FC2ブログ
ようやく完成しました~!
ビニールハウスの骨組みです。

1ビニールハウス骨組み完成!

事の起こりを振り返ります。

・加子母は春が遅い。だから苗を育てるのにビニールハウスが欲しかった。
・でもお金が無いので自分で作る事を考えたが、なかなか腰が上がらなかった。
・ところが、お醤油づくりをすることになり、ビニールハウスが必須に!
・お醤油づくりには梅雨時から使うが、その前に作っておけば、苗も育てられる!
・ならばこの機会に作ろう!でもどうやって?どこに?
・ここは知恵の出しどころ!いつも通り、うちにある材料でともかく作ろう!
・しかもセンス良くね!

という流れでありました。
今回、ビニールハウスを作るにあたってのポイントです。
「お醤油の天地返し作業をするのに、正面の出入りを楽にする。」
これが結構難点でした。

実際の作業をする前に、
「どうすんだ?」「こうすんだ!」と思案する時間が結構かかりました。
機能性に加えてデザインにもこだわったので余計です。

傾斜をつけたため、直角三角形の辺の長さを計算するという、
久々に「ピタゴラスの定理」の勉強もしました。
ああ懐かしい響き。

材料で特に今回注目したのは、打ち捨てられていた障子と敷居です。
その他、何度も思案を重ねつつ、材を集めてきました。
そしてようやく完成した骨組み!
では、解説しましょう。

まず、障子を使った天井部分は上に持ち上がります。
今はまだ留めていませんが、蝶番(ちょうつがい)で後ろを留める予定です。

2天板障子を上げる

モデルを務めるのは、3日前からやってきた、スタッフのさんねぇ。
北海道は富良野出身の23歳。
朗らかで礼儀正しく、若いのに経験豊富な、素敵な人です。
今回は障子洗いをしてくれました。ありがとうね。
彼女が来てくれたことで、楽しい物語が始まりました。
それは次回ご紹介します。

さて障子を上げた後、次は梁を外します。
こうすることで正面がガランと開き、作業がとても楽になります。
この設計を考えつくまでに何度も思案しました。

3梁が外れる

梁の継ぎ手の部分です。

4梁の継ぎ手

これがどうなっているかというということで、梁を外して裏返してみます。
「ほぞ」というには大げさですが、
共に切り口をつけて引っ掛けられるようにしました。

5継ぎ手を外す

もともと敷居の一部が欠けていたのを眺めているうちに
思いついて始めた作業ですが、
ノミを使ってやる作業というのは難しいけれど楽しいものでした。

こうしてようやく骨組みが完成しました~!改めてご紹介。
1ビニールハウス骨組み完成!

これからビニールを張って、蝶番をつけて、
まずは苗箱を中に入れて育てます。

これに先立ち、17日に加子母百年米の種おろしをしました。
今年は田んぼではなく、全て大きい角ポットで育てることにしました。
彼らがこのビニールハウスの最初の利用者です。
さてうまくいきますでしょうか。

ともかく、全てうちにある材料を使い、(つまりタダ!)
設計を一から考えて作り上げた喜びは、
本当に何とも嬉しいものです。
家事と子育てをしながら、合間を縫って作ってきただけに、
喜びもひとしおです。



6月4日(土)、一斗缶ストーブキッチン・ワークショップ開催!
 詳しくはこちらへ!

けんちゃんの「整体師養成コース」のご案内はこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
Secret