先日、大きな感動を呼んだ「お醤油搾りワークショップ」でしたが、
その後、今年の仕込みについて、ときさんと打ち合わせていました。

今年の仕込みを共にするメンバーについて、
ときさんからは、次のような思いを受けていました。

・・・・・・・・・・
第一希望はあそこで同じ時を過ごした方々が仕込みをしてくださることです。
それくらいの伝達スピードがいいと思います。
「今年も再会したね。元気?あなたも、もろみも。」
そんなスピードがいいです。
「発酵、手作業」というゆるやかで持続可能で、ゆったりとしたスピードと、
「ネット」という瞬発力があって、持続性がないスピードの差が少し心配です。

発酵は流行りでもあるから、
流行のスピードに飲み込まれないように気をつけようと思っています。
一方で、ネットを通してのスピードと公開性が
埋もれるしかなかったものを掘り起こす可能性もあります。
その辺のバランスのなかで、このことを進めましょう。

今回、搾りをさせて頂いて、もりのいえのスタンスを感じました。
いままでも感じていた「もりのいえ」への安心感がいっそう深まりました。
・結果的に参加者みんなが日帰り。
・お醤油を買っていったとしても、それは、商売ではなく、分配の範囲だったこと。
・イベント提供をする会場の負担と、金銭的釣り合いがあったかといえば、たぶんない。
・ましてや、りえちゃんには負担が大きかったのではないだろうか?
・でも、帰っていった人はみんななにか、新しいものを得た感じ。
・そこに喜びを感じている。
・地元の仲間が確実に育っている。
しきたり世界の中にいることも、共感の仲間が増えることも。

これがいいと思います。

だから、この範囲で仲間を集めてもらいたい。
出来れば、地元の範囲。
田舎レベルの地元。要はそこに集う人。

その方が、もりのいえにとっても、ホストにならずにすむと思う。
まずは、その範囲で募集をかけるとのことで、ホッとしています。
「一気に集まる1000人」よりも、
「集まるべくして集まった10人」という世界でいこう。」

・・・・・・・・・・

その意図を汲み取り、
まずは【もりのいえ】としてのスタンスをはっきりさせるために、
以下の様なご案内文を作りました。

・・・・・・・・・・

お醤油を一から自分で作ってみませんか?
「もりのいえ・お醤油倶楽部」のご案内

 私たちの暮らしに欠かせないお醤油ですが、現代では本来のお醤油に関係のない様々な添加物が加えられるものが多く、本物のお醤油は少なくなっていると聞きます。安心安全な食品を得るには自作するのが確実ですが、お醤油作りは難しいとされてきました。そんな中、信州の故萩原忠重さんが独自であみだした製法は、従来の常識を覆す様々なアイデアに溢れており、それによって家庭でもお醤油づくりが可能となりました。その後、お弟子さんの岩崎洋三さんが受け継ぎ発展させてきた製法が各地で伝わり広がりを見せています。この度、私たちの友人で岩崎さんのお弟子さんでもある井上時満さん(ときさん)が、お醤油づくりを私たちに指導してくれることとなりました。その製法を私たちも受け継ぎ、是非ものにしていきたいです。つきましては、「自ら醤油を仕込み、管理し、本物のお醤油を手にしたい!」という本物志向の志と活動を共にする仲間を募集します。一年をかけて共に醤油づくりにいそしみ、成果を共に喜びたいと思います。その思いが広がることで、私たちの発酵文化が次世代に引き継がれていくことでしょう。口数が限られていますので、お早めにお申し込みください。
2011年1月吉日
岐阜・加子母・もりのいえ 森本正則(Ma-san)

「もりのいえ・お醤油倶楽部」メンバー募集!
一樽分(一升瓶で30本程度)のお醤油を自作する権利を三口に分けて募集します。一口で一升瓶にして10本程度のお醤油を手にできる見込みです。(仕込みの管理状況により、成果は異なります。)
【参加費】 一口10,000円(もりのいえでの管理や連絡手間などの経費を含みます。)
【募集口数】9口(口数が埋まり次第、締め切ります。)
【参加要件】麹の受け取り、仕込み、温度管理、諸味(もろみ)の返しなどの作業を共に行なえる人。
【管理場所】もりのいえ
【作業】  ときさんから随時指導をしていただきますが、実際の作業は私たち全員で行ないます。全てでなくとも、可能な限りご参加ください。作業スケジュールはメンバーで相談し合いながら決めていきます。来年明けにはときさんをお招きして、搾りの作業を共に行ないます。その行事には必ずご参加ください。
*一度に一樽分(三口)を申し込まれる方は、もりのいえではなく、ご自分の好きな場所で自己管理することもできます。友人と三人で三口を申し込み、自分たちの好きな場所で管理することも可能です。その際は、一樽分25,000円程度の費用で開始できます。(費用は麹代金や手間などにより前後します。)
*麹屋さんへの麹の受け取りに行く際の経費など、追加でかかる費用については、都度相談しながらシェアさせてください。

今回、この企画に関わるメンバーは、共に助け合い、活動し、感動を分かち合う仲間となります。
本物の醤油づくりを通して、人としてのつながりを深めていきましょう!

・・・・・・・・・・

そして、まずは前回の参加者から告知をさせていただきました。

すると、あっと言う間にメンバーが集まりました。
メンバーは以下の8名と、【もりのいえ】。
ひろさん、めぐちゃん、ゆきちゃん、こいたさん、たかはしさん、
くみちゃん、なっちゃん、そして新人・ひとえさん。
図らずも、ときさんが希望した「集まるべくして集まった仲間」が揃いました。

ということで、「もりのいえ・お醤油倶楽部」発足しました。
今ここで読んでいらっしゃる方には申し訳ないけれど、
まず今年は既に決まったメンバーで始めます。

これから先、「お醤油倶楽部」の活動を公表していきますが、
もし「その日の作業を一緒にしたい!」という方がいらっしゃるようでしたら
是非どうぞ。

最終的にお醤油を手にする権利はないけれど、
都度のお醤油づくり作業に参画することで、きっと得られるものがあるはず。
その豊かな時を共に過ごしましょう。

そして、仲間の輪が少しずつ着実に広がることを確信しています。
ということで、今回は見事に「事後報告」となりましたが、
今後の活動報告をお楽しみに!



まもなく、バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定!

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)詳しくはこちらへ!
こちらもどうぞ!

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会 詳細告知は間もなく!

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定
       これで焼き菓子販売はしばらくお休みです。

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

4月29日~5月1日:視力回復合宿通常コース
5月3日~5日:視力回復合宿アドバンスコース
5月7日・8日:うさとの服のファッションショー(スタッフ参加)
5月14日もしくは15日:スローママ様ご一行ご来訪
5月21日・22日
5月28日・29日
上記のどちらかが、わらべ村アースマーケット出店と、地球暦アドバンスコース
6月4日・5日:セシリアのパーマカルチャー講座第二回
6月11日・12日:自ビール作り実演会&一斗缶ストーブ作りワークショップ
6月18日・19日:名古屋大学・高野先生監修による環境講座
6月25日・26日:高橋千鶴子さんによる野草教室



春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

Secret