岐阜市内の病院通いが続いています。
それにしても日中の暑さがこたえます。
まるで道路上で目玉焼きができそうですね。

夕方に加子母に戻ると、
エアコン無しで窓を開けて車を走らせるようになり、
ようやく息ができて、ほっとします。

☆☆☆
さて、理恵の様子ですが、
少しずつ回復しているようです。

その証拠の一つが、
ベッドから車椅子に移る時に、
かかる人手の数の変化です。

集中治療棟にいた頃は、
6人がかりで移していただいていたのが、
今では一人の看護師さんがつくだけで、
自分の上半身の力で移られるようになりました。

そして、少しですが、
寝返りのように体をねじられるようになりました。

これは彼女にとって大きな進歩らしく、
ここ最近の辛さである、
腰の辺り(特に尾てい骨)の痛さを
和らげるのに、助かっているようです。

聞けば、足が床に着くようになるまでに、
あと6週間程度かかるそうです。
「着く」までに6週間ですので、
後は気長に構えていくことにしましょう。

大勢の方から、祈りやご支援が届いております。
本当にありがとうございます。
このお心遣いが、今の私達を支えてくれています。

20130816理恵

理恵は、入院中、当初はいろいろ本を読んだり、
英会話の勉強をしようとしていたようですが、
なかなか気が続かない様子で、
最近はもっぱらレンタルDVDを楽しんでいます。

日中はあまり眠らないようにして、
夜に寝たいようですが、
まだペースをつかめず、
夜中に長く眠れないと、こぼしておりました。

☆☆☆
ペースと言えば、私も実のところ、
まだつかんでいません。

起床して、デスクワークして、
頃合いをみて子どもたちを起こし、
朝の一連の流れから、面会に出かける準備。

そして買い出しなどの用事をしつつ、
病院に向かい、面会して、帰宅。

お見舞いやメールのチェックの後、
子どもたちと過ごし、
一緒にお風呂に入って夕食。

歯磨き介助の後、
「お父さん、一緒に寝よう!」
の声に促されて、共に寝る。

面会の日は、それだけで一杯です。

本当は、支えて下さっている方々
お一人ずつに、もっと丁寧にお礼と
経緯のご説明をしたいのだけれど、
なかなかはかどらず、ごめんなさい。

この場を借りて、お礼申し上げます。

今はまちこちゃんを含め、
3名の方々が共に暮らしてくれていて、
家事や農作業などを手伝ってくれています。

そのおかげで、家の状態が整い、
少しずつ前に進み出しました。

草取り、野菜の収穫の他、
トウモロコシを茹でて外して冷凍したり、
トマトソースの瓶詰めも増えてきました。

ただただ、ありがたいです。

お盆が開け、間もなく小学校が始まります。
焦らず、じっくりと構えて、
生かされていることに感謝して、
新しい暮らしのリズムを
築いていくことにします。

・・・・・・・・・・
生計を立てる手始めとして、
大辛ソース「ファイヤー!」の
本格製造を始めます。

つきましては、購入・販売をして下さる方を
求めています。

詳しくは、この日のブログをご覧ください。

http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-2568.html

よろしくお願いします。
Secret