FC2ブログ
2010.04.11 春、満喫中!
ここ数日、告知系の話題が続いていました。
その間、「もりのいえ」で何も起こらずに時が過ぎていたはずがありません。
もう、ずっとGW状態です!

その経緯を、少し遡ってごく簡単に残しておきましょう。

【3月31日】
イギリス人ウーファー・ロバートがやってきました。
前日に中部国際空港に降り立ち、その日は名古屋に宿泊。
翌日やってきて、「もりのいえ」にて2ヶ月滞在の希望です。

「うちの後はどこに行くの?」と訪ねると、
「そのままイギリスに帰国します。」とのこと。
ええ~!
すると、19歳のロバートにとり、「もりのいえ」が日本となるのです。

「せっかくだから、他のところも行っていいんだよ。観光したっていいし。」
と促しても、
「いいえ、ここの暮らしがいいから、ここにいさせて下さい。」とのこと。
ならばどうぞ思う存分ここで過ごしていらっしゃい。

性格が良くて温厚で、真面目で働き者のロバート。
子供たちもすっかり馴染んでいます。
ロバートと子供たち


同じ日、じゅんくんがやってきました。
そのいきさつはこちらを読んでいただくとして、とにかく来てくれて助かりました。
働き者だし、段取りがいいし、何に対しても前向きです。
引っ越し屋さんで働いていたそうで、なるほどと納得。
きっと君なりの素晴らしいゲストハウスができるよ。
楽しみにしています。
家の大掃除をしてくれている二人。
大掃除中の二人


【4月4日】
三人目の滞在スタッフ・れいこちゃんが来てくれました。
来る前から熱烈なメッセージを送ってくれていた、れいこちゃん。
朗らかで働き者です。

彼女が一段とポイントを上げたのは、消しゴムはんこづくりが得意なことです。
図柄が得意なかみさんに比べて、彼女はロゴ(字体)が得意です。
で、何と!私たちの名刺を作ってくれることになりました。
素晴らしい!
どうなるか、期待マンマンです。

その日、突然の宿泊客。熊本からOさん一家が来られました。
岡山の「わら」の船越さんからの紹介です。
そのいきさつを、彼らからのお話で再現すると、

船越さん「この後、どこに行くんだい?」
Oさん「長野の『大地』という幼稚園で一ヶ月暮らします。」
「今夜はどうする?」
「長野に向かう途中で、どこか探します。」
「ならば岐阜の『もりのいえ』に泊まりなさい。君たちにとって参考となるはずだ。」

ありがたいですね。船越さんがそんな風に私たちを見てくれているなんて。
そう言えば、安曇野地球宿で会った若者も、
船越さんから「もりのいえ」のことを知らされていました。

こうしてやってきたOさん一家。
とても一泊では語り尽くせない、良い出会いとなりました。
きっとまた逢えるでしょう。
その時はまたじっくりとお話しましょうね。
Oさんたち


【4月5日】
4人目のウーファー・さきちゃんがやってきました。
3月に来る予定でしたが、家庭の事情でキャンセル。
でも諦め切れずに「どうしても『もりのいえ』に行きたいです!」
と熱いメッッセージを送ってきてくれて、晴れて到着となりました。

川口由一さんの赤目塾や、その他も自然農の研修に参加しているので、
基礎知識はあります。その点、話がスムーズに伝わります。
ただ彼女にとって難関が一つ。
この後登場する外国人ウーファーがやってきたことで、
「もりのいえ」の公用語が半分英語になったのです。

「私、英語が苦手で・・・」と戸惑うさきちゃん。
私もできるだけバイリンガルで会話するように努力していますが、
どうしても英語だけで会話がどんどん進んでしまうことがあり、
そういう時は辛い思いをさせています。
頑張れ!さきちゃん。タダで英会話の勉強ができるチャンスだよ。
滞在延長も希望してきているので、どうぞ好きなだけ滞在していらっしゃい!

そしてやってきたフランス人カップル・ニコラスとナタリーです。
愛称はニコ&ナツ。私はこちらで呼んでいます。
ジャーナリストで、何事にも熱心で陽気な働き者の二人。
彼らが加わったことで、滞在者は6名となりました。

これで、実に賑やかな家族になってきました。
そして、みんな仲良しで、とても良い雰囲気です。
こういう場が育ってきたことが嬉しいです。

【4月6日】
二ヶ月程前に起こした事故の結果、
自動車学校で一日の講習を受けることになりました。
この話をじっくり書きたいところだけれど、一つだけエピソードをご紹介。

この講習、午前は講義で、午後は「奉仕活動3時間」となっていました。
街の清掃などをするらしいです。
この時期は丁度「春の交通安全週間」でした。
午前の講義中でも、「午後はシートベルト着用を促す活動をしてもらいます。」
と聞かされていたので、何をするのか、実は期待していました。

「スーパーの駐車場でビラを配ったり、信号待ちの車に着用を促すのかな?」
そんな期待を見事に裏切った、その「活動」とは?

私を含めて十名ほどの参加者は、
マイクロバスに乗せられて、町中の国道沿いで降ろされました。
そこで「交通安全」や「シートベルト着用」ののぼりを渡された私たち。
国道沿いに並んで、ただ立つことを指示されたのです。それも30分だけ。

「たったそれだけ?」
さすがにどの参加者も首をかしげました。
これって奉仕活動なの?
いやもう、笑っちゃいました。
多治見の国道沿いで、こういう集団を見かけたら、そういうことです。
交通安全のぼり


この日、3日の円徳寺イベントを企画した、メルチさん一家が泊まりに来てくれました。
メルチさん一家

そもそも、奥さんのあやめさんが、
行く先々で「もりのいえのりえさんに雰囲気が似ているね。」と言われていたらしく、
そんなご縁で私たちのことを知ってくれていました。

やがてイベントで逢うようになり、先日のイベントにも呼ばれて、
今回のお越しとなりました。

いろいろ書きたいネタはあれど、ともかくご案内したいのが、
あやめさんが仕入れて染めている「がらぼう」のフンドシです。
はっきり言って、今、私は「マイ・ファースト褌はがらぼうで!」とお勧めしています。
すんごくいい!

近々ネットショップでもアップしますので、お楽しみに。
ともかく、褌を抱いてにっこりの、あやめさんです。
褌娘」


【4月7日】
私たちが暮らす「二渡(ふたわたり)区」の評議委員会が開かれました。
私は今年度、二渡区2班の班長です。
そして、二渡区の庶務を仰せつかることになりました。

庶務は何をするのか?
「会議の議事録をつけるだけだから。」と聞かされていたのですが、大違い。

会議の式次第の作成。
そして、この18日に開かれる「総会」の資料を作成することになっておりました。
この総会は、言わば地区の「国会」のようなものです。

この資料、本来は区長が作成するはずなのですが、何と区長が骨折して動けなくなりました。
大切な会議には出てこられますが、会計さんともども、「パソコンが苦手で・・・」

ということで、結局皆さんの視線が私に集まり、
あらゆる資料を私が作成することとなりました。
この日の評議委員会は、国会に向けての議題の確認作業です。

ま、あれこれ書きませんが、一昨日に夜中の3時までかけて資料を一旦作成しました。
これから確認と修正作業、印刷を経て、国会に臨みます。
さてさて、この先一体どうなりますやら。

それと特筆すべきは、この日の夕食でした。
ナツが焼いてくれたタルトがとても美味しく、しかも大量だったのです。
いやはや、このボリュームにはびっくり!
ナツのタルト


【4月8日】
午前中、念願の作業をしました。
納屋の片付けをしたのです。
ここには、「愛農かまど第一号」を設置します。
そうです。ここが24・25日の「愛農かまどワークショップ」の舞台なのです。
納屋の外観ビフォー

でも見ての通り、周りには廃材が積まれていました。
しかも中はものすごい量のものたち!
納屋の中ビフォー

これを片付けていったのです。
最初は誰もが頭クラクラ状態でしたよ。
それでもこれだけ人数が揃っていると、何でもできるんですね。
あっと言う間に中が片付きました。
すると、ポットントイレの貯め槽が登場しました。
これって、「室」として使えるかも。
ポットン貯め

そして、壁を壊します。
壁を崩す

土壁を剥がすと、見事な木の組が出てきました。
これを残すかどうか苦慮しましたが、この壁は外すことにしました。
土壁の中

この土は残しておいて、「知足ハウス」の土壁として再生する予定です。
土壁を残すことに

やがて最後の片付けも終わり、
壁を取り除いた

俺たちはやったぜ!
見事にあっと言う間に納屋が片付きました。
これで愛農かまどワークショップを開く目処がつきました。
俺たちはやったぜ


話は変わって、
フランス人カップルがやってくる前に、ニコからメールを受けていました。
「実は8日がナツの誕生日なんだけれど、何かお祝いを企画してくれませんか?

「ようし、承知した!」
そこで、この日の午後は二人を私が連れ出し、
その間に、他のメンバーでバースデー・パーティーの準備です。

一方、私たちは知人のBDF(バイオディーゼル燃料)工場を見学し、
下呂温泉で疲れを取って、夕方に帰宅。
ナツが家に入った途端に、皆で祝福して、レイを首にかけ、歌を歌いました。
感激な様子のナツ。

そして食事はベジタリアン手巻き寿司でした。
すんごく美味しかった!
誕生日手巻き寿司

さらに! かみさんが二つもケーキを焼いておりました。
このバラの花びらのようなものは何だと思います?
誕生日ケーキ

リンゴなのでした。これがまたすごく美味しかった!
誕生日ケーキカット

皆から寄せ書きが贈られ、
れいこちゃんからは「菜多里」と掘られた消しゴムはんこが贈られ、感激のナツ。
良かったね。そしてありがとう。
貴女がこのタイミングで「もりのいえ」に来てくれたから、
私たちもとてもハッピーな時を過ごせました。
感激のナツ


【4月9日】
れいこちゃんは、友達の結婚式に出席するため、一時出ていきました。
そして残ったメンバーは手分けして様々な仕事をしました。
じゅんくんとさきちゃんは、稲の苗床を自然農スタイルで作ってくれました。
苗床づくり初体験

おっかなびっくりだったけれど、「私たちは作ったぞ!」
苗床できた~!

ロバートは私と一緒に薪材を運んできて、薪切りをしてくれました。
本当に黙々と働く好青年です。
ロバート薪を切る

ナツは疲れが出てきたので、一日休んでもらいました。
「もりのいえ」に来るウーファー達の半数近くは、
やって来てすぐに体調を崩すことが多いです。

花粉症で苦労する人などもいますが、
私が眺めるに、あまりに環境が激変して、また新しい知識が入ってきて、
心と身体がビックリしているようです。
だから、大抵はデトックス(排毒)だと理解して、
ともかくゆったりと休んでもらうことにしています。

本人は「せっかくここにやってきて、役に立てなくてすいません。」と、
申し訳なく感じることもあるでしょうが、私はこう答えます。
「あなたが布団で横になって、穏やかな気持ちで休んでくれたら、
それだけであなたは周りに愛をばらまいているようなものなんだ。
だから、今ここにいてくれるだけで、あなたが存在している意味があるのだよ。」

ニコはナツの分まで働こうと熱心です。
フォトグラファーでもあるニコは、ネットショップ用の商品撮影をしてくれています。
そして風呂焚きにも熱心です。
皆のおかげで風呂の薪(小割)はどんどん貯まってきました。
風呂を沸かすニコ


【4月10日】
数日前では曇の天気予報でしたが、晴れることが分かったので、
急遽みんなを連れて山菜採りに出掛けることにしました。
ニリンソウ
カンゾウ
ノビル
ヨモギ

その他、天ぷら材を幾つかゲットして、昼食や夕食でいただきました。
「こんな食事は日本人でさえ、滅多にお目にかかれないんだよ!」と、
じゅんくんとさきちゃんが外国人ウーファー達に熱弁をふるっていました。
ありがとう。

ものすごく大量に天ぷらを揚げたのに、あっと言う間に無くなってしまいました。
ありがとう。
ところで、山菜採取中に見つけたこのタンポポ。
どなたか名前をご存知ですか?
タンポポの一種?


午後はみんなである建物の大掃除をしました。
11日からやって来る島本さんご夫婦。
彼らが感情解放プログラムなどの会場として使うログハウスを
徹底的に掃除したのです。

かなり丁寧に掃除した後、私が「よし、もう一度床を拭こう!」と言った時、
「何故そこまでするの?」と理解できないといった顔つきの外国人ウーファー達。
その意味の細かいニュアンスまで伝え切れていなかったからね。

「ともかく、最大の愛を込めて掃除を仕上げよう!」と声かけして、
みんなでかなり綺麗に掃除したつもりです。
これで、参加してくれる人たちへの環境は整ったかな?




そして、いよいよ今日、島本さん達がやって来られます。
怒濤の一週間のイベントが始まります。
きっと加子母で最後となるであろう、今回のイベント。
さて、どうなりますか。
実に楽しみです。


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

「もりのいえ」短期スタッフ急募!
詳しくはこちらをご覧ください!

島本ご夫妻・加子母ツアー!いよいよ始まります!
どのコースも時間厳守でお願いします!
こちらを読んでね!

愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)はこちらからどうぞ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

Secret