2014.12.30
今日は、お泊まりの二家族と共に、しめ縄と門松を作りました。

まずはしめ縄から。
これまでは、まずは稲の藁で縄を作って練習して、それから真菰(マコモ)で本番を作っていたのですが、今年は最初から真菰で始めました。

まずは真菰を湿らせて、それを叩いてしなっとさせます。
PC300006.jpg

次にまさに締めていきます。
PC300009.jpg

しめ縄は通常の縄とは逆方向に捻って締めるのですが、私はこれまでは通常の縄と同じ方向に締めていました。

でも今年は正規の方法にのっとることにしました。今回ご一緒された二家族とも初めての体験でしたが、最初がしめ縄で、しかもいきなり真菰だなんて、かなり凄い体験ですね。

四苦八苦しながらも、最終的には誰もがそれなりになるのが、しめ縄づくりです。
みなさん、出来映えはいかがでしたか?
PC300012.jpg

私は今年は少し太めに挑戦しました。まぁ。それなりになってきたかな?
明日はもう少し装飾します。
PC300013.jpg

ともかく、自分で育てた真菰を使って、しめ縄を作ることができることが、何よりもありがたいです。

★★★
しめ縄の次に、門松を作りました。

まずは知人の竹林に入り、3本伐ってきました。

それを、3家族分の門松になるように長さと太さを揃えてカットしていきます。
各家6本の竹ですから、計18本ですね。
PC300017.jpg

そして、それぞれについて、節をはさんで斜めにカットするのは、結構難しいものです。
まぁ、素人作業としてはこんなものでしょう。
PC300018.jpg

松と赤い実も集めてきました。
明日はこれらを組み立てていきます。

★★★
今回は二家族が二泊されてご一緒しました。
つまり、大忘年会から始まり、翌日に玄米餅つきと映画鑑賞、3日目がしめ縄と門松づくりと、かなり濃いスケジュールとなりました。

締めのカレーでは、もうすっかり慣れた「ファイヤー!」を混ぜてご満悦。
PC300019.jpg

子ども達はとても仲良しになって、小学1年生のだいちゃんは、「俺のことを忘れるなよ!」とU太たちにタメで約束しておりました。面白いね。
PC300002.jpg

こうして楽しくも怒濤の年末行事がほぼ終わりました。
今夜の夕食は、私たち家族とまちこちゃんの6名のみ。
こういうパターンもとても久しぶりです。

明日の大晦日には、お泊まりで千寿さん親子がお越しになります。
夕食は蕎麦と、私の天ぷら屋台を出そうかな。
一年を締めくくる、楽しい時になりそうです。