FC2ブログ
今、私は感動にむせび泣いております。
ついに、あの「加子母百年米」の花が咲いたのです!

感動の「手動もみすり機」との出会いとともに出会った、
たった401粒の種籾たち。
9加子母百年米401粒


その種籾を発芽させようとトライし、
マサに預けたうちのたった一粒が芽を出しました。
加子母百年米初芽


それを大事に育て、
5百年米


田んぼに移し、
10百年米


それなりの月日が経ちました。
つい先日に撮った画像がこれです。随分と力強く育ってきました。
今や我が田んぼで一番元気のいいのが、この加子母百年米です。
1育ってきた

たった一粒の米が、こうして分けつしていくのですよ。
それだけでも感動的だと思いませんか?
2株分け

そして昨日、ついに穂らしきものを発見しました!
3初花

アップしてみましょう。
おおっ、何と!花が開き始めているではないか!
生きる喜びを感じます。
4アップ

実際には何年前の米なのかは分かりませんが、
年を越えるごとに発芽率が落ちる中で、何と立派に育ってきたことか!
この先も順調にいけば、一粒からたくさんの種籾が生まれます。
そうなれば、うちはこの米をしっかりと増やしていく覚悟です。

今、稲の弱体化が問題視されているとか。
私は詳しくは知りませんが、田植機で植える時は何束もの苗を一緒に植えるのでしょ?
でもうちは一本植えです。

また、田んぼは土を返すのが「常識」です。
でも、周りの自然界を眺めてみてくださいよ。
どこに「土がひっくり返っているところ」がありますか?
そんなの地震や土砂崩れでも起きなければ土はひっくり返りません。
そんな不自然なことを、今の世の人は「常識的に」行っています。
でも、もりのいえでは5年間、田畑を耕していません。

また、もりのいえでは農薬は一切使いません。
化学肥料も使いません。
本当に田畑のバランスが取れておれば、虫も草もお互いが奪い合うのではなく、
助け合うはずだと信じています。

そういった環境の中で、是非「加子母百年米」を育ててみたい。
そんな夢が、ドラマが、一歩前に進みました。
こんなコトを目の当たりにできるなんて、何と私たちは幸せ者なのでしょう!

私はよく、「人は集めるものではなく、集まるものだ。」と説くのですが、
それをもじって、「生き物は育てるのではなく、育つものなのだ。」ということを
今回強く実感しました。
この先のドラマが本当に楽しみです。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

Secret