FC2ブログ
震災以前から企画していましたが、
震災後、俄然関心が高まってきました、一斗缶ストーブ。
少ない薪で脅威の火力を生み、
中華料理も可能という優れもののキッチンでもあります。

一斗缶ストーブ燃える

この「一斗缶ストーブを一緒に作ろう!」というワークショップを開きます。
日時:2011年6月4日(土)
   午後からおもむろに、夕方まで
会場:もりのいえ
参加費:「材料一切込みでお願いコース」3,000円
   「一斗缶以外の材料全て持ち込みコース」1,000円
*一斗缶ストーブ料理の夕食を食べたい人は、プラス1,800円。
*お泊まりの場合は、夕食代込みの一泊二食で、プラス6,000円。

始めにお断りしておきますが、
一斗缶ストーブを作るのは簡単です。
この日のブログで紹介した通りに作れば良いのです。

それでも敢えて日を設けて実施しようとするのは、
人のぬくもりを感じたいからです。

ワイワイ言いながら一斗缶ストーブを一緒に作って、
そいつで実際に火を起こして調理し、
自ビールのワークショップも同時開催して、
温泉に入った後、
自ビールと一斗缶ストーブ料理でアウトドア的に楽しんで、
サバイバル術も身につけつつ、
火を眺めながら、それぞれの思いを語ろう!という企画なのです。

まずは現在【もりのいえ】で持っている一斗缶ストーブをご紹介します。

1一斗缶ストーブ

2IS横から

3IS焚き口

4IS正面から

5IS上から

6IS五徳を外す

7IS縦の底

今回、一斗缶は【もりのいえ】で準備します。
それ以外のもので必要なのは、以下の材料です。

・T字型煙突
・煙突(短)30cmもあれば十分です。
・網(24cm×24cm以下のサイズ)
・カセットコンロの五徳(24cm×24cm)があればベスト。
 なければ鉄筋でも可能。

これらの材料をご自身で持参するなら「持ち込みコース」、
そういうことも【もりのいえ】で準備するなら「お願いコース」です。

煙突のサイズは、今のところ95mm直径程のものを使っていますが、
本当にそれがベストかどうかは分かりません。
そこで、幾つかのサイズのものを買ってみました。
これは、106mm,120mmのものです。
8いろいろT煙突

煙突も、わざわざ買わなくても、缶詰で応用がきくかもしれない。
9いろいろ煙突

網は一斗缶の中に収まるものが必要です。
100均で売っているのが、実は丁度良いです。
10網いろいろ

そして、もし今からでも被災地で必要とされるのならば、
当日多めに作って、被災地に送るようにしたいと考えています。
その際は、材料費のカンパをお願いします。

まずは自分自身のサバイバルのために。
そしてアウトドアのりに楽しんで、
しかも世の中にも役立つかもしれないワークを、
一緒にやりませんか?

その他、サバイバル系のワーク提案も受け付けます!
お申し込みをお待ちしています。



☆視力回復合宿GWコース。キャンセル待ち募集中!
 詳しくはこちらへ!

4月下旬からのスタッフ募集中!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
Secret