村の方からお電話をいただきました。
「廃鶏(はいけい)はいらんかね?」

もう卵を産まなくなった鶏は廃鶏と呼ばれ、処分されます。
ただ、歳を召しているので肉は固く、スーパーなどで売られているものとは異なります。

その肉は「ひね」と呼ばれ、「この固いのがいい」と通には喜ばれ、また良い出汁が出ます。ところが最近は廃鶏の引き取り手がないそうでして、「鶏を絞めるならば、【もりのいえ】に声かけてみよう」ということになったそうな。

そこで一計。
鶏をいただきに伺い、絞めさせていただき、肉をさばき、料理する一連の作業を、関心を持つ方々と共に行なえないものかと考えました。さばいた鶏肉と骨は、けいちゃんにしたり、カレーにしたり、出汁をとったりして全て使い切ります。

いたずらに生き物を殺めることを楽しむのではなく、私たちは普段から、生きているものをいただいているのだということを実感する機会になればという思いで行ないます。自然の恵みをいただくことを再確認する場だととらえてください。
いかがですか?ご一緒しませんか?見学だけでも結構です。

夜はこの機会に「生きる」ということについて語り合いましょう。「シェアリング」のスタイルで、生きていること、生きているものをいただくことで生かされていることなど、「生」をテーマにした時を共有できればいいですね。

翌日は、天気が良ければ乙女渓谷にハイキングに行きましょう。
ということで、お泊まりでどうぞお越しくださいな。

★★★
鶏を解体して、生きているものをいただくことで生かされていることを見つめましょう

<開催日> 2014年9月27日(土)昼前〜28日(日)14:00頃まで

<大体の予定>
【27日】10:00頃 鶏を引き取りにいきます →11:30 鶏を絞めて、血抜きをします →12:30 昼食 →13:30 鶏の羽をむしり、肉を解体します →一旦休憩して、早めに温泉に行きます →17:00頃〜 夕食の支度を始めます(郷土料理「けいちゃん」と、鶏がらスープの予定) →18;30 夕食 →夕食後、語り合いましょう!
【28日】午前中は天気が良ければ乙女渓谷へハイキング →昼食は、鶏肉を使ったカレーをいただきましょう!

<会場>【もりのいえ】岐阜県中津川市加子母2220番地
電話 0573-79-3268

<参加費>
【2日間フル参加(一泊4食+おやつ一回付き)の場合】大人 9,500円、小学生 6,000円、2-6歳 4,000円、2歳未満 1,500円
【初日の夕食まで参加(昼食+おやつ+夕食付き)の場合】大人 3,500円、小学生 2,000円、2-6歳 1,400円、2歳未満 500円
【初日の日中のみ参加(昼食+おやつ付き)の場合】大人 1,500円、小学生 1,000円、2-6歳 600円、2歳未満 無料
★★★