3年前、草刈り刃が左膝に入って入院した際に学んだこと。
「立つ」「歩く」という、一見何気ない動きに、全身を使っているんだということ。
そして、立てる、歩ける、呼吸ができるというだけで、至福を感じることができると知ったこと。

昨年、りえさんが交通事故に遭った際、奇跡的に生き延び、その後回復している姿と接して、感じていること。
楽しいことだけでなく、たとえ言い争ったり、気まずい気分になったとしても、相手が生きておればこそ、そういう時を共に過ごせるという、ありがたさ。

先月、ヴィパッサナー合宿に参加して、腑に落ちたこと。
ありのままの自分でいて、あるがままを受けとめておればよいこと。
日常の “今”こそ教材。自分のペースで、今を真剣に誠実に丁寧に生きていこうと決めたこと。

様々な出来事を通して、生かされています。

そして今、Noと言わない親子合宿で、参加家族と共に過ごしていて感じることは、この合宿のテーマは、私にとって、普段の暮らしと変わらないことです。
そう感じられることが、ただただありがたいです。

さて今日は、子ども達と一緒に竹を伐って、半分に割き、流しそうめんの準備をします。その後、乙女渓谷に行って、一緒に野草を採って、お昼は野草天ぷらで流しそうめんをいただく予定です。その後の予定は未定。流れに委ねます。