約一週間前にいただいた鹿肉で、スモークを作りました。

通常は、筋や膜を丁寧に取り除いてから血抜きをしますが、今回は最初の行程をパス!そのまま塩でもんで置き、2日間血抜きをしました。

そしてじっくりと塩抜きをしました。これにも2日ほどかけたかな。

その後、通常ならばハーブなどを入れたソミュール液にしばらく漬けるのですが、今回はその行程もパス!

そして風乾すること2日間。超手抜き仕込みでしたが、それでもこれまでに一週間待ちました。

昨夜、愛農かまどのオーブンにくん材を入れ、いぶしていきました。桜の枝も混ぜたけれど、手元にあるものでということで、ヒノキが多かったかな。これもまた手抜き、いい加減です。

それでもそれなりにスモークができました。色つやもこんなものでしょう。
PB140003.jpg

分厚めのものは大きくスライスして、火を通しました。この最後の行程で少し火入れし過ぎたのが痛恨!ま、それもまた良しです。

★★★
ところで、今日、元ウーファーのゆりちゃん宅に布団をいただきに行った際、ウイスキー「ローヤル」をいただきました。

「おじいちゃんが持っていたもので、一体いつのものか分からないんですけど・・・」とのことでした。

よく見ると、封を切っていないのに、中身が減っています。これは相当な年季ものかも。
PB140004.jpg

私が幼い頃、親父達が好むウイスキーは、“普段使いの”オールド、“ちょっと贅沢に”角、そして“今日は豪勢に”が、このローヤルだったように記憶しています。

そのローヤルのいつのか分からないもの!言わば「古ローヤル」!興味沸きます。

★★★
そこで、今夜は夕食の始めにいそいそとこれらをいただく準備をしました。
PB140001.jpg

鹿肉スモークは、向かって右が燻製しただけのもの。生ハムっぽかったです。

そして向かって左が、火入れしたもの。こちらは期待していなかったのですが、「鮭とば」みたいで意外にいけました。

そして、古ローヤル! これが美味かった!実にまろい深みがあって、いけます!大ちゃんの顔もほころんでおりました。もちろん、スモークとの相性はバッチリ!

かくして、今日は昼は芝ヶ瀬食堂でB級王者クラスのどてめし、夕には自家製鹿肉スモークで古ローヤルという、実に贅沢な一日でありました。

自然の恵みに感謝です。