今日は保育園保護者会の行事で、親子ハイキングに行きました。

そもそも、正月明けに行なう「左義長」を保育園でも行なっていたのですが、園児数が減ってきたことで開催が厳しくなり、今年初めて左義長が中止になりました。

その代わりの父子の行事として新たに始まったのが、この親子ハイキングです。
もちろん、お父さんだけでなくお母さんも参加できます。

最初に加子母B&G海洋センターに集合し、順次歩み始めて、まずは小郷地区の神社に立ち寄り、それから「加子母大杉」を目指しました。

加子母大杉は、樹齢千数百年と言われる、とても大きな杉の木で、国の天然記念物に指定されています。
いつもは柵に囲まれているのですが、今回は特別に柵内に入らせていただけました。
つまり、触れる!
IMG_2641.jpg

IMG_2646.jpg

IMG_2643.jpg

IMG_2644.jpg

IMG_2645.jpg

IMG_2648.jpg

このありがたさは、むしろ大人の方が感じ取っていたでしょうね。
子ども達はさほど大したこととは感じる様子も無く、遊び回っておりました。
それもまぁ、いいのか。
IMG_2662.jpg

IMG_2653.jpg

IMG_2668.jpg

ただ、結果的に子ども達が大杉に足をかけて登ろうとしたり、木の皮が次々と剥けていく様子をみると、多少心が痛みました。
加子母大杉、今日はどうか勘弁してくれ!そしてもっと長生きしてくれよ!

昼食は大杉の傍でお弁当です。
IMG_2677.jpg

IMG_2680.jpg

IMG_2693.jpg

そして、大杉が立つ地区の会館で、たまたまこの地区の老人会の敬老会が開かれていたので、KAN太のいる年長組がソーラン節を披露しました。
おじいちゃん&おばあちゃんは大喜び!おひねりが総額1万円を越えたとか。

こうして保育園の新たな行事が誕生しました。
当初、「晴れのち曇」の天気予報でしたが、結局終日晴れ、今年の保護者会は本当に天候に恵まれています。

最後に。
移動の際、要所要所で保育園の先生方が立って下さったのですが、その鴇のプラカードが可笑しかったです。
「園児に注意」って、園児は熊か?
IMG_2694.jpg