FC2ブログ
ぼうさんやときさんとの出会いと、
吉本有里さんとのこころのふれあい
もうこれだけで十分に満足できた「心の旅」でしたが、
実はもともとの本命がありました。

それは、ある場所を訪れることでした。
(以降、関係する方々の意向を汲み、
 固有名詞での表現は差し控えさせていただきます。)

その場所とは、「氣の力がとても強い」と評判の地でした。
私はかつて、この地方を訪問したことがありますが、
その際にはその地は訪れることなく帰宅しました。

それが、一ヶ月ほど前から急に行ってみたくなり、
以前にもお会いしたAさんにお願いして、その地を訊ねることにしたのです。

昼前に待ち合わせ、昼食をとります。
「かつては治療目的でやってくる人が多かったのですが、
マスコミで紹介されたおかげか、最近は若いカップルが増えましてね。」

ま、ありがちな展開ですね。
「そして、道が大渋滞を起こすようになったので、街も対応に追われています。
それに最近はマナーがあまりよろしくない人もいて・・・」
なるほど、なるほど。それもありがちなことで、ご苦労様です。

そんな四方山話をしながら昼食を済ませ、いざ出発です。
ところで、私は氣が見えたり、感じたりできるのかということにつきまして、
正直に書きますと、よく分からないです。
「何だか、そんな気がする」という程度の氣です。
ですから、実際にその地に行って、何か分かるのかなぁ?

そもそも、何故、今回その地に行きたくなったのかというのは、根拠がありません。
ただ、いきなり「今、行きたい!」と感じただけでして、
その直感を頼りにここまでやって来たというのが本音です。
そんな私がその地に行って、何か感じることができるのであろうか?
ま、今更ジタバタしても始まらないので、コトの流れに身を任せました。

私の正直な心境をAさんに話すと、何故だかAさんは喜んでくれました。
「その地を訪れることがmaasanにとって良いきっかけとなるのでしたら、
それはとても嬉しいことです。」とのこと。
そのために忙しい中、時間を割いて下さっていることに感謝です。

さて、Aさんの誘導で山に入ってしばし進みますが、
ある道を曲がる頃から私は変化を感じ始めました。
ドキドキというのか、ザワザワというのか、
何とも表現できない妙な気分になってきたのです。

そのことはまだAさんには伝えないでいたら、
Aさん、「氣場はあそこなんですけれどね。」と指をさして、
「近づく前にちょっと他の場所に行きましょう。」と私を誘いました。

その場所は見事な林でした。
若い芽が一斉に息吹き、とても美しい光景でした。
私はその姿にとても驚き、しばし立ちすくんでいました。
「こんな林を私は見たことがないですよ。」
しきりにシャッターを押す私。それを見て満足気なAさん。
傍で湧き出る水もとても美味しかった!

「では、行きましょうか?」と先導していただき、例の地に向かいました。
やがて到着。
「特にこの辺りの氣が強いと、よく言われています。」という場に立ちました。
でも、当初のドキドキ感が続くだけで、特別に感じることはありません。

「実はここに到着する前に通ってきた、あのカーブの辺りに入ってからは
ドキドキしていたのですけれど。」と伝えると、
「ほう。masanは感度がいいですね。
実はあのカーブの辺りから既に氣場に入っているのです。」とのこと。

なあんだ、そうだったのか。納得です。
でも、「一番強い」と言われている氣場では、特に感じられません。

すると、次第に私の身体に変化が起き始めました。
まず、僅かですが酔ったようなぼや~とした気分になってきました。
数分経つと、今度はお腹が少し痛くなってきました。
ちょうどヘソのあたりのお腹の中が、わずかですがチクチクするのです。
「こりゃ参ったな。催してきたか?」と戸惑いましたが、
やがて痛みはすぐに止みました。

そしてしばらくすると、今度は頭の右上から右後ろにかけて、
何かが覆いかぶさったような、鈍い違和感を感じる様になりました。
何だろう、この感覚は?
感覚が麻痺しているような、妙な気分です。

その状態をAさんに伝えたところ、おもむろにAさんが語りました。
「佐々木茂美先生(?)は、『ここは氣浴ができる場だ。
ここにいると、細々としたことは気にならなくなる。』とおっしゃっていましたね。」

なるほど!それを聞いて納得です。
そうなんです。まるで『氣のお風呂』に入っているかのような気分なのでした。
そこで私はこれからこの地のことを『氣風呂』と呼ぶことにします。

さて続けて『氣風呂』に入っているうちに、
頭の鈍い感覚だけを残して他の変化は去っていきました。
なおも続けて入っていますと、突然、ある言葉が浮かびました。

「どうだっていいじゃないか!」

その言葉に驚き、そしてとても腑に落ちました。
お会いしたことはありませんが、佐々木先生がおっしゃったという通り、
確かに「細々としたことなんて、もういいじゃん!」
という気分になってきたのです。

そういう気分で私自身を振り返ってみると、
細かい事に対して、実に細かいことを考えたり、してきたものだ。
もうそれで十分ではないか。
「私はここに在る。」
それで良いではないかという気分になってきたのです。

私が得心したような顔つきになったので、Aさんは『氣風呂』から私を出し、
他の場所に向かいました。
道すがら、その時の私の心境を伝えます。
Aさん、嬉しそうにして「でも、今までの人生は無駄ではないですからね。
だから今のmaasanがあるのだから。」とフォローしてくれました。
ありがたいです。

他にも意外な場所にある「氣場」に連れて行っていただき、
私のミステリーツアーは終了しました。
Aさん、本当にありがとうございました!

そして帰路につきます。
たった一泊二日の旅だったけれど、実に中身の濃い旅でした。
運転しながらそれらの出来事を振り返っていきます。

「地球宿のぼうさん、ヒッチハイクですぐに乗せてもらえて、
無事、目標の時刻までに到着したそうで、良かったなぁ。
それにしても、トラックの影から姿を表して、
『見つかったから行くよ~!ありがとう!』と言わんばかりに、
全身で飛び跳ねて手を振って、ぼうさんって少年のようだったなぁ。」

と笑った瞬間、私の腹の底から大きな感情がわき上がってくるのを感じました。
「えっ? まさか?」
そうなのです。いきなり感情解放が始まったのです。

年末の感情解放プログラムでも、春の様々なセッションでも感じたことのなかった、
身体が震えるような感情が初めてわき上がってくるのを感じたのです。

「今だ!」
私はこの感情がわき上がるのを押さえることなく、ワッと起こしていきました。
そして車の中で大声で叫びました。
その瞬間、涙がぶわっと湧いてきたのです。

車を運転しながら、大声で叫んで涙でくしゃくしゃになるんなんて、
傍から見れば何と滑稽な光景かもしれませんが、
その時はそんなことを気にしていません。

そして私は泣きながら次第に笑い声になっていました。
「なぁんだ!今の私に足りなくて、必要だったのは、『少年の心』だったんだ!」
そう感じた途端、ストンと腹に収まりました。

そうでした。
私は子供の頃、ものすごいコンプレックスを持っていて、
引っ込み思案で、人見知りが強くて、人前で話すのが苦手で、
文章を書くのも自己表現も下手で、
そんな自分が嫌で嫌で仕方なかったんだった。

そして「早く大人になりたい!」とばかり願っていたのでした。
だから同年代に比べて常にマセた子供で、大人ぶっていました。
例えば小学校の卒業アルバムで、同級生が「パイロットになりたい!」とか、
「お花屋さんをやりたい!」なんて書いている脇で、
私は「会社の重役になりたい。」と書いているような子供だったのです。

そして実際に大人になっても、二十代の時は三十代のように見られたがり、
三十代の時は四十代のように見られたがっていたんだ。
つまり、「今」を生きていなかった。
我慢と、とりつくろいを重ねて、しったかぶりをし続けてきたんだ。

そんな私の原点。少年の時に少年でなかった私に、もう一度向き直そう。
嬉しい時に笑い、悲しい時に泣く生き方を取り戻そう。
それでいいじゃないか!

途中からは涙も消え、私は大笑いをしておりました。
いやぁ、愉快だ!
ぼうさん、ありがとう!
あなたのあの無邪気なはしゃぎ様が、腹の中の感情を生んでくれたよ。

有里さん、ありがとう!
貴女との会話やセッションを通して、感情がわき上がるのをスムーズにしてくれたよ。

そして、氣場よ、ありがとう!
お前に出会ったことで、スイッチが入ったような気がするよ。
導いてくれたAさん、ありがとうございます!

こうして、最後の最後に思いもよらぬ展開から、
とっても気分良く帰宅できたのでありました。
人生は素晴らしい!




*わらべ村イベントの準備スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!

☆松本英揮発さんのスライドショー(5月18日)は、実はすごいぞ!こちらへ!

○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

Secret