FC2ブログ
今朝、乙女渓谷に行ってきました。

その道すがら、
歩みを進めるほどに、
いろんなもの(こだわり)が
離れていくのを感じました。

そのうちの一つ。
何事にも分かったふりをしてきた私を
最近になって手放してきてはいるのですが、
そのことを書こうと決めました。

☆☆☆
私は幼い頃から
頭の奥で、自分とは異なるタイプの声が
するのを感じてきました。

そういうのを
ハイヤーセルフと呼ぶらしいと知ってから、
そうだと信じて会話してきました。

その後も、ふと言葉が浮かんだり、
映像が見えるように感じる時があって、
そういうのは「降りてくるもの」
なのだととらえていました。

でも実際には、
自分で思いついたことなのか、
ハイヤーセルフの声なのか、
はたまた、守護霊や天の声なのか、
実はその違いは分かっていませんでした。

要は、普段の私の思考パターンと異なるものは、
「外からやってきたメッセージ」と
決め込んでいたのです。

☆☆☆
やがて整体をするようになり、
目の前の人の身体に触れたり、
その場にいることで、
いつもと違う、「外からのメッセージ」を
より多く感じるようになりました。

しかも浮かんだ言葉や映像を、
そのご本人に伝えると、
「それこそ私が求めていた答です!」と
感動される場面が続きました。

そして実際に、その後の人生が
どんどん拓ける人もいたりして、
「へぇ〜。あの時の言葉や映像って、
やっぱり天からのメッセージだったんだ」
と確信するようになりました。

☆☆☆
よく「見える人」っているでしょ?
他人の前世や、カルマや、未来や、オーラなど。
そういうのって、最初は
こういう感覚で見えるのかなと思いました。

で、そういう感覚を磨けば、
もっとクリアに、簡単に、より深く、
見えるようになるのだろうと想像しました。

私はそのことにワクワクしました。

相手の心の内や状態が、
パッと見るだけで分かるようになれば、
より正しい検査をすることができて、
より効率的な施術をすることができますからね。

そしてそういうことが出来る私という
優越感もありました。

☆☆☆
その後、いろんな指摘や出来事があり、
「そんなレベルにとどまっていて、いいの?」
と考えるようになりました。

たぶん、「見える人」「聞こえる人」を磨き続けることで、
その領域でそれなりに生きていけることでしょう。

でも、きっと、今度はその領域から出ようとした時に、
なかなか出にくくなるでしょうね。

「私の人生、そんなんでいいのかな?」
という疑問が湧きました。

私にとって、
「見える」とか「聞こえる」とかいうのは、
実はそんな気がしていただけでした。

それを周りに伝えることで、
たまたまうまくヒットしていたものだから、
自分にはそのような力があると、
うぬぼれていました。

そのことに気づいて、
見ようとか、聞こうとすることは、
既にやめて久しいのですが、
そういうことを周りに伝えていませんでした。

私はあやふやな状態で
「そんな気がする」ことを
さも分かったように語っていましたが、
もうそのようなふりはしません。

そして今でも
まだふりをしているところもありますが、
これからはどんどん手放していきます。

そのことを伝えることを決めさせてくれた
今日の乙女渓谷でした。
今はとてもすがすがしい気分です。
Secret