにしました。
そのいただく場所とは長野県開田村とのことで、一日仕事になりそうです。

聞けば鶏は全部で5羽。5羽のためにわざわざ一日使ってという見方もありますが、
これは田舎暮らしに限られたことでなく、
「話の流れに乗る」というのは、とても大切なことだと私は考えています。
一見、割が合わないように見えることでも、実はその先に大きな縁があるかもしれない。
この土地との出会いや、吉村先生とのご縁も同じでした。
だから決して無駄ではない。表現しにくいけど、直感です。
それを知ってか、カミさんも一緒に行きたいと言いますが、
そうすると当然悠太も連れて行くことになり、鶏が乗らなくなるので今回は我慢。

ところで、今回いただく鶏、名古屋コーチンや烏骨鶏もいるらしい。
しかもまだ卵を産むやつもいるとか。
果たしてどいつが卵を産むのか、有精卵なのか、見極めが必要ですが、
もし、これで烏骨鶏が増えたら大笑いですな。
果たしてそうなりますか。これもお楽しみです。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/131-14d201c7