FC2ブログ
以前、うちにやって来られた方が、私に質問されました。
「ジェームスエンジンで発電している人が岐阜にいらっしゃると聞いたのですが、
それはmasanですか?」

全く聞いたことが無かったので、「何ですかそれは?」と訊ねると、
熱で発電する仕組みということでした。

その話題を、チームもりのいえのココペリさんにしたところ、
「ああ、それはジェイベック素子のことですね。」と即答。
そして、「それなら私が勤める会社にモデルがありますよ。」とのこと。

ココペリさんもすごいが、そういうものを持っている会社もすごい。
その後、最初に質問してきた方も、
「ジェームスではなく、確かにジェイベックです。」と連絡をくれました。

さて、そのモデル、
何とココペリさんが愛農かまどワークショップの際に、持ってきてくれました!

ところで、名称について確認しておきます。
「ジェイベック素子」で検索しても出てこないので、変だなぁと思っていたら、
「ゼーベック」で、それらしきものが出てきました。
それも「素子」ではなく、「効果」としてヒットしましたので、
今後は「ゼーベック効果による熱発電装置」と理解し、
略称として「ゼーベック・ユニット」と呼ばせていただきます。

その仕組みは、独立行政法人 産業技術総合研究所のサイトで紹介されていますので、
技術的な内容はこちらをご覧いただけると良いと思います。

さて、やってきた「ゼーベック・ユニット」。
意外に小さいです。
ゼーベック発電装置一式

発電装置をアップしてみましょう。
これのどこで発電するの?
ゼーベックアップ

見えているのはファンの部分で、発電するのは底の部分でした。
そちらの面を見てみましょう。
ゼーベックこちらで発電

横から見ると、櫛みたいに見えるスペースは何も入っていません。
つまり、底の面がいわば心臓部にあたるようです。
横から見ると

本当にこんなので発電するの?
「ではやってみましょう!」と、
即実行タイプのブレンディさんが沸かしたやかんを持ってきてくれました。
発電させてみよう

すると、僅かですが、確かに発電しています。
「おお!」
小さく歓声が上がります。
発電しているぞ!

この「ゼーベック・ユニット」。
まだ試験段階らしく、この小さなユニットでも結構お値段がはるらしい。
そして発電量は少ないとか。
しかも対応できる温度帯が狭いとも。

ということで、実用はこれからという印象ですが、
それにしても、世の中にはいろんな技術というか、
知識というか、原理があるものだなと感心しきりです。

例えば車の排気ガスや、太陽熱、
もっと飛躍して人体の熱なんかで発電できたりするようになるのであろうか?
何とも不思議な感じがします。




☆松本英揮発さんのスライドショー(5月18日)は、実はすごいぞ!こちらへ!

○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

Secret