2011.08.30 入院3日目
早くも入院3日目を迎えました。
これまでに大勢の方々からのお見舞いメールやコメントをいただき、
ありがとうございます。

私の気は確かですので、どうぞご安心ください。
昨日、消毒のために包帯を解き、初めて手術の跡を見ましたが、
左膝の下をざっくりと切ってあって、ざっと17針縫ってありました。
思わず携帯で写真を撮ったら、笑われました。

入院した最初の夜の出来事です。
その夜は麻酔のおかげで怪我の痛みはなかったのですが、
その麻酔のおかげで下半身全体が麻痺し、
尿管も働かなくなっていました。
自分で触っても、「そこに在る」感覚が無いのです。

一方、膀胱には尿がたまる一方で、腹がどんどん痛くなり、
麻酔が切れるのが早いか?膀胱が破裂するのが早いか?
という瀬戸際まで我慢しましたが、とうとう我慢できず、
看護婦さんを呼びました。

そして若い看護婦さんに先っぽから管を入れてもらって尿を出すという、
人生初体験をしました。何とも不思議な感覚でした。
それにしても1リットル近く出た尿にはびっくり!
いやぁ、凄かった!

その後で見舞いに来て下さった方も、
以前、下半身麻酔をしたことがあるとかで、
今回の私と全く同じ体験をされたとか。
「ああいう時は、しのごの言ってられないわな!」と
同じ経験をしたもの同士で笑い合いました。

さて、まる二日間ベッドに寝たきりでしたが、
今朝、初めて便意を催したので、車椅子に載せてもらいました。
右足は何事もないので立てますが、
左足が自分の力で動かないのにはビックリ!
車椅子に座っても、左足だけ曲がらず、踏み台に載らないのです。

先ほど担当医に診てもらいましたが、
自分の力で足が上がらないのを見て、
「こりゃ、歩けるようになるまで結構かかるぞ。」とのことでした。

ずっと伸ばしていると、こうなるのですね。
これからのリハビリで努力します。

今は「必ず治る!」と信じることと、
大きな流れに身を任せることにしています。

皆さんからのアドバイスもあり、
常に光が当たるようにイメージを持っています。

何よりも自分自身全体が光に包まれている感覚でいます。
アドバイスをありがとうございます。

★★★
今週末の野草教室、是非ご参加ください!
私は家にはおりませんが、病室から成功を祈っています。

そして9/10にはひつじさんのヒーリングを再び行ないます。
こちらも是非!この後で告知しますね。

9/17-19の視力回復合宿について、
参加者の方々へのご案内が遅れており、ご迷惑をおかけしています。
今日中に整理して、ご案内させていただきます。

9/23の加子母秋祭りには是非参加したいけれど、
山車に登れるかなぁ。

9/24-26にはチーム地球暦の第二回勉強会が【もりのいえ】にて開かれます。

そして、「つながる命 福島」もいよいよ佳境へ!
最近は福島からの応募の問い合わせが続いており、
嬉しい限りです。
ただ、私が病室で対応しているので、大きな声を出さなくてご免なさいね。

「つながる命 福島」については、こちらのブログを是非ご覧下さい。
もっと大勢の方にこのプロジェクトのことを知ってもらいたいです。

それから、サポーターに応募してくださった皆さん、
ありがとうございます!
私から返事ができていなくてすいません。
一両日中にメールなり、電話なりでご連絡させていただきます。

9月11日からはけんちゃんによる整体師養成コースが始まるし、
10/15-16の東京ベジフェスタへの出展も決まりました。

物事は順調に進んでいます。
ありがとうございます。


野草教室
9月3(土)・4(日)の一泊二日


講師・高橋千鶴さん
参加費:14,500円(一泊四食付き)
予定:3日9:30【もりのいえ】集合、10:00開講式
野草観察・野草摘み→野草実習
→家庭でできる自然療法の実習(コンニャク湿布を予定)
4日昼食後に解散

かなり濃い内容になることは間違いありません。
そしてこの教室は継続することを前提で企画しています。
是非この機会にご参加ください。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

Secret