FC2ブログ
さぁ、いよいよお目見えです。我が家の独立式ソーラーシステム!
どうですか?この凛々しい姿。
青い空、緑の山に映えています。
私は「サンフラワー・システム」と名付けることにしました。
1全景

サンフラワー・システムのすごいところ、其の一。
季節に合わせて動きます。
これが夏至の頃。
2夏至

これが春分と秋分の頃。
3春分秋分

そしてこれが冬至の頃です。
4冬至


サンフラワー・システムのすごいところ、其の二。
一日の動きに合わせて動きます。
これが朝のポジション。
5朝

昼。
6昼

夕方です。
まさにサンフラワー(ひまわり)の真骨頂!
7夕

これらの動きをコントロールする目安が、
何と!パネルに垂直に立てられた一本の釘なのです。
この釘の頭の陰が一番小さくなるようにすることで、
太陽光を真っ直ぐに受けることができます。
8釘

そして作られた電気はコントローラーに送られます。
9コントローラー

続いてインバーターに。
このインバーター用の台は、ジョシュアと私の共作です。
屋根裏から出て来た煤けた材を使いました。
風情があるでしょ?
10インバーター

これらを設置した場所は、屋外トイレの前です。
これは確か今の店の畳を外した時に、下に敷いてあった板です。
これもまた良い風情。
バッテリーも設置して、システムは完成!
11セッティング

ではつないでみましょう。
うちに残っていた60wの灯りを幾つか点けてみます。
嬉しいですねぇ。
目の前に降り注ぐ太陽の光が、この灯りを作っているのですよ。
12灯り

太陽を追うシステムは、今のところは手動です。
いずれ、「自動式」になる予定とか。
「とか」なんて言っているのは、
全ては作って下さった皆さんの頭の中にプランがあるからです。
きっとこれが「すごいところ 其の三」になることでしょう。

そして「すごいところ 其の四」は、
発電パネルの下で野菜が育つのです!
つまり、畑の真上に立つサンフラワー・システムです。
どうです?すごいでしょ?

こうして待望ののソーラー生活が始まりました。
あれから三日経ちましたが、
現在では、パソコン2台と、それぞれのデスクの灯り、
そして我が家の高電気料金の元凶、酵素玄米用の保温ジャーに使われています。
夜はさすがに元に戻しますが、
少しでも「脱電力会社」できたのがとても嬉しい。

日中はもう少し使える気がします。
でも延長コードが無い。
今も我が家の足元はコードがあちらこちらを張っています。
しばらくの間は試し使いをしてみて、感じをつかめたらきちんと配線します。

電気の使い方について。
人は現在使っている分量を減らさずに、代わりの方法を探しがちですが、
私はまず「使う量を減らすこと」が先決だと思います。
電球を省エネタイプに換える。使わないようにする。
いろいろやり方は考えられますよね。
電力会社との契約アンペアを下げる(アンペアダウン)もその一つです。

そして次に、「できるだけ自給する道を探すこと」だと思います。
今回、その第一歩を踏み出すことができました。
この生き方を進めていけば、
電力会社の電気は最低限に抑えられるかもしれない。

そんな記念すべき一歩を踏み出すことができたこと、本当に嬉しいです。
太陽光発電を勧めてくれた石岡さん、
作り上げて下さった、和田さん、小出さん、そして倉田さん。
本当に、本当にありがとうございました!
Secret