FC2ブログ
ここず~っと私とU太の関係は良好でラブラブ状態ですが、
特に年が明けてからはより濃密になってきております。
私が家にいる時はいつもU太がついてきます。
そして朝起きた時、出かける前、寝る前には、
必ず「ギューッ」と抱きしめております。
それをしないで済まそうものなら、途端に不機嫌になるそうです。

そして隙あらば私の膝に乗り、いろんなお話をしてくれます。
時折私を見つめては身体を預けてしなだれかかり、うっとりとした表情を見せます。
こういうたとえは不謹慎かもしれませんが、
私はかつてこれほどに熱烈な恋人に出会ったことがありません。
かみさんもニコニコするやら、呆れるやら。

そんな付き合いが続く中で、U太の成長する姿に出くわす場面が増えてきました。
まず、最近は一人で絵本を読むことが増えました。
絵本のページをめくりながら、自分なりのストーリーをつけてお話してくれるのです。

例えば、ある母子が電車を乗り継いで
田舎のおじいちゃんのところに行くストーリーの絵本では、
「ちいさいえきで、とっきゅうれっしゃからのりかえまちゅう。」
などとかわいく説明してくれると、こちらもキュンとなります。
こんな時、少々ストーリーが違っていても、黙って聴くことが大切ですね。

またある時、絵本の電車を指差してU太がつぶやきました。
「これは、『ぼくのう~わさ』かなぁ?」
最初は何のことを言っているのか全く分かりませんでしたが、
新幹線のことを指しているのだと気づきました。

私は一日に2回だけ、パソコンでYouTubeを見せています。
U太の最近のお気に入りは、機関車か、トーマスか、新幹線の動画です。
新幹線動画を見せる時、いつもかかっているBGMがあります。
それはケツメイシの「トレイン」です。

その唄の中に次のような歌詞があります。
♪ある朝 僕の噂 夕方 悪い噂
そうさ 僕のせいさ でも気にせず進んで行く♪

そうです。U太はあるタイプの新幹線(たぶん「こまち」)のことを、
「う~わさ」という車名だと捉えていたのです。
なるほどなぁ。いろんなことから連想して学んでいるんだね。

もう一つの逸話を披露します。
昨日のブログで紹介したエネルギー・ステーション。
その中で、端材を組み合わせた土台がありました。
その端材というのは、もともとは薪材としていただいたのものですが、
一つ一つが結構大きいので、「何かの時に使おう。」と残しておいたものです。

それらをブロッグ積み木のように組み合わせて積み上げていったのですが、
最初のうちは私の周りをうろちょろしていたU太が、
やがて別の場所に置かれていた端材を一つずつ部屋に運び入れ始めました。

何も頼んでいないのに、自分で端材を運び入れてくる姿に私は感動!
「U太、ありがとうな。お父さんは嬉しいよ!」と頭をなでると、
褒められて嬉しかったらしく、どんどんと運んできます。
それを受け取って土台を組み上げる作業は、それは楽しいものでした。

ところが、ある段階になるとU太がやって来なくなりました。
「どうしたのかな?もう飽きたのかな?」
部屋の外に出てみると、違いました。

U太が一人で運べるような端材は既に無くなっていたのです。
残っているのは、とても一人では厳しい大きさや重さの端材ばかり。
それでも何とか持ち上げようと一生懸命にある端材にとりついておりました。
でもなかなかうまくゆかず、ゴロンと手元から大きな端材が転がっていきました。

「U太、もういいよ。これまでよく運んでくれたね。ありがとう。」
私はU太の頭に手を当て、声を掛けました。
でもU太は固まったまま動きません。

U太の目線にまで腰を下ろして覗き込み、驚きました。
必死になって唇を噛んでいるのです。
「・・・どうした?大きな木を運べなくて悔しいのか?」
と訊ねると、こっくりと頷いて、やがて大声で泣き出しました。

「そうか、悔しいか。でもお前はよくやったぞ。」
わんわん泣くU太をしばし抱きしめて時を過ごしましたが、
U太の性格をまざまざと見た思いでした。

こうしてU太と過ごす時、実はもう長くはありません。
この春からは保育園に通う予定なので、
きっと彼の世界観は変わっていくことでしょう。
だから今の二人の世界はあと2ヶ月ばかりということになります。

それでもいいです。
私は自分の人生に、こんなに素敵な時が訪れるなんて夢にも思わなかった。
こんなに素敵な子がやってきてくれるなんて、何と幸せなことであろうか。
そう思える今が、最高に幸せなのです。それでいいのです。

↓ブログランキングに参加しています。
↓よろしければ「一日1クリック」の応援よろしくお願いします!
↓押してくださると励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1317-737f7cd5