FC2ブログ
2011.08.29 経緯
おはようございます。
さきほど、かみさんからも記載がありましたが、
昨日、衝撃の出来事がありました。
そこで、我が身を振り返ってみることにします。

昨日、まさに思わぬ出来事が起きました。
地域での林道草刈りの際でのことです。
草刈り作業ももう終わりという頃になり、
私は林道脇の太い木を切るように指示されました。

それは直径5~6cmほどの幹で、4mほどの高さにまで伸びている木でした。
そういった木は草刈り機で切る時に注意が必要です。
草刈り器はその名の通り、草を刈る機械ですので、
木を切るにはそれ専用の刃を使って、切り方もコツがいります。

その時、私の草刈り機の刃は、木を切れるタイプではありませんでした。
それでも勢いをつければ何とかなるだろうと、
エンジンをふかして何度か挑戦しましたが、
なかなか切れません。

その様子をみていた別の方が、「俺に任せろ!」と手で合図しました。
その方の草刈り刃は新しく、いかにも良く切れそうな刃でした。

私は一瞬躊躇しましたが、ここは慣れている方にお任せしました。
そしてその方の草刈り機は一回で木の幹を切り落としました。

そこまでは良かったのですが、
その時、その倒された木が、切った方の体の上に覆い被さりました。
木を自分でどかそうとしてもなかなかうまくいかない様子でした。

その時、私は咄嗟にその方にかかった木をどかそうと近寄りました。
その瞬間、その方の草刈り器が私の足にかかったのです。

「ガツン!」

あまりに一瞬のことで、何が起きたのかは分かりませんでした。
でも自分の左膝の下の服が破け、血が出ているのをみて、私は悟りました。
「やってしまった。」
ただその言葉だけが出ました。

この光景は数名の方が目撃していましたので、すぐに救急車が呼ばれ、
私は下呂病院に送られました。

レントゲン、CTスキャンの後、先生による説明がなされました。
「結構深くまで入っているね。刃は左臑の骨に、最大2cm入っていて、
膝の皿にも深く届いているよ。」

私はこの頃には全てを受け入れる覚悟をしていました。
最悪、左足は使えなくなるかもしれない。あるいは後遺症が残るかもしれない。
それもまた、私の人生の学びの時なのでしょう。
流れに全てを任せることにしました。

やがて手術が始まりました。
下半身の麻酔が効きはじめ、まるで下半身は無いかのような感覚になりました。
私の胸にはカーテンが掛けられているので、
何が行なわれているのかは分かりませんが、
時折手術台が揺れ、「ゴリゴリ」作業をしているのを感じました。

やがて私は眠くなり、そのまま寝入ってしまいました。
そして手術は終了。麻酔などの作業を含めて1時間半ほどが経過していました。

終了時、先生から簡単な説明がありました。
「確かに骨にはかなり刃が入っていたけれど、
グラグラするほどにはなっていませんでした。
ですから、ボルトを入れるといったことはせず、洗浄だけして縫いました。

中に草が結構入っていて、それを取り除くのに苦労しました。
今まで無菌状態だった場所に雑菌が入った可能性が高いので、
化膿が心配です。そのことがこれからの課題ですね。
とりあえず1~2週間の入院ということにしましょう。」

ということで、昨夜は下呂病院整形病棟にて初の夜を過ごしました。
麻酔が切れた頃に痛みが出始めましたが、
痛み止めの座薬のおかげでひどくならないうちにやり過ごすことができました。
膝は100度くらいまで曲がり、足の指は五本とも動きます。
ありがたいことです。

そして一晩中、自分自身との会話に意識を向けました。

★★★

思い起こせばこの8月はジェットコースターのような日々でした。
宇宙オリンピック期間中は、毎日変わるイベントに向かい、
日々繰り返されるお祭り騒ぎに酔っておりました。

その最後の時期に、沖縄・久高島への導きがあり、
「ここは行くべきタイミング!」と直感して家族で向かいました。
それはそれは素晴らしい旅でありました。
私自身、人生で最大の収穫のあった旅でした。

そして、昨日の事故がありました。

私は、今回の出来事は、「天の計らい」であろうと捉えることにしました。

久高島での素晴らしい学びをしっかりと身につけるには、
こうでもしないと私自身の時を持つことがなかったのでしょう。

そんな気分で過ごしていると、「踊り」と「祈り」という言葉が浮かびました。
そして、「踊りは火」「祈りは水」という言葉も浮かびました。

今は時間はあります。
ともかく「祈り」を自分の暮らしの中に根付かせることにします。

何はともあれ、私は無事です。気は確かです。
ただ、諸々のお問い合わせメールに返信しづらくなっていますので、
その点どうかご理解ください。
それでは。


予定通り、9月3(土)・4(日)の一泊二日で、
薬草教室を開きます!

講師・高橋千鶴さん
参加費:14,500円(一泊四食付き)
予定:3日9:30【もりのいえ】集合、10:00開講式
野草観察・野草摘み→野草実習
→家庭でできる自然療法の実習(コンニャク湿布を予定)
4日昼食後に解散

かなり濃い内容になることは間違いありません。
そしてこの教室は継続することを前提で企画しています。
是非この機会にご参加ください。



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。




Secret