FC2ブログ
イベント後のデトックス(排出)を経てスッキリした私は、
スタッフを促して、やおら掃除を始めました。

まずはイベントの後片付けをして、
それから母屋の部屋を一つずつ丁寧に掃除していきます。
客間や居間や土間の、本来のあるべき姿が次々と現れてきて、
その姿を初めて見たみほちゃんは、とても驚いていました。
まるで「この家って、こんなに綺麗になるのですか?」という様子です。

お次は家周りです。
家の前の畑や周りの草刈りをして、
玄関周りを片付け、鬼門だった農具置き場を一気に片付けます。
「この辺りを片付けるよ!まずは全てのモノをこの場から切り離そう!」
と声かけした当初は、ロバートなんて「マジかよ?」という顔つきでしたが、
それが本当に片付いてくると、彼の様子も変わってきました。

面白いなと思うのは、片付けや掃除をすると気持ちが軽やかになることです。
今回のみんなの様子もそうでしたが、
「やればできるじゃないか!」という自信もつき、
本当に気や物事の巡りが良くなります。

最近は「断捨離(だんしゃり)」が流行っているようで、
かみさんも本を読んで、やおら片付けてくれるようになってきました。
私はその内容は知りませんが、片付けや掃除の理解者が増えて嬉しい限りです。

さて今日は、「ゴミ捨て場の辺りを片付けるよ!」と伝えておりました。
そしていざその前に集合した際、
「ここにあるものを全て一旦外に出そう!
ここを新しい薪置き場にするから。」と宣言しました。

これにはスタッフの誰もが「嘘でしょ?」という顔つきになりました。
というのも、そのスペースにはギッシリとモノが詰まっていたからです。
その広さは、幅1m×奥行き約6m×高さ2m。

私は黙って行動に出ました。次々に中身を出していきます。
そのほとんどは、木材の端材でした。全てカラカラに乾いています。
今まで、「いつか何かに使えるかも。」と置いていたのですが、
そうやっておくといつまでも置かれたままです。
だから今回思い切って「本当に使えそうな一部と、薪にする大部分」に分けたのです。

するとかなりの薪材が現れました。嬉しいですね。
これだけ乾いていると、梅雨の時期に重宝します。
そして何よりも嬉しいのは、十分な薪置き場のスペースができることです。

今まで十分なスペースが無かったため、
薪が乾き切らないうちに使うこともありました。
そうなると火のつきが悪いのです。窯やストーブにも悪い。

それが、何と!今までと同じだけのスペースができたものですから、
これでかなり安心できるようになりました。
しかも従来の薪置き場のすぐ裏だから移動も楽です。
逆に言えば、「何で今までこのことに気づかなかったのだろう?」

これは、いろいろと心と身体と身の回りの掃除をしたからだと思います。
掃除をすると、良い意味での心の隙間ができるのでしょうね。
その隙間から新しいアイデアが浮かぶような気がします。

そうこうするうちに全てを出す事ができ、地面を平らにし、
薪が直接地面に触れないように瓦を敷き、瓦の凹んだところに板を敷いて、
新薪置き場があっと言う間に完成しました!
新薪置き場

嬉しいですね。念願の薪スペースです。
そのことを喜んでいたら、ふらりとすすむさんがやってきました。
すすむさんは、加子母で唯一の有機JAS認定を受けている農家さんです。
なかよし家族のやすこさんのダンナと書いた方が分かりやすいか。

すすむさん「maasan、今年の米の調子はどうですか?」
私「ま、ぼちぼちですね。加子母百年米をいろんなパターンで育てていますが、
うまくいっているところがあれば、あらかた鳥に食われたところもあり。」
「そうですか・・・実は、田んぼが一つあるので、使ってみませんか?」
「へっ???」

すすむさんが毎年使っている田んぼの一部が結構泥が深く、
機械がよく沈んでしまうのだそうです。
それでも毎年なんとか使いこなしてきたけれど、
今年は他にも田んぼが増えてきたので、
その「沈む田んぼ」にそうそう構っておれなくなり、
「手植えだったら大丈夫だから、
もしかしてmaasanたちならやらないかな?と思ってね。」とのこと。

ありがたいお言葉です。
早速かみさんに伝えたところ、かみさんも大喜び。
で、いつもながら一番の課題は「時間」です。
うちの周りで好きなようにするのとは異なり、
普通の水田でそれなりに管理するとなると、それなりに時間を割く必要があります。
でも、これもある意味で「人生の試し」でしょう。
やれるか、やれないか。やってみなければ分からない。

ということで、お借りすることにしました。その広さ、約1反。約300坪です。
すすむさん曰く、順調に育てば、
一家が一年分食べられるだけの収穫が期待できる程度の広さだそうです。
ありがとうございます!
まずは今年はコシヒカリの苗もいただいて、水田に初挑戦することにしました。

で、ともかくもその田んぼを見に行く事にしました。
行ってビックリ!素晴らしいロケーションです!
この左奥が、今回私たちがお借りできる田んぼなのです。
新田んぼ1

反対側から見てみると、手前が今回お借りする田んぼ。
その右脇には清流が流れ、「ほたるの里」として整備された場があります。
毎年子供たちを連れてホタルを見に行く場所の隣で稲を育てられるなんて、
何と幸せなことでしょう。
そしてこの田んぼにもホタルが舞うそうです。農薬使わないからね。
新田んぼ2

さらに楽しい事には、牛飼いのなっちゃんの牛舎も隣に建っています。
丁度なっちゃんと、結婚したばかりのダンナがいたので、
「今度隣にきます!」と早速ご挨拶しました。
知り合いに囲まれて、何とも居心地が良いです。
新田んぼ3

この田んぼからは「加子母の大杉」も見えます。
嬉しいな。これからここが「もりのいえ」の新しいフィールドだ!
新田んぼ4

こうして、図らずも新しい耕作地がやってきました。
今日一日で得た恵み。それは、
・新しい薪置き場
・乾いた薪
・新しい田んぼ
・そしてもちろん、人のつながり
それらは「もりのいえ」の新たなステージです。

どうしてこんなに素敵な恵みがやってきたのか?
それは、「心」と「身体」と「身の周り」の掃除をしたからとしか思えません。
ありがたいことです。
そして、何と!
いきなりですが、明日、田植えをします!ジャーン!



「もりのいえ」は、
宿屋として本格スタートします!
宿泊の予約を承ります!
どうぞヨロシク!


☆吉本有里さんライブ(6月13日)は超オススメ!
詳細はこちらへ!




実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

Secret