私は何をしたいのだろう?何ができるのだろう?

【もりのいえ】らしさって何?

最近、そんなことをつらつらと考えています。
今までに【もりのいえ】はいろんなことをしてきました。起きてきました。
その一つ一つがドラマであり、全てが物語です。

その上で、これからの【もりのいえ】を考えた時に、
「これぞ、【もりのいえ】が、私がすること!」というものを
探し始めていると言ってもいいでしょうかね。

そんな中、まだまとまり切れてはいませんが、
次のような企画をまとめ始めました。
タイトルはまだ決めていません。
皆さんの忌憚ないご意見をいただければと存じます。


【もりのいえ】新企画
「                    」

心の駅【もりのいえ】の物語を、どうぞあなたもご一緒に。

そこを訪れたことで何かしら心が休まり、身体の調子も良くなるようなスペース。
そんな場のことを私は「心の駅」と呼んでいます。
心の駅は世の中にたくさんありますが、【もりのいえ】もその一つです。

しばらく滞在する人、ここで一息ついて次の駅を目指す人、通りすがりの人。
形は様々ですが、この心の駅を訪問する人は、
人生に何かしらの疑問や課題や夢を持ったり、または不安や身体の不調を訴え、
何か答えを得られるきっかけはないだろうかと求めているうちに、
ここに辿り着く方が多いようです。

【もりのいえ】を始めて以来、
そのような「心の旅人」たちが数多く訪問されました。
彼らと接しているうちに気づいたことがあります。

それは、「答えはその人の内にある」ということです。
一人一人が心の内にある「生きる力」に気づき、伸ばし、自信をつけることで、
人は見違えるほど輝き始め、強くなります。そして心豊かに暮らし始めます。

【心の駅・もりのいえ】は、そんな素晴らしい物語が数多く生まれた舞台です。
この舞台をもっと大勢の方に活用していただきたい。
そんな思いから新しい企画を考えました。
今のところはまだ整理ができていませんが、以下、キーワードを並べます。

◆メインテーマ:生きる

◆サブテーマ:毎回サブテーマを決めて、それに関心を持つ人々が集い、
       ワークや語り合いを通してシェアし、高め合う。

◆何を高めるのか?:一人一人の知識、経験、意識、波動など

◆イメージ:塾でも学校でも会議でもない
      参加した人が対等に集い、一人一人が主人公で、シェアできる場
      教えられるのではなく、伝えるのでも気づかそうとすることもなく
      その人にとって自然にタイムリーに気づきがあるようなきっかけ
     
◆実施イメージ:【もりのいえ】の他の用事が無い、毎週末(土日)

◆基本パターン:土曜日午後に集合し、ワークや語り合いを実施。
         日曜日に紙に描いて表現。その後、シェアリング。

◆サブテーマ案:
①「我が半生を振り返る」
  十歳毎に区切ってトピックスを書き出すワーク。
  それを眺め、感じたことを書き留める。

②「夢を語る」
  「そんなの無理!」という壁を全て取り除き、あらゆる言い訳を排除して、
  夢を思いっきり描いて語る。

③「身近な存在に己を映す」
  【もりのいえ】にご縁を持った身近な人々にゲストスピーカーになっていただき、
  その方の生き様・考え・表現をきっかけに、己を投影して語る。
  候補:(手元メモでは具体的に挙げていますが、ここでは割愛します。)

◆ワーク案:
(大がかりなワークショップではなく、きっかけを掴めるような簡単ワーク)
  ・愛農かまどでの調理
  ・ロケットストーブ式キッチン製作
  ・わらじづくり
  ・アフリカンダンス
  ・笑いヨガ
  ・ティピ製作
  ・瞑想
  ・詩の朗読
  ・山菜・きのこ採り


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


Secret