FC2ブログ
ようやく暖かい春がやってきましたね。
我が家の前の畑は、「これが本当に畑なのか?」
と私たちも疑うほどに、ヒメオドリコソウが群生しております。
1ヒメオドリコソウ

そんな写真を撮っていたら、どこからともなくU太がやってきて、
やおら畑で建設車両の説明を始めてくれました。
やっていることは変わらず幼児ですが、
以前よりも少年っぽい顔つきになってきたように思います。
2やってきた

昨日、私は急にタンポポを食べたくなりました。
タンポポは花も蕾も茎も葉も根も食べられる、
そしてとてもエネルギーの高い食べ物です。
私の師匠である八ヶ岳の仙人は、タンポポをこよなく愛しておりました。
もちろん食材として。
3タンポポ

タンポポの根ってどこまで伸びているかご存知ですか?
聞いたところでは確か数mも深く伸びたものもあるそうです。
ものすごい生命力です。

今回は蕾と茎と葉を、頂き物の明宝ハムと一緒にソテーしていただきました。
はっきり言って苦いです。
でもその苦みが身体に嬉しいです。
特に蕾は結構いけますよ。湯がいて胡麻和えなどにして召し上がれ。
4タンポポ料理

ところで、ミニブタ・ブッダですが、もうすっかり、
本当にすっかりと我が家に馴染んでしまいました。
最近は家族の姿を見かけると、「ブヒブヒ」言いながら近寄ってきます。
そして食い物をねだります。もう可愛いのなんのって!
5近寄る1

でもあまりに慣れ過ぎて、カメラを向けるとすぐに寄ってくるので、
アップの写真しか撮れません。
6近寄る2

オッ、雄叫びか?
7雄叫び

我が家にやって来た頃、皮膚がささくれていたので、
「水分が足りないのか?」と思ったのですが、
実は母ブタからカイセンという皮膚病をもらっておったようです。
要はダニですね。

早速、村の獣医さんに来ていただき、
「私は牛が専門なので、小さいと勝手が分からんなぁ。」
と言いながら、体重に合わせて注射を打ってもらいました。
そのお陰で、日に日に状態が良くなっているように思います。

また、ブッダの他の兄弟が栄養失調で死んでしまったとかで、
配った坂本さんは心を痛め、
「最初はあまりに太らせないようにと説明しましたが、
どうかたくさん食べさせてあげてください。」と訂正の連絡をいただきました。

そのお陰で、今やブッダは食い放題。
「何だか下腹が出ていないか?」
「明らかに大きくなったよね。」
と、親をやきもきさせております。
それを知ってか知らずか、のんきな顔つきのブッダ。
8アップ

可愛いものですね。
時々「ピキーッ!」と大声を上げますが、
見に行くと、大したことじゃない出来事で一人騒いでいることがあり、
結構可笑しいです。

私たちは晴れた日の昼食は縁側でいただくのですが、
少し離れた場所につながれているブッダは、
何とか近寄りたくて身体を伸ばし、物欲し気な声を上げます。

そんな時はつい、「おお、よしよし。何か食べ物を探してきてあげよう。」と、
いそいそとする私であります。
そしてこんなに目を細められると、こちらまで目が細くなります。
9笑顔

もう既に「ブタバカ」ですね。
(漢字で書くと『豚馬鹿』で、意味が分からなくなりますが・・・)
そんなこんなで、ぽかぽかの春の日に、つい気持ちが緩んだひと時でした。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1380-7296f128