中津川市には、「女夫岩(めおといわ)」と呼ぶ名所(迷所?)があります。ズバリ、男性と女性のシンボルそっくりの大きな岩が鎮座されているのです。写真を載せようかなとも思ったけれど、かなりストレートなので、訪れた他の方々のブログをご紹介するにとどめておきます。

http://www.geocities.jp/sjtsunoda/kisai/meotoiwa.html

http://yukarin.sakura.ne.jp/archives/2009/11/18-5355.php

この女夫岩、実は中津川の駅に近い場所にあります。そこで一考。
7/4-6に【もりのいえ】にて開催する、ヴィーナス レッスン合宿(通称:ヴィーナス合宿)の最終日は14時に一旦解散しますが、その後、時間に余裕のある方は、一緒に女夫岩を訪れましょう!そして現地解散としたいです。

上のブログの中にも、ひろえちゃんのブログでも紹介されていますが、(http://solematelove.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-faab.html)
中津川には「えな伝説」なるものがあります。

「えな」は、胞衣と書いて 胎児を包んでいた膜や臍帯(へその緒)を含む胎盤で
お産の後に「子宮」から出てくるものです。

このように、女性性と男性性について思いをはせるにはピッタリの地なのです。加えて【もりのいえ】のある加子母(かしも)という言葉は、まさに女性性そのものをイメージしますね。

そんな地で、自らの女性性を研いてみませんか?超お勧めです!
詳しくはこちらをご覧ください!→http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-2759.html