FC2ブログ
「わら」の船越さんの料理教室に行ってきました。
もともとはかみさんの方に関心があり、
さぞかし本人も行きたかったのでしょうが、
「是非、masanが受けて来てマスターして!」との熱い期待を受けまして、
行って参りました。

こちらが船越康弘さん、かおりさんご夫婦です。
康弘さんは思いっ切りオープンな方で、
かおりさんは一見して職人肌の方でした。
2船越さんご夫婦

康弘さんは一見して石田純一?
確かに噂通り、テンションの高い方です。
抜けていると言っても良いでしょうね。
3石田純一?

「重ね煮料理の教室」と聞いていたので、
さぞかしそのテクニックにまつわる話を聞けると期待していましたが、
そちらは期待通り!
驚いたのは、包丁の使い方から説明を受けたことです。
康弘さん、よく動くので、こんな画像ばかり撮れました。
4よく揺れる

立ち位置まで教えていただき、これは勉強になります。
5立ち位置

そしてこちらも基本の「タマネギ切り」ですが、
私の慣れている方法とは異なりました。
「繊維を切らないこと」=「酸化させないこと」と聞き、なるほど納得。
同時に、良い包丁と、日頃のメンテナンスの必要性を感じました。
6タマネギを切る1

もう一つの方法も教えていただきました。こちらは簡単ですね。
7タマネギを切る2

そして、「塩をまく」具合を見せてくれます。
この具合が皆さん苦労するところかな?
私は「大体」と理解しました。
8塩をまく

ちなみに底はこんな感じです。
9底に塩をふる

テーブル毎に分かれて下準備をし、具を重ねていって、
最後に幾つかの言葉を唱えます。
この風景だけを見ると不気味に見えるかもしれませんね。
私は田畑にいる時も、調理中も、この時のセリフと同じ想いで過ごしていますが、
やっぱり実際に声にする方がいいのかな?この点はまだ思案中です。
10念を送る

熱心な受講生に囲まれ、熱弁をふるう康弘さん。
11囲まれる

それにしてもよく頭が揺れます。
(ゆりかごさんのお父さん、ご活躍でしたね。)
12本当によく揺れる

こうして出来上がった私たちの食事でした。
どれも確かに美味しかった。ちょっと味が濃いと感じるほどでした。
13食事

予定よりも時刻がオーバーしたので、
宿泊客が自宅で待つ私は、食事を済ませてすぐに帰宅しましたが、
きっと皆さん多くを感じ取られたのでしょうね。

私の学びと言うと、
まずは、姿勢や包丁の選び方、使い方など、「基本のキ」の大切さを改めて感じました。
私は調理師の資格を持っていますが、実はまるで自己流なのです。
ですから今回のように説明していただけると、とても助かります。

次に、「重ね煮」のテクニックに関してですが、
これはもう数を重ねるしかないのでしょうね。
これからぼちぼち経験を積むことにします。

そして何よりも刺激を受けたのは、康弘さんのお話でした。
その哲学というか、思想にはほとんど共感できました。
その内容については、もう少し咀嚼(そしゃく)してから書くことにします。
ただ言えるのは、今の私の状態にとって、とても良いタイミングだったということです。

またしても、ここで私に気づかせようとしている存在を感じた、
今回のイベントでした。
主宰者の方、とっても良い機会をありがとうございました!


「秋のお菓子セット」、好評です!
2秋のお菓子セット


ご注文はこちらへ!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
ギフトセットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
Secret