2009.11.09 ご褒美の日
すっかり仲良くなった三人のウーファー達が去り、
新たに一人のウーファーがやってきました。
右端のみほちゃんです。
英語の教師を休職中で、これまでにバックパックで世界中を回り、
しかも「ダライラマの追っかけ10年」という強者です。
1ウーファーたち

みほちゃんとは、彼女がトコさんのところでウーフをしていた時に、
丁度私たちが馬瀬でのイベントに出店したところで出会いました。
事前に私たちの噂を聞いていたとかで、
「いつか行きたい!」と願っていたところ、
目の前に私たちが現れたとかで、その場でウーフを希望されました。

私もね、「少し離れたところからじっと私を見つめる女性がいるなぁ。」
と視線を感じてはいたのですが、
「私」ではなく、「もりのいえ」に関心があったのね。
それでよいです。来てくれてありがとう。
何事にも熱心で一つ一つの仕事をきちんとこなすし、早速信頼を寄せています。


一昨日、「わら」の船越さんの料理教室参加を終え、
早々に帰宅した私を待っていたのは、二人の宿泊客でした。
今回の方々は私のブログを一切見たことがなく、
別のきっかけでこちらを知り、「もりのいえ」のことをほとんどご存知ないままに
携帯メールで申し込みをされてきました。

こういうパターンは初めてだったかも。
しかも私が日中家におらず、加えてかみさんは通販の発注業務に追われていたので、
あまりこちらの事情が分からずに戸惑われたのではないかと少々気がかりでしたが、
芳名帳へのコメントや、昨夜いただいたメールを読んだ限りでは、
満足してくださった様子でほっと一息です。

うちは、来店客であれ、飲食や宿泊のお客さんであれ、ネット通販でも、
コミュニケーションをとることで魅力を感じとっていただけたらと
願っているのですが、今後いろんな場で告知されていくと、
全く事前情報無しで、「普通の飲食店か民宿」のつもりで
やって来られるパターンも出てくるでしょうね。
今回はその意味で、良い経験となりました。

さて、船越さんは昨日は会場を各務原・空歩21さんに移し、
朝から講演会が予定されていました。
「できればそれに参加したいのだけれど、
宿泊のお客さんがいらっしゃるからねぇ。」
と、かみさんは当初は諦めていました。

ところが何と!上にご紹介したお客さんが
「早朝から美濃太田駅まで行きたい。」という希望を出されてきたので、
両者の利害が一致!

私たち家族とみほちゃんも一緒に「よきかな号」に乗り込み、
お客さんを美濃太田駅までお送りして、
その後、講演開始前に無事会場に到着できたのでありました。
願った通りに物事が展開する事が本当に増えてきました。

無事かみさんを会場まで送り届け、さて私は何をする人ぞ。
U太とKAN太の相手をする人となったのでありました。
では、どこに行って何をするか? 地図を眺めながらしばし思案。

「そうだ、各務原と言えばキムチ!
ではなくって、航空宇宙科学博物館があるではないか!」
自衛隊の飛行場脇に建てられた、少々年月を経た博物館ですが、
実は前から行ってみたかったのですよね。
きっとU太も喜ぶはずです。

そこで車を走らせ、到着しました。
KAN太をおんぶして、親子三人で入場します。
3航空宇宙科学館外観

屋外には幾つもの現役引退機が展示されています。
おお、名機YS11ではないか! どちらかと言うと、お父さんが感動しております。
4YS11前

そしてU太の初搭乗!タラップの隙間から顔をのぞかせております。
5初搭乗

これが機内。今見ると狭いなぁ。でもこの機が人気だったのですよね。
きっと数多くの思い出を乗せて飛んだのでしょう。
U太はひと言、「臭い!」 でも嬉しそう。
確かにかなり古い臭いがしました。
6座席は臭い

U太は予想通り、気に入った様子。
館内を走り回っております。
U太は走る時、いつも両手を胸の前に出してブラブラさせながら走ります。
まるで恐竜のようで見ていて可笑しいのですが、こんな動きは誰も教えていません。
これは彼の前世によるものなのか?
7走り回り

二回目の搭乗では余裕の表情。
8二回目の搭乗

「このヘリコプター、荷物があって乗れん!」
9ヘリコプターに乗れん

戦闘機の操縦席にはドキドキして近づき、
10戦闘機

宇宙服は「怖い」のひと言。それは正しい認識だ。
11宇宙服は不気味

ところで、実はU太が一番気に入ったのは、屋外のこの乗り物です。
12トーマスが好き

U太ってば、本当にトーマスが大好きなのですよ。
もうずっとこの周りをぐるぐる歩き回っておりました。
他の親子が入れ替わり一緒に乗って、
100円入れて動かしているのをじっと見つめる姿がいじらしく、
最後の最後に「一度だけね。」と約束して一緒に動かしました。

すんごく嬉しかったらしい。
帰宅してからも「今度また行こうね。トーマスに乗ろうね!」と、
せがまれております。

一方、KAN太はずっとおとなしく私に背負われておりました。
こうして午前はあっと言う間に過ぎ、お母さんを迎えに行きます。
講演会は期待通りに良かったらしく、
康弘さんは予想以上にテンションが高かったらしく、
かみさんもみほちゃんも大満足の様子でした。
それだけ人に感動を与えられるってすごいね。

康弘さんには前日に私たちの紹介資料をお渡ししておりました。
また、料理教室と講演会の前に、
うちで期間限定で販売している「なかよし家族」の有機カブをお渡ししておりました。
そのカブをお話の中でも絶賛してくれた康弘さん、
私たちのことも認識してくれたようでした。
これから何かのご縁がつながると嬉しいですね。

さて、会場の「空歩21」さんは、もうてんやわんや。
店主のせんちゃんと、うちの元ウーファー・りょうこさんが相当てんぱっておりました。
「イベントをやると人が来る!」
それを実感されているようでした。良い会場が隣にできて良かったね。

空歩21さんからお昼を少しいただき、「さて、このまま帰るかい?」
「せっかくだから関で包丁を見て帰ろうか?」
料理教室でも講演会でも、康弘さんは「良い道具」つまり、切れる包丁を勧めていました。

その中で出た銘柄が関の「正広」・モリブデン・21cm」でした。
「それがどんなものか、一度見に行こう!」ということになったのです。
車を走らせること30分。メーカーは閉まっていますが、
「刃物会館」は開いていました。

そして店員さんに訊ねます。「正広は置いていますか?」
「もちろん!」と何本か見せていただきました。
なるほど良い包丁です。でも、正直言って、心からしっくりはきませんでした。

「ちょっと考えさせてもらいます。」と答える私に、
いかにも職人風で「引退しました」という風情のおじさんがひと言。
「正広以外は見ないのかい?」
「他のもお勧めがあるのですか?」
「もちろん!」

その後のやりとりは省略しますが、その方曰く、
「正広は一般家庭用としては確かに人気が高いが、プロが名指しで買うのはこれ!」
と勧められたのが「ミソノ」でした。
値段も正広とさほど変わらず、手に持った感触でこちらにすることにしました。

ということで、「道具」は揃いました。
後は、康弘さんのおっしゃるところの「姿勢」「哲学と心構え」「素材」です。
これからはそれらにより意識を向けていくことにしよう。

「さて、それでは帰るかね?」と確認する私に、
「ここまで来たら『ペイザン』が近いのですけれど・・・」とかみさん。
関市にある、とっても美味しいパン屋さんです。
「おぬし、図ったな?」と一瞬思いましたが、
私も久々に「パン気分」だったので乗ることにしました。

美味しいパン屋さんのパンって久しぶりです。
ほくほくしながら車の中で食べ切り、帰宅しました。
こうして本当に久しぶりに「休日気分」で一日を過ごした私たち。
私自身は二日連続の遠距離ドライブで少々疲れましたが、
それでも得たものは多かったです。
みんなニコニコ顔で帰宅しました。

さて、今日からまた怒濤の日々が始まるぞ!
よし、生きていこう!




「秋のお菓子セット」、好評です!
2秋のお菓子セット


ご注文はこちらへ!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
ギフトセットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
Secret