FC2ブログ
2006.02.26 苗代作った!
先日、地元の産直市場にて黒米のモミがついたままの穂が売られていました。
それを見たカミさんが、「これって育つのなら買ってみようか?」と言い出しました。
「あぁ、いいんじゃない。」と答えながら、内心「何か変だな?」と感じておりました。

というのも、昨年こちらに移住して間もない頃、
私が「田んぼもやりたいなぁ。」とつぶやいた時、
「そんなのまだ先、先。それまでにやらなきゃならないことが山ほどあるでしょ!」
と却下したのがカミさんだったからです。

まぁいいや。
その場の思いつきであっても何でも、これで田んぼを始めるきっかけができました。
ただし、買ったのはほんの少し。ホントにほんの少しの黒米です。
両手に軽く一杯程度かな。まるで家庭菜園レベルです。
でもそれくらいの方が気が楽だし、実験的で面白いです。
とにかく「米」というものに手を出してみることが大事ですし、
この程度なら周りも見逃してくれるでしょうが、
あまりに大々的にやると生産調整に引っかかる。

さて米づくりの仕方ですが、私は知りません。(ハッキリ!)
全てカミさんの指示通りに動きます。
今回は私も以前カミさんについて会いに行った、川口さんの自然農法でいくらしいです。
正確には、「川口さんの自然農法を学んだ人が勧める方法」です。

そして今日は仕事初め、「苗代の準備」です。
私は本当に全く知らないので、
今から書くことがどれだけ一般の農法と違うのかも分からないのですが、
とりあえず今日やったことを書きます。
ともかく、苗代期間の2ヶ月は水を必要としないそうです。

・今私達の手元にある種籾の分量から、苗代の面積は1.2m×4mとなりました。
・まず、田んぼの一角にこの面積分の目印をつけ、その場所の草を取り除きます。
・次いで、冬草や夏草(雑草とは呼ばないらしい)の種子を取り除くために、
表土を薄くはがします。
・ただし、今回の場所は数年使っていなかったので結構草の根が張っていました。
 ですので私の判断で少々スコップを入れ、土を軽く崩してから根を引き抜きました。
CIMG0425-2.jpg

・米ぬかを少々振り撒きました。
・テキストによると、「ここでワラを綺麗に並べて」とありますが、
 ワラがないので、段ボール箱を解体して敷きました。
 このあたりの発想はパーマカルチャー的です。
・最後に家の片隅にあった昔の瓦で段ボールを押さえておしまい。これが苗代なのか?
CIMG0426-2.jpg

この状態で、4月の種おろしの頃まで待つそうです。
とか何とか言って、私、やっていることの意味をあまり理解しておりません。
うちの棟梁(カミさん)は指示だけして、
あとはU太を背負って家の中に入ってしまわれたので、
私もテキトーに仕上げて、「こんなものかな?」という程度です。
もしかして、近所の方が見たら「何じゃこれ?」と思われるかも。
ま、いいや。こんな気楽に米づくりが始まるのも愉快です。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/227-0392bf65