FC2ブログ
2012.04.28 ブッダ逝く。
ブッダが逝きました。
数週間前からどんどん弱っていって、
4月22日の朝、冷たくなっていました。

ブッダへの思いは募ります。
片腕に乗るくらいだった可愛いブッダ。
初対面ブッダ

【もりのいえ】を訪れる誰もが
ブッダを見るだけで笑みを浮かべました。

食べて、寝て、食べて、寝て。
ただそれだけで、出逢う人々が幸せになりました。
私の理想です。

でも、ここしばらくの間は、
私はブッダのことに気が向いていませんでした。

当初は家の前につないでいて、いつも目の前で愛嬌を振りまいていました。
油断すると、畑の菜を食べてくれたりもしました。
つないでいたブッダ


そして次には、同じく家の前の鶏小屋に移りました。
それでもすぐ目の届くところにいたので、愛でることができました。

しかし次第に糞の匂いとハエに悩まされるようになり、
家から少し離れた場所に移ってもらいました。

新しい家は屋根がしっかりとついて、広く、
ブッダにとれば快適だったかと思います。

でも、目の前から彼の姿が見えなくなってから、
私は自分の目の前の仕事に意識が向く様になり、
次第に彼のことを気にかけなくなりました。

彼の世話をスタッフさんにお任せするようになったこともあります。
特に常勤スタッフのなっちゃんは、ブッダを気にかけてくれました。
ありがとう。

21日夜、私一人でブッダの傍に寄りました。
彼は既に息も絶え絶えで、横たわってぜいぜい言っておりました。

「ご免ね。本当にご免ね。」
私はそれしか言えませんでした。

そして彼の延命を望むのではなく、
自然の流れに任せることにしました。

22日早朝、様子を見に行くと、既に彼は冷たくなっていました。
この日は岐阜駅でのイベント出店のため、
スタッフさんたちは準備に大忙しでした。

そこでその時には彼女達にはブッダのことは知らせずに、
イベントが終了して帰宅してから伝えました。

23日早朝、なっちゃんと私の二人で穴を掘り、
ブッダを埋葬しました。
ブッダは思いのほか軽くなっていました。

最後に家族と残りのスタッフに声を掛け、
冥福を祈りつつ、土をかけました。

ブッダ、ありがとう。
彼を譲ってくれた、広島のこうたろう君、ありがとう。
彼を引き取りに行く時に同行してくれ、
命名してくれたくらたさん、ありがとう。
あの旅は本当に楽しかった。
命名者くらたさん

そして、彼がやってきてから愛でてくれた皆さん。ありがとう。
くらたさんが戒名をつけてくれました。

「永森大家美豚陀味由巨釜師」

命名から戒名まで面倒をみてくださいました。
ありがとうございます。

後悔と、懺悔と、愛と、感謝の気持ちを込めて。
ブッダ、安らかに眠れ。
ブッダ正面顔
Secret