FC2ブログ
2011.03.09 幸せな朝
ここずっと、家族団らんでラブラブな時を過ごしている私たちです。
どれくらいラブラブかというと、
目が合えば寄り添って抱き合っているというくらい、ラブラブです。

幸せな一日は、幸せな朝から始まります。
まず私が目覚めて、薪ストーブの炎を点けます。
しばらくすると、居間を中心に、ほんわかした暖かい空気に包まれます。

ほどなくしてかみさんが目覚めてきます。
朝は親達にとって貴重な「マイタイム」です。
それぞれにメールを読んだり、返信したり、ブログを書いて過ごします。

7時過ぎ、U太が寝室からタッタッタッとやってきます。
まだ寝ている時は促しに行きますが、すぐに起きてきます。
そして薪ストーブの前でしばし佇みます。

寒い日はこうして薪ストーブの前に布団を敷き、
毛布と一緒に揃えて置いてあげておきます。
するとU太はすかさず毛布に入り、
ぽかぽかの空気に包まれて、完全に目が覚めるまで過ごします。
1幸せな朝 U太

時折、私も一緒に毛布の中にもぐりこみます。
薪ストーブの前で寝転がって抱き合って、しばし佇むのです。

U太の目が覚めると、服を着替えている間に、
柑橘類を一つ、薪ストーブのオーブンに入れます。
先日も紹介した「焼きみかん」シリーズです。
今日は伊予柑でした。

そして次にKAN太を促します。
彼はU太ほど素早くは目覚めませんが、
それでも一生懸命に起き上がって、私に体を預けてきます。
その仕草がいつも可愛いです。

KAN太を抱き上げ、薪ストーブの前に降ろし、
濡れたおむつを外して、しばしそのままにしておきます。
うだうだしながらも幸せそうな様子のKAN太。
2幸せな朝 KAN太

しばらくして朝食の準備が始まります。
布団を片付け、U太は保育園に行く準備をし、
そして、いつものセリフで「いただきます!」
家族だけで朝食をする時は、ちゃぶ台がほどよい大きさです。
3ちゃぶ台で朝食

こうして【もりのいえ】の幸せな朝が始まっています。
Secret