FC2ブログ
2006.01.14 大納得!
さて桶谷式を指導する若尾助産院に到着しました。
見かけは普通の家。でも中に入るとかなり古風な病院です。
私は待合室で待たされ、カミさんとU太だけが診察室に入りました。

待合室には既に診察(マッサージ)を終えたお母さんがいらっしゃいました。
しばし雑談。
私達がかなり遠いところからやって来たことを知り、そのお母さんから、
「何故ここに来られたのですか?」と訊ねられました。
「いやね、本人は納得ずくで母乳育児とかやっているんですけど、
外野、特に医者がうるさくてね。」と答えると、
「全くそうですね。でもここに来ると安心ですよ。
まず、驚くくらいあっという間に乳が出てくるんです。
それにね、『母乳だけで絶対に大丈夫!』という安心感を与えてくれるんですよ。」
ととても幸せそうに教えてくれました。
続けて、「私も医者からは『ミルクをあげるように。』と言われていますが、
『はいはい』と答えて、無視しています。」と笑っておられました。

私はこの話を聞けただけで、もう満足でした。
待ち時間の間、たまたま本棚にあった、
『土を喰らう』というマンガを読み、ますます納得。
さて、数十分後に部屋から出てきたカミさん、とても晴れやかな顔をしておりました。
聞けば、「何故こんな簡単なマッサージで?」という程度のことで、
乳が飛び出したそうです。
その後、乳房がふにゃふにゃになったとか。
そしてU太を診て、「この子はお母さんの栄養がまず脳の活性化に使われたようですね。
その証拠に、普通は5~6ヶ月で人見知りするのに、4ヶ月で既にしています。
しかも表情がとても豊かです。体重の増えについては全く心配ないですよ。」
ということだったらしいです。

多少のおべんちゃらもあったかもしれませんが、これほどの後ろ盾はありません。
大満足で助産院を後にしました。
そんな経緯を経て我が子を見ると、確かに理知的な顔をしておるではないか!
もともと顔色、身体の様子、表情では何の不具合も感じておらず、
ただ体重の伸びだけが不安の種だったので、
もうこれでひと安心と、すっかり大納得の私達でありました。
(このつづきは明日に)
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/175-2a048667