FC2ブログ
まずはお知らせです。
先日書いた「煙突が床に潜る薪ストーブ」ネタですが、
実物写真を撮ってきましたので、再編集して掲載しております。
よろしかったらこちらで事実をご確認ください。

さて、今週は高山で仕事をしておりました。
もう最高の観光日和でしたよ!でも私は仕事・・・
1高山1

こんな景色を眺められるなんて、やっぱり高山は良いところですね。
2高山2

その高山でも、今年は雪が少ないのですと。
白川郷でもそれほど積もらず、ライトアップが映えないのだとか。
現実に高山滞在中の会話で、
例年だったら「暦の上では立春ですが、まだまだ冷えますねぇ。」
となるところですが、今年は、
「本当にこのまま春になるんじゃないの?」と話しておりました。

そして昨日、ゴンの散歩をしていたら、道端に怪しい姿が。
「もしかしてフキノトウ?」

ここで注釈しておきます。
「フキノトウは春の訪れを伝える山菜」
と世間では認識されているかもしれませんが、
実は冬の間に土の中で育っています。
それを私たちが見つけられないだけです。

ですからこの時期にフキノトウが見つかること自体は不思議ではないです。
私が驚いたのは、それらの花が既に咲いていたことです。
おいおい、ちょっと待ってくれよ。
今頃開花されては、3月にはどうなっているのだ?

普通は開花したフキノトウは採らないのですが、
今回はこれでも「初物」ということで採取しました。

3フキノトウ

「でも、どうやって食べる?」
開花したヤツは結構えぐいですからねぇ。
「任せるよ。」とかみさんに委ねました。

すると、かみさんは一体何に使ったと思います?
これは私の想像を遥かに超えておりました。
かみさんは何と!スコーンに入れたのです。
本邦初公開?「フキノトウのスコーン」です。

4フキノトウのスコーン

で、お味の方ですが、
・・・フキノトウの味がしました。
正直言って、それなりにえぐかったですね。
今回のスコーン。生地がとても美味しく焼けただけに、
そのえぐさが際立ったのが少し残念か・・・

「もう少し細かく砕いて、ほんの少し加えるだけで十分だったね。」
とかみさんも一つ学んだ様子です。
ともかく、挑戦する姿に敬服いたします。

それにしても今年の冬は異常ですね。
雪が少なくて、寒い日も少ないのはありがたいですが、
いざこのまま春を迎えるとなると、
「山の水は大丈夫か?」と気を揉んだりするのは自分勝手なものです。

「でも本当におかしいぞ。世の中がいよいよ狂ってきたぞ。」
よく会うN氏は、最近はこれが口癖になってきております。
確かにそうかもしれない。
でもそれは反面、時代の進化に向けての反動かもしれない。
私は逆にそのように捉えることにしています。

さてどうなりますか。
その結論は、今の私たちの行動に委ねられているのでしょうね。

↓ブログランキングに参加しています。
↓よろしければ「一日1クリック」の応援よろしくお願いします!
↓押してくださると励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1322-efc5ba88