FC2ブログ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
セシリアのクリエイティブ・パーマカルチャー
Cecilia Macaulay "Permaculture Workshop"

日程:2012年8月4(土)・5(日)
時刻:初日10:30~16:30 2日目9:30〜15:30

会場:【もりのいえ】
講師:セシリア・マッコーリー
参加費:一日のみ 10,000円、2日間通し 15,000円
宿泊費:大人一泊二食 6,000円
昼食代:1,000円(両日とも)
*お子様連れの場合は、ご相談ください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

オーストラリアから日本入りしたセシリアと、
今回のワークショップについて打ち合わせをしました。
やっぱり、とっても素敵な企画ですよ!改めてご案内します!

<セシリアの自宅>
(一番下に、セシリアの自宅紹介映像があります。)
セシリアbuoyancy 022

【初日(8/4)】
・最初に、セシリアが考えるパーマカルチャーについてのお話があります。
パーマカルチャーというと、つい「農的な暮らし」というイメージが先行するので、農業に携わっているか、関心のある方向けととらえられがちですが、
セシリアは「パーマカルチャーは、その人の家の中や、人とのコミュニケーション、そして人生そのもののデザインをするのに、とても有効だ。」と説きます。
その視点と、アイデアをセシリアから伝授していただきましょう。

・その一つに、「無理矢理しない」ということが、とても大切だとセシリアは言います。その視点を説明するのに、今回はまず「キッチン」と「家の片付け」に焦点を当てるそうです。

・「キッチン編」では、「料理はこわくないよ。仮に料理が下手でも、デザイン次第で料理を楽しみながら美味しくいただくことができるよ。」というお話を、事例を入れつつ伝えてくれるそうです。「要は、出来上がった食べ物や、白砂糖を使わない料理を、いかに楽しみながら止められるか?ということなのよ。」と、セシリアは説きます。

「仕事から疲れて帰宅して、台所を見てうんざりするような状態だと、料理をする気にもならないでしょ?そんな時、例えば冷蔵庫を開けた瞬間に、とても簡単に調理できる状態にデザインされていたら、楽しく美味しくいただけるでしょ?それが大切なのです。」
<セシリアの自宅の冷蔵庫>
セシリアfridge 003

つまり、今回セシリアが最も伝えたいことは、「モチベーション・デザイン」なのです。自分自身がその気になってコトを始められるようにデザインすること。その一歩を踏み出せるかどうかで、次の一歩が出てきます。要は、「やる気が起きるデザイン」ですね!

「そう!それがないと、ついコンビニ弁当を買ってしまうでしょ?自分と家族の健康を考えた時、その一歩が大切なのです。」

特に、お年寄り男性で一人暮らしをしている方に、楽しんでキッチンに立ち、美味しくいただくコツを身につけてもらいたいそうです。「人間関係を増やすことが、楽しく美味しい料理につながるのよ!」

・「家の片付け編」では、「いかに物を減らすか?」に焦点を当て、そのためのシステム(仕組み)づくりのヒントをいただきます。「日本人は茶道に代表されるように、素晴らしいシステムを持っています。その忘れかけた日本の心を取り戻すことが大切です。」とのことです。

【二日目(8/5)】
・まず、「コミュニケーション」についての講座です。
特に「ルーム・シェアリング」について語るとか。日本ではまだ少数派のルーム・シェアリングですが、「日本こそルーム・シェアリングが適した環境だ。」とセシリアは言います。
この時に大切なのは、コミュニケーションです。シェアする他の人と、いかに快適に暮らすか?その心得を伝えてくれるそうです。

・次に、「自然を理解する」ことに焦点を当てます。
これは、「自然に則した暮らしをする」ということと、「自然体で暮らす」ことの二つがあると思います。

東北地震・福島原発の経験を経て、仮に原発から離れた暮らしをしたいと願っていても、実際にどうすればそういった暮らしができるのか、イメージしたり、一歩を踏み出すことがなかなかできない人は多いでしょう。

そんな状況を見て、セシリアは、あるワークブックを作ろうとしています。
それは、ゲーム感覚で、無理せず、自然の流れで、電気を使う量を減らすことにつながるというものだそうです。

私が感心したのが、例えば次のようなアイデアです。
《片付けパーティをしよう!》
お客さんが来る前に家の中を片付けるのではなく、お客さんと共に、「片付ける」というパーティをしよう!という発想です。

つまり、時間を決めて、集まった仲間と一斉に、家の中を片付けるのです。そしてその後にはもちろん、労いのパーティをします。
<セシリアの自宅>
セシリア38th birthday dinner

「私たちは一人では生きていません。助けられて生きているのです。だから、やりたくないことを無理してするのではなく、どうやったら一緒に楽しみながらできるのか?を考えましょう!やりたくないことをやってはいけないのです。」

いやぁ、名言です。目からウロコですね。
私はセシリアのこういう生きる姿勢が大好きです。

「政府に文句を言うこともいいけれど、それだけでは新しい暮らしは始まりません。パーマカルチャー・デザインで、まずは自分たちの暮らしを人間関係を変えましょう。すると、今まで必要だと思っていたこと(例えば電気も)が、要らないものだということが理解できるようになるし、本当に豊かな暮らしとは何かということに気づくきっかけにもなりますよ。」

「私のアイデアは単なる思いつきではなく、実際に実践している“リアルな”アイデアなのです。」

どうです?
私たちの生き方に直接関わりがあって、
巾が広くて、そして柔軟性があるでしょ?

そんな目からウロコの生き方や、楽しいアイデアを、シャワーのように一杯浴びてみませんか?きっとあなたの人生はより輝くものになるでしょう。

実は「まだ具体的な内容は公表しないで!」ということですので、名は伏せますが、ある世界的に有名な方の、個人的に所有する島の、パーマカルチャー・デザインを、セシリアが最近になって請け負ったとのことです。

その島の工事は始まったばかりなのだそうですが、その話を聞いて、思わず私は叫びました。
「セシリア、連れて行って! 是非ツアーを組もう!」

また、パーマカルチャーの提唱者である、ビル・モリスンから、
「セシリアは、将来、世界をリードするパーマカルチャリストとして、
『タイム誌』の表紙を飾ることになるだろう。」とも言われたとか。

そして、くどいですが、美形です。
セシリア美形f022411820100506194528_3

私は、セシリアは近い将来、とってもメジャーになると予想しています。
そんな彼女と、今こうして付き合えていることが、ありがたいです。

そして、そんな彼女の成長をただ見守るのではなく、
私自身が関わっていくことになるのだろうなとも予感しています。
セシリア、再会を楽しみにしているよ。
そして、共に刺激し合って、成長していきましょう!

さぁ、あなたもご一緒しませんか?
人生が変わるかもよ。いやきっと変わるきっかけを得ることになるでしょう。
セシリアchristmas continues 004

《追記》
セシリアから、素敵な自宅紹介映像が届きました。
セシリア!こういう素材を、もっと早く届けて欲しかった!

ま、いっか。
まだ参加可能なので、都合がつく方は是非お越し下さい!
Secret