FC2ブログ
年初めからどんどんと予定を組み始めたイベントの企画を、
少しずつ詰めてきています。
今日はその一つ、杉山開知さんによる「地球暦ワークショップ」のお知らせです。
このイベント、昨年秋の杉山開知さんとの出会いから、実現をずっと願っていました。

「何故、私たちは一週間のサイクルで暮らしているの?」
疑問に感じたことはありませんか?

私は一週間のサイクルが悪いとは思っていません。
「日月火水木金土」は大切です。
でも、一週間は人間が作った暦です。自然界にはありません。
この暦が私たちの暮らしを固定している部分もあると思います。
自然界の生き物で、そんな固定概念に縛られているのは人間くらいなものでしょう。

このように人間が自ら作った暦ではなく、
歴然とした「事実」から生まれた暦があります。
それは、「太陽系の惑星は太陽の周りを回っている」という事実に基づく暦です。
これが「地球暦」です。

「この地球暦の仕組みを理解し、読み解く知識を身につけましょう!」
というのが、「地球暦ワークショップ」の目的です。
して、企画内容を発表します!

「地球暦ワークショップ」
日時:3月14日(日)13:00-16:30
会場:もりのいえ
参加費:2500円(もりのいえのデザートとお茶セットつき)

お申し込み:もりのいえ
*当初、3月13日開催と告知していましたが、一日ずれましたのでご注意ください!
 「もりのいえのお届け便」では販売しています。ご注文はこちらへ!当日も入手可能です。

これは超お勧めですよ。
昼食を食べたい方は前もってご連絡ください。
1000円程度でご用意できます。
また、当日は焼き菓子も販売します。

実は、ワークショップ後にいろいろ話し合うのがとっても楽しそうです。
もしかしたら、あなたの星についての話が聞けるかもしれません。
そういう話はじっくりと聞きたいでしょ?
という方は、是非お泊まりでお越し下さい。
一泊二食6000円でお受けします。

さてここで、地球暦についての説明文を杉山さんが作ってくれたので転載します。
読んだだけだと難しく感じるかもしれませんが、
大切なのは、「私たちは地球号に乗って、一緒に太陽を回っている」という感覚です。
その感覚を実感して日々を暮らすことで、きっと人生が変わります。
その体験を一緒にしませんか?
8地球暦


HELIO COMPASS 地球暦 /太陽系を縮尺した天体暦
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
ヘリオスは、水素HとヘリウムHeで核融合している太陽を神格化した言葉、
コンパスは羅針盤を意味します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
もし、地球の一年が30cmの円盤だったなら...

■ ヘリオコンパスとは
太陽系そのものを惑星時計と捉え、
地球の「1日・1年」の周期で空間を細分化した時間地図。
ヘリオコンパスは太陽中心の座標系で、
360°の日心黄径の角度を使って惑星の位置を表します。
惑星の移動距離で、時間の経過を示す、暦の機能を持った羅針盤です。

■ ヘリオコンパスの見方
「今日は何月何日か?」というカレンダーによる計測法と違って
「今度は何度か?」と円の中での周期性を分度器を使って測るシンプルなものです。
円盤には太陽や惑星などが最初は配置されていないため、
惑星の位置を、毎日専用のピンで表示し、現在位置を確認します。
ヘリオコンパスと惑星ピンは、レコードと針のような関係です。

■ ヘリオコンパスの特徴
日心黄径〔ヘリオセントリック〕に基づいて設定された視点は、
従来の地心黄径〔ジオセントリック〕の見方と対称的で、
全てが反時計回りになっています。
ヘリオコンパスでは惑星の"合"や"衝"の働きはわかりやすく、
合=「結び」、衝=「開き」と呼んでいます。
太陽系の9つの惑星の36通りの会合周期を用いて、
様々な周期性を実生活に応用し、実践していくことが目的です。
記憶方法や、記録方法としてデザイン性を持つヘリオコンパスは、
思考を整理し、人生の道のりを明確にすることができます。
視覚的に見ているだけで太陽系の縮図を感覚することができ、
室内が調和的な空間になります。

毎日の惑星の位置は、同じ日であれば全世界共通です。
時差はありますが、惑星の位置は場所によって変化することはないため、
国や言語、宗教や思想を問わず「地球は1つ」という共通認識を育むことができます。
個人以外に社会的な活動の指針となる公共芸術であるため、
占いの流派や、一定の解釈、シンボルの深い定義付けは持たないのも特徴です。
あなたの意識が、この惑星を進化させていくのです。
真っ白な円盤に、あなただけの思いを乗せてみませんか?

■製品内容 ヘリオコンパス
・ マップ A1サイズ タテ84.1cm ヨコ59.4cm
・ ガイドブック 36pカラー A4サイズ 〔壁掛けカレンダータイプ〕
・ 二十四節気+朔弦望 A3サイズ
・ 簡易惑星ピン(別売り:イシピン)
本体価格 3600円 税込み
*もりのいえで販売しています。お申し込みはこちらへ。


杉山開知 
2002年から静岡にて半農半暦の生活し、暦作りやお話会をはじめる。
2008年に暦の世界観から脱し地球暦・ヘリオコンパスを発表。
円盤形の太陽系アートは、お茶の間から宇宙意識をもたらす銀河ツールとして注目される。
円盤を愛し、日々開発に前進する、2児の父。
日本暦学会会員。NPOじねんじょの会会員。




♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
もりのいえは、おまつりさわぎ!
▲「107+1~天国はつくるもの~Part2」上映会(3月6日)は、近々詳細を発表します。
☆杉山開知さん「地球暦のワークショップ」は3月14日開催です。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
Secret