少しさかのぼって記していくことにしますが、まずは昨日の東京ベジフードフェスタ(代々木公園)にて無事完売できましたことに、深くお礼申し上げます。

手伝ってくださった皆さん、お買い求めくださったみなさん、本当にありがとうございました。主催者の皆さんもご準備ありがとうございました。

そして、13時に閉店させていただいたため、購入できなかったみなさん、訪れてくださったのに既にお店がなく、がっかりされた皆さん、申し訳ありませんでした。ここにお詫び申し上げます。

★★★
さて、お話は28日にさかのぼります。
この日は朝から病院におりました。親父の精密検査の結果に立ち会うためです。お話の結果、12月中旬に親父は数日間入院することになりました。

医師の説明の立ち会い、その後の幾つかの検査に付き添い、入院に際しての様々な書類を一緒に記入しながら、(これがまた、かなりの分量でした)、「私もいつかは親父の立場になることもあるのかなぁ」などと思いに耽っておりました。

ただ、私の子ども達が私に付き添うなどという光景が、今はなかなか想像できず、不思議な感じがしました。

★★★
午後に帰宅してからは、東京出店に向けての準備に取りかかります。私は夜通し運転する予定でしたので、本音は早く眠りたい!でもいろいろとやることがあって、ともかく粛々と準備をしておりました。

そのうちに、あることに気づきました。イベント当日の天気について、「終日曇」という理解をしていたのですが、ふと風速予想を見てビックリ!「日中は風速6〜8m/s」となっているではありませんか!

これは半端ない強風です。イベント規定でも、「5m以上の場合は中止」となっています。その判断を前日18時の天気予報を元に判断するとも記載されています。

実はこのイベント、3年前にも強風で中止になったことがありました。会場に到着すると、大多数のテントが崩れていて、「これは何かのオブジェか?」と思ったほどです。

結局初日は中止!その時は幸いにも2日目が晴れて、私たちのお菓子も完売できたので助かりました。

ところが今年は最初から初日の出店のみを申し込んでいました。つまり、初日が中止になると、持ち込んだお菓子をお披露目する機会が失われるということになります。

今回、理恵さんは相当頑張って、通常の出店に比べて3倍程度のお菓子を焼いてくれていました。彼らが生かされないのは何とも残念です。

28日夕刻の時点で、私が想定したのは次のケースでした。
① 28日のうちに、29日の中止が決まる
② 29日、会場に到着してから、中止が決まる(3年前のケース)
③ 29日、出店中に風が強まり、中止となる
④ 予定通り、29日は開催される

それぞれのケースについて、対処法を検討しました。

まず、①の場合は、ネットショップ【もりのいえのお届け便】にて急遽販売することにしました。その際の告知文を作成し、個別のお菓子たちをいつでも撮影できる算段をつけました。賞味期限が短いものが多く、それらは「29日発送、30日お届け、その日のうちに食べていただく」パターンのみです。

②と③の場合は、都内の別の場所で販売させていただく方法を検討し始めました。当日スタッフの方々にその旨お伝えし、「どこか心当たりはありませんか?」とお願いしました。そして数カ所の案を教えていただいていました。

④の場合でも、天候不順によりイベントそのものへの来場が少ないことが想像できました。そこで、「10時の開店から3時間の出店」とイメージを固め、当日のスタッフさんたちの動きなどを考えておきました。

★★★
やがて主催者から「29日は開催します」との連絡が入り、ともかくも出発準備を進めていきました。ただ、子ども達が私と遊びたがるのに相手ができないのが不憫で、夜の歯磨きの際には「一緒に遊べず、ご免な」と何度も語りかけました。就寝前には、いつもはお母さんがしている本の読み聞かせを私がして、一緒に眠りました。

さて、0時に起床!無事お菓子達も焼き上がり、大量の荷物を車に積み込んで、1時に出発です!まちこちゃんと二人、いろんな話をしながら走り続けました。

途中、20分ほどの仮眠を二回して、7時に代々木公園に到着!小雨でしたが風はさほど強くなく、ほっとひと息です。早速設営を始めました。

やがて当日スタッフさんたちも集い、ご挨拶のあと、まずは試食会です。皆さん和気あいあいとされていて、とても良いムードでスタートしました。

最初のお客さんは、77歳の男性でした。3年前に初めて出店した際、うちのお菓子をとても気に入ってくださったSさんという女性がおられ、ご自身のブログで絶賛してくださいました。

翌年の出店の際もご購入いただき、とても喜んでくださっていました。ところが昨年は私たちが出店しなかったので、残念がっておられました。

そんな経緯もあり、今年の出店をとても楽しみにされていたSさんからは、事前に取り置きのお申し出がありました。ところがSさんのご親族にご不幸があったとかで、「今回は行く事ができないので、とても残念ですが予約をキャンセルします」とのメールを前日に受けていたのです。

今回の最初のお客さんは、そのSさんのご親族の方とのことでした。詳しくは聞きそびれましたが、お父様だったのかな?「あの子がとても楽しみにしていたお菓子を是非買ってあげたいと思って、本人には黙って買いにきました。こういうところに来るのは初めてなのですが、品はお任せします」とのことでした。

事情をお伺いし、そのお心遣いに感動いたしました。ありがとうございます。このように、とてもあたたかい出会いから、私たちの出店が始まりました。

★★★
さて、無事に開催されたものの、お天気は曇時々雨。時折雨脚が強くなる中、イベントそのものへの来場はかんばしくありませんでした。2年前の時に比べて、感覚的に1/3くらいかな。

それでも【もりのいえ】には常にお客さんが集ってくださり、列ができておりました。ありがたかったですねぇ。

中には、2年前・3年前の出店時のことを覚えて下さっている方がちらほらおられました。「あの時は買おうと思ったたら売り切れていたので、今年は早めに来ました!」という方もおられ、本当にありがたい限りです。

また、何と言ってもスタッフさんたちの頑張りが凄かったです。皆さん、【もりのいえ】のスタッフ、そして岐阜県民になりきったかの様子で、素敵な笑顔と熱意で接客してくださいました。本当にありがとう!

初めて作ったちらしも好評でした。雨の中、笑顔と声かけを絶やさずにちらしを配ってくださったスタッフさんたち、ありがとう!

懐かしい顔にも出会いました。整体師仲間のゆうきちゃんと共に、前常勤スタッフのゆきちゃん&なっちゃんも来てくれました。今や滋賀で素晴らしいコミュニティを運営している二人ですが、こういう場所で再会できるのも愉快だね。
IMG_2795.jpg

Facebookで友達になり、初めてお目にかかれた人もいました。ご縁のつながりに感謝です。
IMG_2792.jpg

そうこうしているうちに、あっと言う間に3時間が過ぎ、13時に完売させていただきました。天候と客足を考えるに、本当にありがたいことです。

こうして、無事大成功のうちに出店を終えることができました。繰り返しになりますが、お越しいただいた皆さん、手伝ってくださった皆さん,本当に本当にありがとうございました!
IMG_2797.jpg

そしてとても頑張ってお菓子を焼き続けてくれた理恵さん。ありがとう。本当にご苦労様でした。その努力が報われたね。

★★★
出店を終え、駐車場を出た途端に、疲れと眠気が出てきました。そういえば、あまり寝ていませんでした。そしてそういえば昼食を食べていないのでした。これはスタッフさんたちも同じで、今回は全員、昼食も休息さえもなかったのでありました。そんな状況でも笑顔を絶やさずに立ち回っていただいていたことに改めて感謝です。

私はその後、今回お手伝いいただいた方のご実家に泊まらせていただくことになりました。そのお宅に伺ってみると意外にも山中で、圏外だったためネットもつながりませんでした。

ですから、すぐにご報告出来なかったのは申し訳なかったのですが、私自身の状態を振り返るに、結果的に良い環境に身を置くことができました。

そして、「今日はお疲れでしょうから」とご配慮いただき、早めに夕食を出していただき、何と19時に就寝させていただきました!これはここ最近の私にとって最大のご褒美でありました。

おかげで心身ともに復活しました。今朝はお母さんに【整魂(せいこん)】もさせていただき、ご縁が深まりました。

今はまだ帰路の途中ですが、帰宅後はまた新たな暮らしが待っています。今回の旅、とても有意義でした。

全ての出逢い、出来事に感謝です!