FC2ブログ
2011.01.09 新春コト始め
早いもので今年ももう9日が過ぎましたが、
この間も様々な出来事が起き、進んでいます。

年末年始を共に過ごした、のじゃとさやかちゃんが去っていきました。
二人とも11月に一度来て、一旦別のところに向かい、また戻ってきてくれました。
二人との出会いはきっと今感じている以上に大きな意味を持つのでしょう。
ともかくご縁を持たせてくれてありがとうね。
(でも、のじゃは醤油搾りワークショップに合わせて戻ります。これで5回目の家出?)
1のじゃとさやかちゃん去る

二人が去り、残ったのは千ちゃん一人。
残り数日間を共に過ごそうね。
千ちゃんと向かったのは、地区の左義長です。

出掛けるのに手間取り、
「もう終わっちゃうよ!」とU太に叱られつつ会場に向かうと、
確かに真ん中の竹は既に倒れておりました。
でもそれからの時間がけっこう長いのだよ。
火がおきになるのを待ち、ようやく調理開始です。
2左義長始まる

昨年は長い竹の先にパンを巻き付けて焼いたものですが、
今年は何と!物置からキャンピングセットを発見したので、
我が家もモダンになりました。
3千ちゃんと左義長

ということで今年のウリは、「網焼きパン」!
玄米餅に混じって、平べったいのがそのパンです。
4今年は網でパン焼き

そしてウリ第二弾が、数々のディップ
・さつまいもバター
・黒豆のフムス
・アマランサスのタラモサラダ
・千ちゃんのジャンク・チョコレート
・特製ベジカスタード
・甘さ控えめ小豆
5数々のディップ

パンもディップも、もうどれも美味しいのなんのって!
何と! 最後の小豆以外は全て千ちゃんが作ったとのこと!
最近、料理に目覚めたらしい千ちゃんです。

皆で「これはいけるね!」を連発!
ちなみにこれはチョコレートとカスタードのダブルづけ。
本当に美味しかったよ!
「網焼きパン」、いけます!
わらべ村アースマーケットでもやってみようかな?
6カスタードとチョコ

こうして、満腹にして左義長参加は終了。
その後、私は薪ストーブと煙突掃除に邁進していおりました。
こちらも無事終了し、
再び綺麗に燃え出した薪ストーブ「ロビタ」にほっと一息。

今日は、友人のザビさんが久しぶりにやってきました。
彼とは「かつて共に学んだ同士」というような感覚でいます。
元旦に熱いメッセージをいただき、逢いたいなと思っていたら、
突然再会が叶いました。

ザビさんとのお話は面白く有意義で、千ちゃんも横で聞き入っていました。
そして午後は私の当初の予定作業を共にしていただくことになりました。
それは、鹿肉の解体作業です。

二日前に仙人からいただいてきた鹿肉。
「少し血が混じっているから、十分に血抜きしろよ!」
とのアドバイス通りに、帰宅してすぐに塩をすり込み、
二日間ぶら下げて血を抜いていました。
それをぬるい水で洗います。
7鹿肉を洗う

外は雪だったので、土間にブルーシートを敷き、
手分けして解体作業開始です。
見守るU太。自分もやりたいけれど、まだちょっと怖いという風情。
8ザビさんと解体開始

できるだけ肉を切らずに、筋と薄皮をはぎながら、肉片を外していきます。
9筋を外していく

この間、ずっと無言の私たち。
極寒の土間にいながら、寒さを感ずることなく、黙々と作業していました。
作業の最後あたりになって、ようやくザビさんがひと言。
「・・・おもしろいですね。」

そうなのです。筋肉のありようやつながりを観察し、
それを外していくのは、まるで時計を分解する時と同じ様なワクワク感なのです。
同じ体験をしたことがない方にこの感覚を伝えるのは難しいのですが、
とても敬虔な気持ちと、感謝の心と、そして楽しさが加わった感覚です。

さて、結構時間がかかりましたが、
それぞれ幾つかの肉片に分けることができました。
10解体完了

これに塩をすりこみ、
11塩をすり込む

重しをして今日は終了。
この状態で二日間おきます。
12石を置く

年の初めに思い出深い体験を二人で済ませ、
ザビさんは去っていかれました。
また逢おうね。

さて、厨房では千ちゃんがうどん作りに精を出していました。
最近、料理づくりに芽生えた千ちゃん。
その挑戦する姿が美しい。

昨日、風呂に入った時、U太が私にささやきました。
「おとうさん。あのね?」
「うん?どうした?」
「千ちゃんはね?」
「千ちゃんがどうした?」
「千ちゃんはやるきだよ。」
「がはは!」

子どもの目にも彼女の変化が見てとれるのか?
ともかく俄然厨房でやる気満々の千ちゃんですが、
実はもともとこういうのが好きだったとか。
鷹が爪を隠しておった訳ですな。

夕食は千ちゃんのうどんに、私の天ぷら。
もうお腹パンパンで、現在、全身の血が胃に向かっております。
そして明日はピザパーティだ!
13手打ちうどんと天ぷら

さて、かみさんは縫い物に燃える時代に入りました。
KAN太のおむつカバーに始まり、いろいろチクチクしてくれています。
そして私のリクエストに応えて、尺八袋も作ってくれました~!
14尺八袋

かみさんはバレンタイン時期に向けての焼き菓子づくりも始めました。
早ければ今月後半にも発表できるよう、張り切っています。
この時期が過ぎれば出産モードにはいるため、当面は焼くことができないからね。

最後にU太画伯の登場です。
相変わらずの素晴らしい構図です。
羨ましいなぁ。
15U太の新作

ということで、早速盛りだくさんの【もりのいえ】であります。
明日はいよいよ新作地球暦の発表ですよ!
乞うご期待!



1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月19(水)20(木):今野華都子先生と行く伊勢神宮参拝 詳しくはこちら

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)詳しくはこちらへ!

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
Secret