FC2ブログ
先日、若いウドをいただきましたが、もう早くも全盛期を迎えました。
本当にウドってやつは成長が早いです。
今年は一株ずつにかなり生えてきているので、来年の株分けが楽しみです。
1000株くらいにまで分けられるのではないかな?
とてもそこまではやりきれませんが。
0ウド株

見て下さいよ、この太さ。
ほおばるには一番良い頃です。
1ウド全盛

これからは若葉をいただく時期ですね。
この若葉の天ぷらが私は大好きです。
若葉の方も、「私を食べて!」と誘っているように見えませんか?
2私を食べて

ところで、先日、『六ヶ所村ラプソディー』の実行委員会メールアドレスに、
私あてで「ウドの食べ方を教えてください。」というメールをいただきました。
個メールでお返ししようとしたのですが、何度送っても返ってきました。
そこで、この面でご返事します。

私が紹介しているような新鮮な若いものは、
採った直後ならばかぶりつきが一番です。
でもスーパーで売っているような時間が経ったものでは厳しいかもしれませんね。

そこで、その他の食べ方となると、
まず皮は剥いて酢あるいは酢を水で薄めたものにしばらく浸けておきます。
それで結構えぐみが取れます。
中身の方も一旦酢に浸けておくと変色しにくくなります。

そして皮は千切りにして、若芽と一緒にきんぴらにするのが良いでしょう。
もしまだえぐかったら、
醤油を加えて煮詰めて佃煮風にするとご飯がすすみます。

軸の中身は一般的には酢味噌をつけて食べるか、
スライスあるいは短冊にして三杯酢や梅酢でいただくと美味しいです。
梅と良く合いますし、マヨネーズ和えも良いですよ。

中身がえぐい時は、皮と一緒にきんぴらにする方が良いかもしれません。
また、軽くソテーして醤油をかけてもいいですね。

また、上にも書きましたが、若葉は天ぷら材にもなります。
これがまた美味いのですよ。
でも、若葉はすぐに萎えてしまうので、よほど新鮮でないと厳しいかも。

ウドは油と合います。
そして少々の「えぐみ」は春の醍醐味として味わいましょう。
もっとも、それほどたくさん食べられるものではないですが。

あとはいろいろ試してみてください。
そして気軽にこちらのブログにコメントして下さいね。


さて、実は目を上げるとついにタラノメが出始めています。
例年よりも一週間から10日ほど早い気がします。
空に突き刺さるように伸びるタラ、精悍ですね。
このくらいの形の時が一番美味しいです。
3タラ出始め

タラノメは、「二番までは採っても良いが、三番を採ると樹が枯れる。」
と教えられました。
でも、「やり方を工夫すれば、そうはならない」説を、
白州のわたなべさんから教えていただきました。

そのやり方とは、
「一番、二番と採った後、三番が出て来るそのすぐ上の幹を切り落とす」
というのです。
そうすることで、タラは三番を一番に置き換えてエネルギーを注ぐとか。

その三番が食べ頃になった時に採り、
次の四番の芽のすぐ上の幹を、同じく切り落とすのです。
その作業を続けていくことで、
順々にタラノメをいただくことができるそうです。

つまり、タラの身長はどんどん低くなっていきます。
「そんなことをしたら樹が枯れてしまうのでは?」
と普通は考えてしまいますが、そうはならないそうです。
夏の間にグングン伸びて、また春になると同じように出てくるのだとか。

正直言って、「そんな都合の良い話ってあるのかな?」
という気持ちが無くもないですが、(わたなべさん、ご免なさい!)
ともかく試してみることにしました。

この画像でいくと、下の方に節があり、
右に小さく次の芽が出ているのが分かりますか?
つまりはこの芽のすぐ上で樹を切るということです。
今まで教えられていた知識からすると「禁じ手」にあたるので、
ちょっとドキドキしながら切り取ります。
4タラ三番目

でもなかなか綺麗に切れないのですよ。
特に背の高いやつは狙いを定めにくく、真っ直ぐに切れずに苦労しました。
本当にこんな切り方でいいのかな?
5初タラ

ともかく今年の初物、早速の大物です。
昨夜はかみさんが天ぷらを揚げてくれました。
やっぱり美味いなぁ。ビールがススミます。

畑のワラビも出始めました。
採りたての若いワラビはあく抜きをしなくても天ぷらでいただけます。
でもすぐにふにゃっとなるので、
揚げたてをその場でいただくのが一番でしょうね。
6初ワラビ

とまぁ、いよいよ加子母も本格的な春を迎えました。
でもこの調子だとあっと言う間に去って行きそうな勢いです。
もうちょっとゆっくり滞在していきなよ。
せめてGWが過ぎるくらいまではね。
Secret