今日、今シーズン9回目となる、黒にんにくの仕込みを終えました。

通常、2週間の期間を経て取り出すことにしていまして、今回の取り出し予定日は昨日のはずでした。

それが一昨日に一つ取り出して味見したところ、全くのイマイチでして、「こりゃ、あと一日待っても変わらんな」と感じたのです。

そこで予定日よりも一日延ばして、今日取り出したのですが、実に素晴らしい出来に仕上がっていました。

わずか二日でこれほど味が変わるものなのか?本当に不思議です。

P9250018.jpg


★★★
今日はファイヤー!の今シーズン18回目の仕込みもしました。

こちらも、より良い仕上がりを目指して、毎回微妙にレシピを工夫しています。

今回はニンニクの分量を全体で5%弱増やしてみたのですが、たったそれだけでニンニクの香りが前に出てきました。

他にも、ある時、塩の分量を25g増やしてみたことがありました一回の仕込みで70〜80本ほどできますので、一本あたり0.3g強の塩分が増えるだけです。

たったそれだけの分量なのに、塩が前に出る印象を持ちました。

その後、試行錯誤を経て、結局全体で20g増量するのが丁度良いと分かってきました。つまり、「塩が前に出ているな」と感じた仕込みに比べて、5g減らしただけです。

P8190005.jpg

★★★
これら、ほんの僅かな違いで出る変化って、本当に不思議なのですが、では私は何をもって判断しているかというと、それがまた実にいい加減なのです。

理屈ではなく、直感でいい加減にレシピを調整することで、ちょうど良い加減の味に仕上がってきています。

それが実に不思議で、愉快で、そんな世界に身を置けている今が心地良いと感じています。