ここまでとても順調にきたので、
「後は楽勝か?」なんて楽観視していたのですが、
実はここからが最大の山場なのでした。

木型は曲線でできています。
その線に合わせてレンガをカットする作業が待ち構えていたのです。
レンガに印をつけて、「ハイ、切ってください。」と渡してくる野呂さん。
1レンガアート始め

「ええ~!本当にこれを切るの?」と言いながら積極的に作業してくれたのは、
新潟からお越しの、いしのさんでした。
昨年、大病をして、無菌室で入院するうちにネットで【もりのいえ】を知り、
退院後に来てくれた、いしのさん。
2石野さん頑張る

今回も時間が取れたとのことで急遽来てくれました。
そしていきなりの重大任務!もう大助かりでした!
いしのさんを見ていると、「私はこれからは自分がやりたい事をして生きるぞ!」
というオーラを感じます。私も見習いたいものです。

野呂さんから何度も追加の指示が出て、キレイにカットされていきます。
3木枠に木型

最後には木型をひっくり返して、それにレンガを当ててチェック。
4木型を裏返してチェック

うん、なかなかいい感じ。
5いい感じ?

「では、次はこれをお願いします。」
「ええ~っ!」と言いながらも再度チャレンジするいしのさん。
6続々と指示

こうして木枠の周りのレンガアートが揃いました。
いや見事!
7レンガアート揃った

この日は17時頃に作業を終える予定でした。
そしてこの作業の頃がちょうどそんな時刻でした。
でも誰も終わろうとしない。
「もう少し出来上がった姿を見たい!」との思いが皆に共通していました。
そんな思いを乗せながら、レンガをつないでいきます。
8レンガアートをつなぐ

「さあて、うまく木型がはまるかな?」
「おお、いいかも!」
9うまくはまったかな?

右側がうまくはまったので、今度は左側です。
こちらはドームの上に粘土を練り込んでいきます。
10粘土を塗る

やがて七段目が完成!時刻は19時!
でも皆、満足気な顔つきです。
真ん中の枠に収まるのは、
この秋にはシアトルに移住するという、東京在住のひろみさん。
「将来はアラスカに移住して、愛農かまどを作りたい!」という貴女の願い、
いつか叶うといいね。
(クリックすると大きくなります。)
12初日はここまで

いやぁ、初日でここまで出来たよ!
凄い!
これで翌日には完成を見られる目処が立ちました。
その夜はすっかりとリラックスして、つい深酒になった私たちでありました。
13七段目正面

(つづく)



これからは【宿屋もりのいえ】をヨロシクお願いします!
宿泊の予約を承っています!




農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

Secret