FC2ブログ
昨日の事故について、
大勢の方々からあたたかいメッセージをいただき、
ありがとうございました。

おかげさまで、理恵は一命を取り留めました。
昨夜は顔面蒼白で、脈も速かったですが、
今朝は血色も戻り始め、落ち着いています。

皆様の祈りは確かに届きました。
本当にありがとうございました。

私は一晩中、
理恵の傍で【光珠】をしておりました。

その間、まぶたを閉じると、部屋の小さな灯り以外に、
明るい光が何度も映りました。
きっと皆さんの愛の光が届いたのだと思います。

今改めて大破した軽トラの写真を眺めるに、
よくぞ生きて救出されたものだと
心から感謝しています。

20130729理恵事故2

治療してくださった病院長のお話によりますと、
レスキュー隊から「何とかお願いします!」と、
院長自ら出向くように要請があったそうです。

そして、雨が降っていなかったら、
ヘリで搬送すべきような状態だったとも。

下半身の骨を何カ所も折り、肉片もちぎれて、
血がどんどん流れる中で、
レスキュー隊を待っていた理恵の状態を想うに、
本当によくぞ生き延びてくれました。

「今回は本当にまずいと思いました」と、
今朝になって話してくれましたが、
大げさではなかったと思います。

それなのに、
「私は過去(世)に、
他の人に同じ様なことをしたような気がするの。
だから今回、このようなことになったんだろうってね。
だから、事故直後に相手の運転手さんが近寄って来られた時、
私の方が先に『ごめんなさい』って言っちゃった」

「それで相手の運転手さんは怪我をしていなかった?
大丈夫だった?」

痛みに顔を歪めながら、
こんなことを言う妻です。

泣けてきました。

ともかくも一山を越え、
本日、岐阜市内の村上記念病院に転院しました。
しばらくの間はこちらでお世話になると思います。

ただ、これから手術があることと、
今は衣類を着る事もできず、
裸にタオルをかけたままのような状態でもありますので、
しばらくの間は親族だけでそっとしておいてくださると
ありがたいです。

そして、今後の【もりのいえ】の予定ですが、
まずは8月一杯から9月中旬までの、
【もりのいえ】での開催企画については、
全て白紙にさせていただきますよう、お願いします。

既に参加申し込みをしてくださった方には、
個別にご案内させていただきます。

せっかく楽しみにされておられたところ、
誠に申し訳ありませんが、
何とぞご理解くださるよう、お願いします。

なお、9/6-8、宮崎で開催する
「たまびらき合宿」については、
講師のサクラ ケン氏の方で予定通り実施していただきます。

私は参加しないことにしましたが、
受付業務は続けますので、
是非ご参加ください。
まだ数名枠があります。

ともかく、
「生きておればこそ」を改めて実感した今、
しばらくの間は、家族で向き合って生きていきます。

改めまして、沢山の大きな愛の光を送っていただき、
本当に、本当に、ありがとうございました!
Secret