FC2ブログ
今日はKAN太の誕生日です。
あの、あのKAN太が、5歳になりました。

もともとの予定日が
U太と同じ9/13だったKAN太。

「同じ日だったらかわいそうね。
一緒に祝われてしまうから」

理恵(お母さん)の思いを受けてなのか、
一週間ずらして生まれてくれました。

そのおかげで、この時期は毎年、
私たちにとって、
ゴールデンウィークになっています。

生まれてくる時、
予定日よりも一週間早く、
理恵が異変を感じたことで、
早々に吉村医院に向かった私たち。

結局、その日から、予定日も過ぎて、
二週間待ちました。

ブログでは、この日から始まったいますが、
結構長丁場ですので、
ご興味がある方はどうぞご覧ください。

http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-1155.html#

そして、2008年9月20日、
四つん這いになった母のお腹から、
ずるっと彼は出てきました。

ところで、彼が生まれて来る前に、
近所の産婆さんに診ていただいたところ、
お願いもしていないのに、
「今度は女の子だねぇ」などと、
教えてもらっていました。

私たちは生まれてからの
お楽しみにしていたのですが、
そんなことを言われると、
女の子の名前しか浮かんでおりませんでした。

ですから、いざ生まれて、お腹をみると、
おちんちんがついておるではないか!

さて、どうしよう?

そこで、いたってマイペースを貫いて
生まれてきたので、
貫太と名付けたのでありました。

KAN太笑った4

さて、KAN太、
本当にマイペースの人でありました。

P7300205.jpg

まず、時間の概念がありません。

そして、彼にとって、
「やらねばならないこと」は、
ほとんどありません。

何か予定があっても、お構いなしです。
常に目の前のことに意識が向いているので、
その直前のことは眼中にありません。

ですから、毎朝、相当早い時刻から、
「保育園に行く準備はできたかな〜?」と
何度も声かけされて、
「あっ!そうだった!」と、
おもちゃや絵本を手放す
KAN太の姿が見られます。

当然のように、よくものを忘れます。
やっとのこと、お弁当箱にご飯を入れたのに、
次の瞬間、お弁当箱が消えます。

時にはとても順調に準備ができても、
いざ出発する時に、
「帽子がな〜い・・・」と言い出して、
結局遅れてしまうことは、しょっちゅう。

それでも、KAN太の得なところは、
何と言っても、笑顔が素晴らしいことです。

P8240239.jpg

いつもほんわかして、
笑顔で甘えるような声を出し、
周りを和ませてくれます。

「まったく、KAN太なんだから・・・」
周りの人間が何度もつぶやくセリフです。

名づけて、【もりのいえ】のプーさん。

imgres.jpeg

U太とインド・ラダックに旅した時、
「お父さん、KAN太がいるよ!」
と、U太が叫びました。

まさにKAN太!
この人、お釈迦様なんですけど・・・

IMG_0687 - バージョン 2

また、最近、子ども向けの映像を
チェックしていたら、
KAN太が「僕がいる!」と叫びました。

それは、鉄腕アトム!

imgres_20130920104945b24.jpeg

KAN太、全くいいとこ取りしています。

誰からも愛されるKAN太。
お前は大丈夫です。
このこぼれるような笑顔がある限り、
お父さんはお前のことは心配していません。

P9070001 - バージョン 3

それでも、時々、ストレスをためているね。

例えば、U太の絵が素敵なものだから、
訪れる人がU太のことを
「すごい、すごい!」と言ってくれます。

それを横目に見ている、お前の姿を、
お父さんもお母さんも見つめているよ。

U太は運良く若くして、
センスを表現する道を見つけました。

でもお前は慌てることはないんだよ。
「僕も何か、すごい!と言われるようなことをしたい」
なんて考える必要はないんだよ。

お前は既に、存在そのものが幸せです。
そんなお前が、大好きだよ。
そして、よくぞうちに来てくれたと、
いつも感謝しています。

時間の概念と、
すべきことが無い生き様は、
私にとって、教師でもあります。

KAN太、いつもありがとう。
そして5歳の誕生日、おめでとう。
これからもヨロシクね!

P8190052.jpg