まんちゃんに私の全てをお見せするワークが一段階を経て、前回から「ワクワクコース」に進みました。その時々で私がワクワクすることに、まんちゃんを引き込むことで、お互いの感性を磨こう!という内容になったのです。次回は、ある「とても“気”の強い場所」を訪れることになりました。

この変化に合わせて新たな動きがありました。これまでは、毎回、私が宿題(読書)をまんちゃんに出していました。それが前回の終了時、まんちゃんの方から、「まぁさん、次に会う時までに、是非この本を読んでおいてください」と勧められたのです。

そこで早速購入しました。『ソース』(マイク・マクマナス著)。

PA050001.jpg

これが面白かったです。メインテーマは、「ワクワクすることをしよう!」というものです。このテーマそのものに目新しさは感じず、「確かにそうだよね。その通り。フムフム」というような書き出しでした。

読み進むほどに引き込まれていったのが、その読み解きです。「いやぁ、全くその通り!よくぞここまで書き切ってくれました〜!」と、まさに私のワクワクが高まっていきました。例えば、次のようなくだりがあります。

ヤル気のウソ
「ヤル気はつづきません。無理矢理にヤル気を出す必要があるのは、したくないことをしなければならないときだけです。自分のしたいことをするときに、無理矢理にヤル気を出す必要がありますか?」

能力のウソ
「世間には能力に関する過った通年があって、高収入を得、社会的地位や名声を獲得するには才能や能力が必要だと信じられています。しかしこれはまったくのウソです」

優先順位のウソ
「優先順位の必要性を説く人たちは、自分にとって一番大事なことから順番に優先順位をつけ、リストの一番上から実践するようにと教えます。・・・しかしこういうやり方をすると、リストの最後まで実行する時間はまずありません。ところがたいていの場合、リストの最後にあるのが一番楽しいことであり、心を満たしてくれることなのです」

★★★
私自身、今はかなりワクワクで生きていますが、それでも「今しているこの作業を終えたら、やりたいことをしよう」などと優先順位をつけていることって多いです。つまり、まだ「枠」があるってことですね。

この『ソース』では、ワクワクして生きるコツ(方法)も示してくれています。例えば、「同時実行」(自分のワクワクはすべて実行しましょう)、「目標を立てるな」(目標を立てる代わりに、目指す方向だけを決めておこう)、「仕事は向こうからやってくる」(仕事を探すという行為そのものが、目的のものを押しやってしまう)といったものです。

この他にも、私の経験上からも「この手は使えるね」というものが多く、早速実践することにしました。

まず、「私がワクワクすることって何だろう?」と、改めて振り返りました。
私の場合、何を作るとか、どういう職業につくという具体的なことよりも、もっとワクワクすることがありました。

それは、それが何であれ、これからやろうとする事の“段取り”を考える時が一番ワクワクするのです。それがたとえ一見、実現不可能なことや、一体どうすれば良いか分からない状態であっても。

「あれをこうしたら、こうなるかな?」「そうすれば、ここにこれを設置できるな」などと空想しながら段取りを組むのが大好きなのです。それが部屋の大掃除の時があれば、リフォームの時もあり、新たな設備づくりや、ワークだったりします。

最近では、寝室のリフォーム、サバイバル キャンプや、まんちゃんとのワークなどもワクワクでした。

★★★
では今、私が一番ワクワクしていることは?
それは、母屋の裏の離れ家のリフォームなのです。

「物置小屋となっている離れ家に電気を配線し、屋根瓦を替え、大掃除して、道具部屋と自転車置き場を作り、屋根裏では寝泊まりも可能にする。そして母屋との間を整備してコンクリを打って、屋根付き駐車場を作る。」
この段取りを考えるのが、今一番のワクワクなのです。

でも、「その前にしておくべきこと」として羅列している事柄がわらわらとあります。日々の暮らしに加えて、【もりのいえ】のリーフレットづくり、年賀状代わりに年内状を出す、などなど。そのどれもが大切な事柄ではあるのですが、「それら全てにカタをつけてから」などと言っていると、離れ家のリフォームになかなか手を出せそうにありません。

そこで、つべこべ言わずに、台風が過ぎたら手をつけることにしました。

★★★
もう一つ、今のワクワクがあります。それは、「思いを書き留めること」です。
ブログやFacebookでも思いを書いていますが、これらのメディアでは、記したものが時の流れと共に流されていきます。

そこで、私のホームページの中に「私の思い」を記すページを作ることにしました。いわば私のひとり言ページです。できるだけ言葉をしぼり、研いて、思いを伝えていけるようにします。最近書いたものでは、「身軽・気軽・銭軽」のお話などはその候補ですね。

かつて何度か、本を出そうとしたことがありました。その度に、「あなたはまだ本を出せるような人ではないでしょ?」「何のために本を出したいの?」と言われたりもして、「本を出すのに、それなりの意識レベルが必要なのかしら?」と感じつつも、自分でセーブしてきました。

今は、そういう枠はどうでもよくて、「私が思うことを、等身大で記していきたい」という思いを形にしていきます。何よりもそれが私のワクワクなのだから。

そしてその行為が、結果的に誰かしらの心に響き、その方の人生を拓くきっかけになれば、とても嬉しいです。そのことを目指して記すのではないですが、自分のワクワクが結果として人のためになるのならば、それでいいではないですか。

ということで、これまで以上に「ワクワク」を私の人生の正面にすえて生きていきます。早速、【Max企画】と名づけて告知を始めた合宿を、【ワクワク合宿】と変えることにしました。自分自身を最大限に生かすというのは、要は自分にとってのワクワクを見つけて実践することにほかならないからです。

ここにきて、私自身もいろいろと枠が外れてきた感があります。
「枠を外して、ワクワク(湧く湧く)生きよう!」
これからはこれですね!

★★★
自分自身を最大限に生かす方法を見つけよう!
そして、リアルな「私の人生設計図」をつくろう!
【Max企画】あらため、【ワクワク合宿】
日程:2014年11月22(土)〜24(祝)
  初日は17:00集合、最終日は14時解散
会場:【もりのいえ】
   岐阜県中津川市加子母2220番地 
   0573-79-3268 masa@mori-no-ie.com
参加資格:高校生以上
参加費:26,000円(二泊三日6食付きの料金です)
*中学生以下の方は参加はできませんが、通常の宿泊は可です。
 参加ではない場合の宿泊代:中学生以上16,000円、小学生9,000円、2-6歳7,000円、2歳未満2,000円
*合宿中に【整魂(せいこん)】を行ないます。
★★★