昨日、大量に川魚が手に入ったので、半分はその日のうちに炭火で焼いていただき、残りはくんせいにすることにしました。

くんせい(薫製、スモーク)と言っても、私のやり方は超簡単、超いい加減です。

まず、漬け込むソミュール液を作るのが面倒だったので、塩水にみりんを混ぜただけ。腹に塩を擦り込んだ魚をそれに漬け込んで一晩置きました。

今朝はそれらを取り出し、軽く水洗いをして、腹に割り箸を切ったのを挟み込み、ネットで4〜5時間干しました。並ぶ姿は、まるで泳いでいるかのようです。

P7290003.jpg

P7290001_201407292206111be.jpg

そして夕方から愛農かまどのオーブン部分でスモークを始めました。スモーク用のチップを買うのも面倒なので、干してあった桜の木の枝を焼いていぶすだけです。

P7290014.jpg

このいぶしの作業が一番面倒で、炎が立たず、煙が出続けるように管理します。
今日は他にもいろいろと平行して作業していたので、途中スモーク作業のことを忘れてしまい、一旦煙が止まってしまいました。

それでも3時間くらいはいぶせたかな。あまい出来ですが、食べて見ると美味しい!ちょっと煙い一夜干しといった具合です。

P7290005.jpg

ただ、半分試した一回目は、アルミホイルに直に置いたため、くっついて焦げ目ができました。そこで今やっている二回目は、箸を置いて隙間をつくり、その上に並べてみました。

P7290010.jpg

二回目は、結構いい感じで仕上がりました。超手抜きでこれだけできれば十分です。今夜は酒がすすみそう!

P7300001.jpg

何でもやっているうちに、それなりにコツが分かってきます。
超簡単、超いい加減なくんせいづくりですが、自己満足!これで明日のお泊まり客への一品ができました。