FC2ブログ

今年最後の【もりのいえ】お菓子セット!
「冬のご褒美セット」 3,200円です!
お申し込みはこちらへ!一つ一つの紹介はこちらへ!
その他のお勧め商品はこちらをご覧下さい!
冬のこ#12441;褒美セット



今日のネタを書くのを、私はずっと楽しみにしていました。
書こう書こうとしていながら、ほんっとうに書く時間が無かったからねぇ。
今こうしてようやく書く体制が整った喜びに満ちています。

タイトルでは「第二回」となっています。
では第一回はどこに行ったのかと言うと、
11月12-13日に行なった【まぁさん塾】のことでありました。

【まぁさん塾】のネーミングの起こりは、夏の宇宙温泉にさかのぼります。
宇宙まんを中心として、まったりとした時間の中、本音を語り合う、宇宙温泉。

大体は参加者が宇宙まんに質問をして、宇宙まんが答えるパターンなのですが、
その回は宇宙まんが答える側を私に振る場面が何度かありました。

私は私なりに感じたことをお話していたのですが、
その会の最後に、宇宙まんがこう言ったのです。
「そろそろまぁさんも【まぁさん塾】をしたらいいよ。」

その時はネーミング云々よりも、
「そういう場があってもいいな。」と感じました。
でも具体的な中身のイメージはまだありませんでした。

「そういう場」とは、
【もりのいえ】に滞在される方と私がじっくりとお付き合いする場です。

ここ最近は、講師の方をお呼びしてプログラムを進行していただき、
【もりのいえ】は宿泊業に徹するケースが増えていました。
特に私は【もりのいえ】に居ながらも、やって来られる人とお話する場面は、
めっきりと減ってきていました。

あいちゃん、しまちゃんを始め、かみさんからも、
「まぁさんは【もりのいえ】に居るだけでいいんだから、
多くを語らなくてもいいんだよ。」
とアドバイスを受けていたこともあります。

★★★
【もりのいえ】を始めた頃は、
かみさんと私で【もりのいえ】を創っているという意識が強く、
「どうだ!すごいだろう!」的な語りが多かったことは事実です。
いわゆる自己顕示欲というやつです。

自己顕示欲の底にあったのは、「認められたい」という気持ちです。
そしてその裏側にあったのは、「認められていない」というひけめであり、
つまり「寂しい」という感情でした。

私は一人っ子で、幼稚園も小学校も地元のところには通わず、
家の近所には友達がいませんでした。
親が商売をしていて、両親とも工場や事務所にはいるけれど傍にはおらず、
子どもの頃を思い起こすと「一人」というシーンばかりです。

神経質で、気が弱くて、内向的で、人見知りが強くて、
人前で話すのが苦手で、文章を書くのも嫌い。
心を開いて語る友はほとんどおらず、
かといって群れて世間話に付き合うのも辛い。
昼時に弁当を食べる相手を見つけるのに苦労したものでした。
当然ながら、学校はつまらない場所でした。

そんな私が変わっていったのは、高校2年の終わり頃です。
「本当の俺はこんなんじゃない!今に見ておれ!」
そんな感情が腹の底から湧き出してきたのを覚えています。
まるで下腹に熱いマグマがグツグツと煮えたぎっているかのようでした。

その後、実に様々な出来事があり、今の私がいます。
昔の私を知る人は、今の私を見て驚くでしょうが、
今の私を知る人は、上のような話を聞いても、
にわかに信じられないかもしれません。

でも、その両方とも、「本当の私」です。

【もりのいえ】や私自身のことをやたら語りたがった、わずか2年前は、
ようやく私の方を振り返ってくれるようになった「世間」ってやつに、
「もっと私を見て!」と訴えたかったのでしょうね。

★★★
その後、自分の中にある自己顕示欲を見つけては引っ張り出し、
手放してきました。
これまでに随分と手放したつもりです。

それでも実はまだまだ手放し切れていませんでした。
それが証拠に、いくらでも出てくる、出てくる!
我が、欲が。

「我や欲を見つけては手放していく作業を、
ずっと続けていると、いつかは無くなるものなのかなぁ?
でも、それって本当?」

宇宙温泉で宇宙まんから「【まぁさん塾】をやりなよ。」と促された時は、
そんな心境の私でした。

その気持ちが変わったのが、夏の終わりの「沖縄・久高島への旅」でした。
久高島では実に多くの体験と学びがあったのですが、
その一つに、「私の自己顕示欲が満たされた」ことがあります。

ある尊敬する人と出逢いました。
その方が私を最大限に認めてくださいました。
「この人にここまで認めていただき、これ以上、何を望もうか?」
という体験でした。

その時に知りました。
「本当に満たされれば、余分な欲は出ないものなのだ。」と。

そして同時に知りました。
「我も欲も、悪いものではないのだ。」と。

あるものや事柄を「悪いもの」とした時、
その対比として「良いもの」が浮かび上がります。
そして、悪いものを除いて、良いものを得ようとします。

では、「悪いもの」て、本当にそうなの?
そもそも「悪い」って、誰が決めたの?

そう。それは「私」です。

その尊敬する人がおっしゃいました。
「まぁさん、世の中に『良い/悪い』はないのですよ。
世の中にあるのは、『良い』と、『とても良い』だけなのです。

その言葉を聞き、私の腹に収まった時、ようやく私は自覚しました。
「今こそ、【まぁさん塾】を始める時だ。」と。

自己否定し続けていた少年期。
いい気になって我欲をぶちまけていた、大人になってからの私。
物事に善悪をつけ、悪を除こうとしていた、つい最近までの私。

そのどれもが、あるがままの私であり、
それに良し悪しはないのです。

そして振り子が大きく振れるような人生を歩んできた私だからこそ、
訪れて来られる人の傍に寄り添うことで、ただそこに「在る」だけで、
何がしか、その人の足元を照らすことができるのではないか?

そんな気がしてきたことで、【まぁさん塾】の構想が固まってきました。

でもこういうのって、人に伝えるのがまた難しいのですよ。
それに何よりも、
具体的に何をするのかというプログラムができていませんでした。

そんな段階で告知をしたものだから、
本音を言うと「第一回は2~3名がいいな。」と思っていました。
ゼロならば実施することができません。
逆に参加人数が多いと、私自身がプログラムにじっくりと向き合うことができません。

ですから、いざ蓋を開けてみて、参加者が2名となった時に、
「良かった~!」と安堵しました。
実際に何をするのかよく分からないのに参加してくれたお二人の方、
本当にありがとう!

★★★
で、そのお二人と私で何をしたのかと言うと、
すっごく簡単に書くと、
「ゆるめて、出して、向き合い」ました。

まず、「ゆるめること」。
私なりに練ったプログラムと、
ちょうど整体師養成コースで学んだ内容を合わせ、
まずは身も心も緩んでいただきました。

特に眠る前に私がお一人ずつに整体をさせていただきました。
お二人とも、実に気持ち良く、すう~と深い眠りに入っていかれました。

次に、「出すこと」。
自分の人生を振り返っていただき、洗いざらい出していただきました。

ここで大切なのは、このワークの前に、しっかりと緩んでいることです。
実際に、「私、緩んでいなかったら、ここまで自分のことを出せなかった・・・」
とコメントをいただきました。

そして、出した「私自身」に向き合っていただきました。
誰しも、思い出したくないこと、眼をそむけたいこと、
穴があったら入りたいようなことはあるものです。

それらを目の前に出して、向き合うワークをしていただいたのです。
これも、身と心が緩んでおればこそできることです。

そこから導かれるものは?
参加した方の言葉で表現すると、こうでした。
「私って、こんなことにくよくよしていたの?」

そう、「私」が「悪い」と思い込んでいたものは、
実は私が決めていたことなのでした。
そして、はっきり言って、どうでもよいことが多いのでありました。

その上で、更に次のワークをしていただきました。
「私が本当にしたかったことって?」

それを一般には「夢」と呼ぶのでしょう。
でも、夢を「したい」「ほしい」と願っている間は、
その夢はなかなか現実化しません。

それはまるで、「ああ、山に登りたいなぁ。」と、
都会の喫茶店でだべっているのと同じようなものです。

私は実際に山を登るコツをお二人に伝え、そのように誘いました。
そしてお二人は、「現実となる夢」「自分の本当の夢」を語り始めました。
その瞬間から、それぞれの夢は一歩踏み出し始めました。

★★★
こうして、第一回【まぁさん塾】は無事終了しました。

そして最後にお二人に相談します。
「今回の企画って、何だったと思う?
どういうネーミングがいいかなぁ?」

というのも、【まぁさん塾】というネーミングが誤解を招くという指摘を
かみさんから受けていたからです。

「まるでまぁさんが塾長となって、上から目線で、
皆を指導するみたいな印象を持つ人がいるかもよ。」

私自身が「そんなつもりはない。」と言っても、
ネーミングからそのようなイメージを持つ事で、
参加するチャンスを逸する人がおられるのならば、
名前そのものを変えてしまおうという訳でした。

それにしても一連のプログラムを終えてから、
「これって何だろう?」と訊ねるのも可笑しいね。

こうして、実際に参加したお二人や、
スタッフ参加してくれた人々との会話から生まれた名前が、
【ゆるゆる“夢”温泉】です。

今度のネーミングはお気に入りです。
まさにそんな感じなんだもの。

★★★
そこで、【ゆるゆる“夢”温泉】の概要をご紹介します。

【ゆるゆる“夢”温泉】プログラム

初日
11:00 受付後、集合
    開始のお話
     ・まず、身も心もゆるむこと
     ・自分自身と向き合うこと
     ・本来の自分に出逢うこと
    無制限の自己紹介
    参加者全員の体のビフォー検査

12:30 昼食・休憩

13:30 自己表現力を高めるワーク
    客観的に自己を見つめるワーク

14:30 森の散歩とワーク

15:30 おやつ

16:00 体を緩める運動

17:30 温泉

19:00 夕食

20:30 個人整体/「今までの私と未来の私」ワーク
     ・個人整体を受けている間、他の人は自己ワーク
     ・そのまま寝てしまうのもOK

二日目
06:00 活元運動(自由参加)

08:00 朝食

09:00 「今までの私と未来の私」ワーク
    体のアフター検査(最終調整)

12:30 昼食

13:30 「私の将来ビジョン」発表

14:00 終了

★★★
参加されたお二人の感想です。(掲載の了解を得ています。)

■たけちゃん
「ゆるめていただき、ありがとうございます。
今の私、未来の私、将来ビジョンを、
負担・プレッシャーを感じずに書けたのも、一連の流れのおかげ、
また、まぁさん、ともちゃん、みなさんの存在のおかげです。
ありがとうございました。
知識として聞いたことはあっても、こんな風に気負わずに、
将来ビジョンを実際に持つことができ、ありがとうございます。
理恵さんはじめ、「これから実現していくよ。
不安はぴゅいっとつまみ出して変わっていくよ。」と、
応援の言葉をいただき、力強く思います。
実現すると妄想??思い込んで、今回の思いを大事にしていきます。
近々、「叶いました!」と報告しますね。
いっぱい、いっぱい、ありがとうございました!」

■ともちゃん
「昨日1日、まぁさん、たけちゃんと話したり、森へ行ったり、
整体してもらったり、温泉行ったり、活元運動をさせて頂いたおかげで、
心も身体もすっかりゆるめることができました。
日々の生活にゆとりがあるつもりだったけど、
心のゆるみはあまりなかったのかもと気づきました。
ゆるんだおかげで、内側から何かが出てきました(笑)。
まぁさん、たけちゃん、りえさん、なっちゃん、さとちゃん、つばさちゃん、
ゆうたくん、かんたくん、ふくちゃん、
2日間本当にありがとうございました!」



この【ゆるゆる“夢”温泉】を、年末にも開催します!

第二回【ゆるゆる“夢”温泉】
日時:2011年12月27(火)11:00~28(水)14:00
会場:【もりのいえ】
参加費:15,000円(1泊4食付)



年も押し迫る時期に、身も心も緩んで、本来の自分自身と向き合い、
実現可能な夢に向かって一歩を踏み出しませんか?


そして、28日夜は【もりのいえ忘年会】です!
今年も盛大にやりましょう!
参加費は「一人一品」もしくは1,500円です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
■森の満月リトリート
日時 2011年12月9(金)~11(日)
会場 【もりのいえ】
ナビゲーター 小嶋さちほさん
参加費その他くわしい内容は、こちらをご覧下さい。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  
■馬場利子さん講演会(「つながる命 福島」主催)
12月14日 ふれあいのやかた かしも
詳しくはこちらをどうぞ!

■【ゆるゆる“夢”温泉】第二回
12月27・28日 【もりのいえ】

■【もりのいえ】忘年会
12月28日夜  

■【もりのいえ】もちつき会
12月29日朝~

■視力回復合宿・「目掛け(がんかけ)コース」
1月3~5日
おかげさまで定員となりました。引き続きキャンセル待ちを受け付けます。
合宿参加費:初めての参加者35,000円、ラガンズ(既参加者)21,000円
宿泊費:二泊三日食事付きで14,000円
詳しい説明はこちらへ!
お申し込みはこちらへ!
視力回復合宿に関する私のブログは、こちらをご覧下さい。
合宿中の託児スタッフも募集中です!

■お醤油搾りワークショップ
1月6-7日  

■からだリフレッシュ合宿 
~放射能に負けないからだづくり
2月10~12日
合宿参加費:初めての参加者35,000円、ラガンズ(既参加者)21,000円
宿泊費:二泊三日食事付きで14,000円
これはいわば、「放射能除去合宿」です。

■体癖合宿
3月3~4日
詳細は後日ご案内します。

■視力回復合宿・GW(通常)コース
5月4~6日
合宿参加費:初めての参加者35,000円、ラガンズ(既参加者)21,000円
宿泊費:二泊三日食事付きで14,000円
定員:15名 (続々とお申し込みが届いています。)
詳しい説明はこちらへ!
お申し込みはこちらのフォームで「5月コース希望」と書いてください。

■女神男神(めがみおがみ)合宿
5月26~27日
けんちゃんとひろえさんによる、コラボ企画です。
後日発表します。

■視力回復合宿・三回コース(仮称)
この回以降、視力回復合宿は三回コースになります。
参加者には以下の日程全てに参加していただきます。
①7月14~16日
②9月15~17日
③11月23~25日
*内容と参加費は後日発表します。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則(まぁさん)、理恵
PHS:070-5407-2220 *加子母はPHS圏外ですので、
急ぎの場合は固定電話(0573-79-3268)にお願いします。


【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
Secret