【もりのいえ】ならではの、ワクワクする企画を思いつきました〜!
名づけて【もりのいえ サバイバルキャンプ】です!
初回の日程は、10/24(金)〜26(日)です。

今の世の中、何が起きても不思議ではないでしょ?
そこで、どういう状況になっても、ぶれずに生きていける精神力を高め、生きる術(すべ)を身につけることを目的として、次のようなキャンプを実施します。

★★★
まず、設定状況があります。
「あなたは、何かの都合で、【もりのいえ】の裏畑に不時着(あるいは漂着)しました。今から“ここで、”生き延びて下さい」というものです。これはいわば「ミッション」ですね。

つまり、【もりのいえ】の母屋は隣に建っていますが、「そこには無いもの」として、畑で過ごすのです。今回はトライアルとして、二泊三日のうち、丸一日(朝〜翌朝まで)を「サバイバルタイム」として過ごしてみます。

大ざっぱなイメージは次の通りです。
初日は夕刻に集合。自己紹介の後、2日目の過ごし方(レベル)を選び、必要な段取りを話し合い、道具を揃えます。初日の寝床と夕食は、【もりのいえ】が提供します。

2日目の朝から3日目の朝までを、「サバイバルタイム」とします。【もりのいえ】は決められたもの以外のサービスを提供しません。自分で生きてください。前日に話し合って準備したもの以外のものの持ち込みや、外出は禁止です。つまり、自炊、野糞、寝る場所づくりを皆で行ないます。

3日目の朝食・昼食は【もりのいえ】が提供します。午前中に振り返りとシェアリングをしましょう。そして昼食後に解散です。

★★★
それでは設定条件を示します。まず「レベル0(ゼロ)」と呼ぶ、必須条件は次の通りです。

<レベル0> ①【もりのいえ】から提供されるもの
ブルーシート、スコップ、のこぎり、ロープ、バケツ、寝袋(3つ)、ナイフ、タオル、古新聞紙
まな板、包丁、ボウル、鍋、皿、菜箸
醤油、塩、ファイヤー!
お米、最低限の食材、酒類

<レベル0> ②【もりのいえ】からは提供しないもの
水道水、トイレ、布団、電気


上の<レベル0>に加えて、初日の話し合いの中で、次のようなレベルを設定します。あくまでも今の案ですが、参考にしてください。

<レベル1:初級コース> 以下のものを使ってもよしとします。
箸、スプーン、マッチ・ライター、トイレットペーパー・ティシュ、ビニール袋、テント、布団類、携帯電話、懐中電灯

<レベル2:中級コース>
レベル1を拒否、あるいは選択


そして、「もうキツイ!」とおっしゃる方は、リタイアしてもらっても結構です。
リタイア組は【もりのいえ】の母屋で過ごして下さい。
3日目に、それぞれの経験や感じたことをシェアしあいましょう。
ちなみに、2日目の夜、酒類はサバイバル組にのみ提供され、リタイア組は無しです。

★★★
どうです? 厳しい? あるいは甘い?
ともかく一度やってみましょう。そして具体的なことは、初日に集った人々とともに詰めていきましょう。

もちろん私も参加します。子ども達も誘おうっと。
ちなみに、2日目・3日目は、りえさんは不在です。ですから本当に食事を提供できないのです。

そして、今回のキャンプの様子次第で、来年のゴールデンウィークあたりに、一週間程度のキャンプを実施しようかなとイメージしています。

その際は「衣・食・住」のそれぞれのテーマで、毎日違ったイベントを行なえたら楽しいな。例えば、ロケットストーブづくり、糸をつむぐ、ろうそくづくり、ティピづくり、土器づくり、薬草づくり、などなど。

春は山菜も豊富に出ているので、食材は土地の周りに求めましょう。
来週末(9/27)に行なう、廃鶏の解体も一案です。生きているものをいただいて生かされていることを再確認しましょう。

★★★
ということで、次のように実施します。
ピンっときた方は、是非ご一緒しましょう!
今回は初日が新月です。晴れれば星が綺麗ですよ〜
(望遠鏡は出そうかな・・・)

【もりのいえ サバイバルキャンプ】
日程:2014年10月24日(金)〜26日(日)
   初日は17時集合、最終日は14時解散
会場:【もりのいえ】
   岐阜県中津川市加子母2220番地 
   0573-79-3268 masa@mori-no-ie.com
参加費:大人10,000円、小学生5,000円、2〜6歳2,000円、2歳未満無料
*雨天時はサバイバルタイムを中止し、【もりのいえ】での通常宿泊となります。
微妙な時は連絡を取り合って決めましょう。
★★★

素敵なご縁と、共に過ごす時を想像するだけで、もうワクワクです!