FC2ブログ
ついに最終日を迎えました!「愛農かまどワークショップ」!
いやぁ、感動ですねぇ。
よくぞここまで来たものだ!
では、早速ログを始めます。

全九段のうち七段目まで済ませ、
しかも、「木型周りのレンガカット」という最大の難関を越えたこともあり、
すっかり余裕をかまして前夜遅くまで過ごした私。
朝目覚めた時は、まだ疲れが残っていました。

そういえば、ワークショップの前日まで大阪出張していたこともあり、
一息つく間もなくイベントに突入して、疲れが少しずつ貯まっていたのですが、
初日のハイペースに気が緩んでしまいました。
お陰で二日目の朝、眠い!

初日はとっても良いお天気でした。
二日目は予報では曇のち雨。
そこで、朝食後早々に作業開始です。
初日だけで帰っていかれた方々に代わって、
二日目のみの参加の方々も続々と登場。

「さぁて、セメントワークを始めようか。」と声かけして間もなく、
異変に気づきました。
初対面の、こいたさんの動きがとても良いのです。
セメントの練り方、道具の扱い、動きにそつがありません。
「もしかして、あなたはプロ?」
「はい、基礎屋です。」
1こいたさん凄い!

やったー! 
結局この日のセメントワーク大部分はこいたさんにお任せし、
私をはじめ、初日チームはその姿を眺めては、
「おお、凄い!さすがプロだ!」と賞賛し続けておりました。
私のサインレンガも綺麗に積み上がります。
2Maasanも積まれた

例えばレンガの積み方一つ取っても、プロは四方の隅で水平を取り、
後で内側を積むという手順。
3隅で平行をとる

積み上がったレンガを、水を含んだスポンジで素早く拭き取るという作業。
言われてみれば当たり前のことなんだけれど、
そんなコト一つ一つに歓声が上がります。
6プロのスポンジワーク

着々とセメントワークが進む中、
こいたさんの奥さん・れいこさんと陶芸家のながつかさんはマイレンガづくりにいそいそ。
ながつかさんは磁器作家だそうな。次回是非作品を見せてください。
こいたさんご夫婦はまさにおしどり夫婦だね。素敵なお二人にお会いしました。
4はまちゃん奥さんとながつかさん

前日に声かけして急遽来てくれたいっちーは、
前日の石野さんの役割を見事に引き継ぎ、
レンガアートに燃えておりました。
5レンガアートのいっちゃん

そんなこんなで、八段目がどんどん仕上がっていきます。
これは後ろから眺めた図ですが、木型の一部が手前に尖っているでしょ?
つまり、その部分だけ空洞が増えるということになります。
7八段目裏

左手の裏側が窯口に当たりますが、そこで起こった炎は、
一旦釜底に当たって左巻きに迂回し、この図の左下のところにやってきます。
通常ならば、丸く作られた空洞(煙道)を炎が進むはずなのですが、
何故こんなところに尖った空きスペースがあるのか?

真相は分からないのですが、野呂さんや私の見解は、
「きっとここで“ため"を作って、
炎がさらっと流れ過ぎないようにコントロールしているんじゃないか?」というものです。
自然の川の流れって、蛇行する時に“ため”の部分ができるでしょ?
きっとそういう働きをしているんじゃないかというのが私たちの現在の見解です。
こんなところもきっと貴重なノウハウなのでしょう。

窯の後ろ側には煙突も設置します。
このサイズの窯には、内径95mmのものが最適だとか。
そこまでは知らなかったので、手持ちの105mmを設置します。
それがどのような結果を呼ぶのかは、使ってみなければ分からない。
8煙突仮入れ

木型に煙突を刺したところ。
木型が結構へたってきています。
次世代の木型を残したい気持ちがますます高まります。
(手タレはブレンディさん。)
9木型に煙突

煙突の内部。特に意味はありませんが、
こういう図はこの時しか見られないので、いろんな構図で記録取り。
10煙突内部

八段目がもう少しで完了です。
ここまでの作業で、既にギャラリーはこいたさんのセメントワークに賞賛の嵐です。
11八段目あと1ピース

そして、九段目に突入です。いよいよフィニッシュかぁ。
12九段目開始

いっちーは一人裏側の煙突上にマイレンガを設置。
「この場所は後で見られなくなるよ~!」とからかわれております。
13いっちゃんサイン

九段目は最後の段となるので、上の面も仕上げモードです。
何気ない途中作業の図でさえ、何とも絵的です。
14九段目いい感じ

さぁ、いよいよ完成かという一歩手前で、新潟のいしのさんがお帰りになる時刻に。
いしのさん(中段左側の枠)、初日は本当にありがとう!
二日目は疲れと酒が少し残って、体力を温存されていましたが、
あなたの「残りの人生、やりたいことをやる!」という姿勢は、
私も大いに刺激を受けました。これからもよろしくね!
何故かwvoメンバーの小出さんが乱入している理由は後述します。
(画面をクリックすると大きくなります。)
15九段目あと1ピース

こうして、全く順調に最終日の作業は進んでいきました。
(つづく)



これからは【宿屋もりのいえ】をヨロシクお願いします!
宿泊の予約を承っています!




農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

Secret