お醤油搾り、終了しました〜!
初年に搾り師のときさんの諸味(もろみ)を持ち込んでいただいて搾ったことから始まり、翌年から自分たちで諸味を仕込んで4回目の搾りとなりました。

年々、上達を実感しつつも、年々、課題を実感する時でもあります。
お醤油しぼり-3

今年の搾りは、私としてはこれまでで最高の出来でした。
それは、
諸味そのものの出来が良かったこと
諸味の管理が上達したこと
搾りの二日間が上天気だったこと
集った仲間が、とても良い雰囲気を創っていたことです。
お醤油しぼり-4

お醤油しぼり-5

お醤油しぼり-6

お醤油しぼり-1

今年は人手も十分にいたこともあり、私は搾りの作業にはほとんど関わらず、準備や片付け、全体の管理、食事の支度などにいそしんでいました。

それでも私自身はとても幸せでした。
集った人々の満足気な様子、子ども達の無邪気な笑顔を眺めるに、「よくぞ、こういう場が育ったものだ」と感慨無量です。
お醤油しぼり-10

お醤油しぼり-11


お醤油しぼり-15

お醤油しぼり-12

お醤油しぼり-13

初日の夜(24日)は、デイビッドの誕生日でした。サプライズでケーキを焼き、キャンドルで祝いました。
プレゼントは、ここ数日、デイビッド自身が切り刻んでいた、真菰の枕です。思わぬサプライズに感激のデイビッド。おめでとう!
お醤油しぼり-18

私はやっぱり「場を創る」のが好きなんだなぁ、と思います。
こういう時を、普段の暮らしの中で実践できている今が、一番幸せです。


持ち込みでいただいた猪肉で、汁を作ったところ、絶妙の味でした。
お醤油しぼり-20

お醤油しぼり-21


昨日は搾りたてのお醤油で、天ぷらとうどんをいただきました。
今日は玄米餅を焼いてお醤油に漬け、炭火で焼くと、お醤油が実に香ばしい!
お醤油しぼり-22

お醤油しぼり-23

これで無事、今シーズンの【もりのいえ お醤油倶楽部】を終了できました。
関わって共に作業してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
そして来シーズンは仲間が増えそうです。それもまた楽しみなことです。

イベントではなく、暮らしの一ページを共に過ごせる仲間と共に、来シーズンも始めることとします。

そして、昨晩、ときさんと会話するうちに、「麹づくり」に興味が湧いてきました。
麹を作り管理するお役目、できたら携わってみたいものです。
これからそろりと関わってみたいと考えている次第です。

今やりたいことを、優先順位をつけずに、今始める!
その生き方をこれからも歩んでいきます。

ともかく、今年も無事、搾りができましたこと。
お醤油搾りのメンバーさん、搾り師のときさん、本当にありがとうございました!

そしてこれからもどうぞよろしくお願いしますね!