一昨日の馬瀬でのイベントについての記録です。

最近の私たちの傾向ですが、何事も間際で動いております。
今回もそのパターンでして、「焼き菓子だけではなく、食事も提供して!」
との声にお応えして、前日に準備開始です。

まずは以前からかみさんがやりたいと言っていた「ピタサンド」です。
生地を両手でまとめるのは、ウーファーのりょうこさん。
彼女はお盆頃までシャロム・ヒュッテで体験ステイをしていました。
元薬剤師だそうで、薬そのものに疑問を持つようになってから、
いろんなところに「食」の研修に参加して腕を磨いてきただけあって、
いい腕しています。
1生地を両手でまとめる

以前、「ウーファー急募!」と書いたその日にぶらりと店にやってきた彼女。
その時は私のブログを読んでいなかったのですが、
彼女の方から「ウーフさせてくれませんか?」と申し出がありました。
まさに願ってもないことです。
何か大きな力が彼女を引き合わせてくれたとしか思えないです。

そんなりょうこさんが焼いてくれたピタ。完璧です!
2焼けたピタ

ピタの中身は、かみさんの手により作られました。
「お豆と雑穀のスパイス揚げ」
「トマトソース」
「キュウリの豆腐サワーソース和え」
「タヒニソース(練りゴマ)」です。

一方、私は、辛いピーマンを使ってオプションの特製ソースを作りました。
ニンニクとショウガと胡椒たっぷりの、
辛いけれど、辛いだけではない深みのあるソースが出来上がりました。
自画自賛だけれど、本当に大ウケでしたよ。
中国人のお客さんは「日本には無い、とても懐かしい味!」と喜んでいました。
3特製辛いソース

こうして出来上がったピタサンド。美味そうです。
4ピタハーフ

半分に切ってみました。本当に美味かった!
今回の出来に大満足のかみさん。
「これからのイベントはこれだね!」と大乗り気です。
5ピタハーフ半分

さて、前夜の「なめくじ祭」で午前様になった私ですが、
朝は5時に起きてイベントの準備です。
テントに、ぬかくどに、ロケットストーブ式キッチンに、
そして売り物を積み込むと、もう「よきかな号」は満杯!
「よくぞ載ったものですね~!」とウーファー達も感心するやら呆れるやら。

朝は曇り模様で、時折雨も降っておりました。
天気予報では「曇り一時雨」。
「そら祭り」の時ほどではありませんが、あまり良い予報とは言えません。
「せめてテントを張る時くらいは雨が降らないでほしいなぁ。」と
そら祭りの時と同じような気分で会場に到着しました。

河原の野原を使って様々な企画を展開しているトトコさんらしい、
のどかで和やかな場です。
6会場

ドームハウスや、ツリーハウスや、ハンモックなども据えられ、
夢のある空間が広がっていました。
7ツリー&ドームハウス

そこの一角に「もりのいえ」の店舗を構えさえていただきました。
一部のパーツが欠けたテントを二張りつないでみましたが、結構うまくできました。
天ぷら廃油で走る「よきかな号」、籾殻でご飯を炊く「ぬかくど」、
小枝で驚異的な火力を出す「ロケットストーブ式キッチン」も設置され、お店の完成です。
8拡大もりのいえ店舗

そして看板娘のウーファー達。
りょうこさんと並ぶのは、大学生のあやちゃんです。
あやちゃんは今時の女子大生とはちょっと違った、ナイスキャラです。
「よく『おばさんっぽい』と言われるんです。」と笑いますが、
彼女と話していると、まるでムーミンと会話しているみたいで、
ほんわかします。何かと仕事をこなしてくれ、とても助かっています。
9看板娘

再び「もりのいえ」に帰ってきたジョシュア。
当初はこの日の朝、下呂駅で下ろして別れる予定でしたが、
「そのイベントを覗いて、途中から帰る」に変わり、
結局この日も「もりのいえ」に泊まりました。
いかにも彼らしい自由人的過ごし方です。
10油番ジョシュア

ロケットストーブ式キッチンでの揚げ物も上手になったね。
11揚げるのも上手に

我が家の玄関先に設置したぬかくどを一旦解体して、会場に設置しました。
その作業そのものはラクチンでしたが、
いざ点火すると最初はうまく火が回らず、しかも小雨が降ったりして、
少々ヒヤヒヤに。でも結果的には上手に炊けました。
雨が降ったのはその時だけで、その後は晴れ間も広がり、やれやれです。
12出張ぬかくど

「わらべ村アースマーケット」でも来てくれたお客さん、ありがとう!
わらべ村では、かみさんの焼き菓子を買う姿をちょっと目の端に入れていただけでしたが、
「どこかで会ったよね?」と訊ねると、とても驚いていました。
13再会お客さん

トトコさんちで飼われているコーギー。よきかな号の下でおやすみ中です。
かのターシャ・チューダーが大勢飼っていたので有名になりましたね。
私も大好きです。この次に飼うとしたらコーギーかな?
なんて言うと、ゴンがすねますね。
14コーギー

今回は大勢のお客さんという訳でもなかったので、
のんびりと時を過ごさせていただきました。
途中、U太と一緒に川に入ったり、お散歩したりして、
少しはお父さんらしきこともできました。

こんなことができるのも、ウーファー達が働いてくれるおかげです。
みんな楽し気に働いてくれてありがとう!
トトコさんと一緒に、はい、「もりのいえ組」です!
15もりのいえ組

今回トトコさんちを訪ねて、一番うらやましかったのはこれです。
山からの水を受けているのですが、洗面台の水はそのまま飲めるのです!
「いいなぁ。」「うちの水もこれくらいの勢いがあって、そのまま飲めればいいのにね。」
とうらやましがることしきりの私たち。
16飲める水

さてイベントは無事終了し、「16:30には会場から撤収!」とされていたので、
早めに店をたたみ、会場を後にします。
「何故そんな早くに撤収?」という疑問はすぐに解けました。
そこは花火会場のすぐそばだったのです。

「いつまでもここにいると、火が落ちて来ますよ!」と消防団の人々に注意され、
会場を傍の河原に移してバーベキューの夕食が始まりました。
この場所、まさに一等席です。
というのも、私たちの席が「立ち入り禁止地域」のすぐ隣だったのです。
そしてその場所はトトコさんちの目の前でもあります。
こんな場所で毎年花火を見られるなんて、何と贅沢な場でありましょうか!
17河原でバーベキュー

腹一杯の夕食をいただき、花火が上がるまでの間、それぞれに会話を楽しんでいました。
以前「もりのいえ」にやってきて、9月にも再び来てくれるたえみちゃんも
急遽合流してくれました。
たえみちゃんはブログを始めたばかりで、「もりのいえ」のこともよく紹介してくれています。

一方、ジョシュアは得意の尺八で、グループの演奏に加わっていました。
バーベキューの準備中も女性陣と一緒におにぎりを握っていたそうです。
こんな風にいつでもどこでもその場に入れるキャラクターは大したものです。
ちょっと私には真似できません。ジョシュア、大物です。
18尺八セッション

こうしてとても充実した日中を過ごした後に、ようやく花火が始まりました
そのド迫力に誰もがビックリ!もう感動ものですよ。
そして、今や完全立ち入り禁止になった、日中過ごしていた場所には、
ガンガン火花が落ちておりました。
「ドームが燃える!屋根に落ちた!」とトトコさんは大声を上げます。

それにしても今時の花火って凄いですね。
一旦広がってからそれぞれの火が泳いだり、次の火がついたり。
ハートや星の形になったり、ピースフェイスが出たり、
次々に繰り出される技にため息が出ます。
なんであんな芸当ができるのだろう?

以前、長良川の花火を見た時、その迫力に驚きました。
石垣島で見た時は、大きさは中くらいでしたが、
寝転がって頭上に広がる花火に感動しました。
今回はその両方の感動に、イベントを皆と過ごした達成感と、
家族と共に過ごす幸福感が合わさって、とても素敵な時を過ごすことができました。

結局、天候にも恵まれ、盛大な花火が終わり、とても満たされた気分で、
「では、もりのいえは帰ります!」と声かけすると、
トトコさんちで過ごすウーファーや他のお客さん達も皆さん揃って挨拶してくれました。
まるで、「もりのいえ組」と「トトコ組」の逢瀬のような時でした。

トトコさん、とっても素敵な場を企画してくださり、ありがとうございました。
そして、できればこの先も「もりのいえ組」がこの花火大会の時にお邪魔してもいいですかね?
特にイベントがなくてもいいです。
ただお互いの「組」が交流し、その場を過ごすことができるだけでも嬉しいです。

「もりのいえ」を始めて良かった!
心からそう感じた一日でした。



♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
Secret